葬儀についての基礎知識

死化粧・エンゼルケアの目的は?手順ややり方は?費用や料金を解説!

クリス
クリス
  • 死化粧・エンゼルケアってなんだろう?
  • 死化粧・エンゼルケアの手順ややり方は?
  • 死化粧・エンゼルケアの費用の相場はどれくらい?

あなたは死化粧・エンゼルケアについてご存知ですか?「死化粧」という漢字から何となく意味の想像がつくでしょう。

しかし、なぜ死化粧・エンゼルケアを行うのか、どのような流れなのか、いくらかかるのかを詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • 死化粧・エンゼルケアの目的
  • 死化粧・エンゼルケアの手順・方法
  • 死化粧・エンゼルケアの費用相場について

この記事を読むことで死化粧・エンゼルケアについて詳しく知れるので、いざという時に焦らずに対応できます。では早速お伝えしていきます。

死化粧・エンゼルケアってなんだろう?

死化粧・エンゼルケアご遺体を清め、美しい状態で故人を送り出すためのケアです。具体的には以下の目的が挙げられます。

  • 体液や排泄物の流出を防ぐ
  • ご遺体を清潔にして、感染症を予防する
  • 安らかな表情に見えるように薄い化粧(死化粧)や外見を整える

私の友人も大切な方が亡くなった時、「亡くなる直前は病気で苦しんでいたため、顔色がとても悪くて見ていて辛かった。エンゼルケアをしてもらった後の方が若々しく見える。綺麗な顔でお別れができて良かった。」と言っていました。

死化粧・エンゼルケアは故人の尊厳を保つだけでなく、大切な方を亡くしたご家族の慰めにもなるのです。

エンバーミングとの違い

エンバーミングとは遺体衛生保全の総称です。ご遺体を清め美しい状態で送り出すことを目的としたエンゼルケアに対し、エンバーミングはご遺体を衛生的に修復・保全し、腐敗を防止することが目的とされています。
作業は専門の資格を持つ人しかできず、ご家族は立ち会うことができません

死化粧・エンゼルケアをするタイミング

死化粧・エンゼルケアは、医師により死亡が確認された後、できるだけ早く行います。死後硬直が始まる死後2~3時間以内にはすべての作業が終わるようにします。

死化粧・エンゼルケアは誰がする?

死化粧・エンゼルケアは明確に誰がするかは決まっていませんが、死後すぐにケアを始める必要があるので、「どこで亡くなったのか」によって作業する人が決まってきます

病院 病院に勤務する看護師や、病院と提携している葬儀会社で行うことが多い
自宅 遺族が行うか、エンゼルケア専門企業や葬儀会社に依頼する
介護施設 介護士が行うケースが多い

死化粧・エンゼルケアの手順・方法

死化粧・エンゼルケアは以下の順に行います。

  1. 医療従事者が医療器具を取り外す
  2. ご遺体内の内容物を排出する
  3. ご遺体の口腔内をキレイにする
  4. ご遺体の全身を拭く
  5. ご遺体に綿を詰める
  6. ご遺体に衣服を着せる
  7. ご遺体の容姿を整える(死化粧)
  8. ご遺体の手を合わせる
  9. ご遺体の顔に白い布を被せる

死化粧・エンゼルケアの一部は家族が希望すれば一緒に行えます。

神様
神様
死化粧・エンゼルケアを行う際は、感染症予防のため必ずマスク・手袋・ガウンを着用するぞぃ!

それでは一つずつ詳しく説明していきます。

医療従事者が医療器具を取り外す

病院で亡くなった場合、それまでの治療に使用した医療器具(点滴、心電図モニター、酸素チューブなど)が付いていることが多いです。それらを医療従事者に取り外してもらいます。

その際に傷などがあれば、消毒し絆創膏やガーゼでカバーします。

ご遺体内の内容物を排出する

死後、筋肉が弛緩しご遺体内の内容物が出てきやすい状態になります。内容物が出てご遺体や衣服・寝具を汚すことを防ぐため、先にご遺体内の内容物を排出します。

内容物の排出方法は以下の通りです。

  • ご遺体を右側を下にして寝かし、溝内辺りを押して胃の内容物を排出する
  • ご遺体を仰向けに寝かし、下腹部から膀胱を圧迫し尿を排出する
  • ご遺体の腹部を「の」を書くように圧迫し、腸内の便を排出する
  • 場合によっては、内容物を排出した後に紙パッドや紙おむつなどを着ける

ご遺体の口腔内をキレイにする

口腔内からの臭いを防ぐため、ガーゼや歯ブラシを利用し口腔内をキレイにします。顎周りは死後硬直が起こりやすいので、早めにケアをします。

ご遺体の全身を拭く

温かいタオルでご遺体の全身を拭き、頭皮の汚れが気になる際は、ドライシャンプーや洗髪をします。この工程は家族も希望すれば一緒に行えます。ご遺体に尊厳を持って接し、一つ一つ丁寧に行いましょう。

全身がキレイになったら、最後に保湿クリームなどで肌の乾燥を防止します。

ご遺体を清潔にする方法に温タオルで拭く以外に「湯灌」もあります。湯灌のやり方についてはこちらの記事をご覧ください。

湯灌(ゆかん)とは何のために行う?費用や手順は?何を準備すればいい? こういう不安になるのにも理由があります。なぜなら、湯灌はあまり経験するものではないので、いざ聞くとなにがなんだかわかりませんよね...

ご遺体に綿を詰める

ご遺体内に残っている分泌物が出てこないように綿を詰めます。鼻から順番に口・耳・膣・肛門に詰めていきます。

ご遺体に衣服を着せる

ご遺体に死装束などを着せます。宗教により着せる服装が変わることがあるので、事前にお寺などに確認しておきます。

家族が希望すれば、故人が生前好んでいた服などを着せることもできます。

ご遺体の容姿を整える(死化粧)

紙を梳かし、髭をそり、化粧をします。男性も顔色を整えるために薄く化粧を施します。また、故人に身に着けてほしいアクセサリーがある時は、持参しましょう

この工程以降は家族が希望する場合、一緒に行えます。

死化粧でしてほしいことがあれば伝えましょう!

  • 例1、故人のお気に入りの化粧品を使ってほしい
  • 例2、眉毛のカットもしてほしい
  • 例3、生前よくしていた髪型にしてほしい、、、etc

ご遺体の手を合わせる

ご遺体の手を合わせて合掌ポーズにします。そして、ご遺体を搬送する際に、合掌ポーズが崩れないように「合掌バンド」で固定します。

合掌バンドを長時間つけると痕が残ってしまうので、安置場所に着いたらすぐに外しましょう。

ご遺体の顔に白い布を被せる

ご遺体の顔に白い布を被せ、死化粧・エンゼルケアが終わります。家族が布を被せないでほしいと希望する場合は、布を被せず終えます。

死化粧・エンゼルケアの流れを説明した動画がありましたので、こちらもぜひご覧ください。

死化粧・エンゼルケアにかかる費用の相場

死化粧・エンゼルケアの費用は、ご遺体の状態とどこに依頼するかで変わってきます。

ご遺体の損傷がひどい場合は、その損傷具合に合わせた処置をするので費用が高くなります。また、病院、エンゼルケア専門の会社、葬儀会社などどこに依頼するかでも金額に差がでます。

以下は依頼先と死化粧・エンゼルケアの費用の目安になります。

依頼先 費用 補足
病院 無料~1万5千円 死後に必要な処置であれば無料。病院の提携業者に依頼する場合は1万5千円以上かかる可能性が高い
エンゼルケア専門業者 1万~3万円 介護からエンゼルケアまでしてくれるので、自宅で看取りたいと考えている方におすすめ
詳しくはこちら➡株式会社 ケアサービス
葬儀会社 3万~10万円 湯灌の場合は10万前後になる

死化粧・エンゼルケアにかかる費用には幅があることがわかりますね。ご遺体の状態により金額は変わってはしまいますが、大まかな金額を知るためにも各依頼先に事前に問い合わせてみてもいいかもしれません。

こちらの記事におすすめの葬儀会社が書かれているので、死化粧・エンゼルケアを葬儀会社に依頼する際の参考にしてください。

【2021年最新】葬儀社比較ランキング13選!【葬儀社選びのポイントを解説!】 葬儀は大切な故人を送るイベントなので、信頼のできる会社に依頼したいですよね。 しかし、どこも似たサービスを提供しているため...

まとめ

まとめ
  • 死化粧・エンゼルケアは、ご遺体を清め、美しい状態で故人を送り出すためのケア
  • 死化粧・エンゼルケアを一緒に行う際は、ご遺体に尊厳を持って接し、丁寧に行うことを心がけよう
  • 死化粧・エンゼルケアでしてほしいことがある場合はしっかり伝えて、後悔をしないようにしよう
  • 死化粧・エンゼルケアにかかる費用は、ご遺体の状態とどこに依頼するかで金額が変わる

いかがでしょうか。

死後硬直の関係から、死後すぐに行われる死化粧・エンゼルケア。ご遺族は気持ちの整理がつかない状態のまま対応に追われてしまいます。そのため、後々「もっとこうしてあげたかった」と悔いが残る方も少なくありません。

「縁起でもない」と思わずに、生前にご家族でどのように送り出してほしい(送り出したい)かをよく話し合っておくと良いでしょう。

死化粧・エンゼルケアの後は、安らかな表情となった故人との最後のお別れの場である葬儀の手配をしなければなりません。葬儀には様々マナーがあるため、初めての方は戸惑うことも多いでしょう。

こちらの記事で詳しい葬儀のマナーについて解説しているので、併せてお読みください。

【基礎知識】必見!遺族側が知っておくべき葬儀・告別式のマナーとは? 今までの人生の中で、葬儀・告別式に参列する機会はどれほどあったでしょうか?もう何度も参列してきた人は慣れっこかもしれませんが、ま...