お墓や仏壇について

【確認できてる?】浄土宗の仏壇の向き・オススメの場所・置いてはいけない場所

クリス
クリス
  • 浄土宗の仏壇は東西南北どっち向きに置くべき?
  • 仏壇の置き場所でオススメはどの部屋?
  • 仏壇を置いてはいけない場所ってどこ?

これから引っ越しや、リフォームを考えている人は特に、仏壇をどこに置こうか、どの方角に仏壇を向ければいいのか悩みますよね。大切な仏様なので、置くべきじゃない場所も知りたいですよね。

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • 仏壇は、御本尊(ごほんぞん)が東を向くように置こう
  • オススメの仏壇の置き場所
  • 仏壇を置いてはいけない場所

この記事を読むことで、引っ越しや、リフォームなどで仏壇を移動させる際に、迷わずに適切な場所に仏壇を置けるというメリットがあります。では早速お伝えしていきます。

御本尊(ごほんぞん)が東を向くように置こう

浄土宗の仏壇を、東向きに置く理由は、2つの説が関係しています。その2つの説が、西方浄土説(さいほうじょうどせつ)東面西座説(とうめんせいざせつ)です。それらについて、これから簡単に解説します。

西方浄土説と東面西座説

西方浄土説

この説によると、浄土宗の本尊の阿弥陀如来(あみだにょらい)は、西方浄土にいるとされています。その西方浄土に向かって祈るために、仏壇の御本尊を東向きにします

東面西座説

この説は、もともとインドの慣習で、東は日の出の方角で、立身出世の象徴とされてきました。なので、インドでは、主人は東向きに座るのがいいと言われています。この慣習が日本にも伝わり、仏壇の御本尊を向ける方角にも影響を与えました。

仏壇の役割って何?

「仏壇」は、御本尊を祀(まつ)る「家の中の小さなお寺」という役割を持っています。その証拠に、仏壇の最上部に御本尊を安置する壇があります。

それは、須弥壇(しゅみだん)といい、須弥山(しゅみせん)という仏教における聖なる山をかたどっています。

私たちが、寺院に直接行くことなく、信仰する宗派の御本尊にいつでも手を合わせられるという画期的な存在でした。しかし、現代になると仏壇の役割に別の要素が備わりました。

それが、先祖に対する敬意や、感謝を表し、亡くなった家族を供養するという役割です。そのため、仏壇に故人の位牌も安置します。

オススメの仏壇の置き場所

どこに仏壇を置いたら、ご先祖は安心して見守ってくれるのだろう?仏壇について、詳しく知っている人は、もしかしたら少数派かもしれません。このトピックでは、適切な仏壇の置き場所を紹介します。

仏間や床の間

仏壇を置くには、「床の間(とこのま)」がオススメです。床の間は、家の中心に位置し、その家の中で最も立派で、お客様をお通しする部屋です。

本来「床の間」は、花や掛け軸が飾られ、和室にある上座の床を一段高くしてあります。床の間に仏壇を置くのは、よくないという考え方もあります。しかし、仏壇を床の間に設置するのは、どの宗派でも問題ありません

それどころか、床の間は、風通りが良くなるように設計されており、直射日光も避けられるので、仏壇の劣化を防ぐことができます

畳が敷かれた和室

畳の敷かれた「居間」や「茶の間」に仏壇を置くのもオススメです。マンションやアパートでは、茶の間や居間に場所を選ばない「上置き型仏壇」をタンスの上にお置いている例も多いです。

居間や茶の間に仏壇を置くメリットは、家族が集まりやすい場所であるため、線香やお花を備えやすいという点です。

リビング

最近は、住宅の西洋化がさらに進み、フローリング敷きのリビングが一般的です。また、和室はあるけれど、ライフスタイルの変化にともない、だんだんと和室の使用頻度が減りました。

また、普段見慣れない日本人形や、ご先祖様の写真、仏壇、掛け軸の雰囲気に子どもが怖がるというのも、和室の使用頻度が少なくなった要因のひとつです。そういった背景から、明るい雰囲気がある、リビングに仏壇を置く世帯が増えています

リビングに仏壇を置くことをオススメする理由は、日常生活において、家族の使用頻度が高く、台所も近いことで、ご飯やお水、お花のお供えがしやすいという点です。

さらに、ご先祖さまが、常に家族との生活を共有することができるので、寂しい思いもしないでしょう。また、洋風の部屋にも合うようなモダンな仏壇も販売されていますので、買い換える際は、検討してみてはいかがでしょうか。

置き場所に決まりはない

「オススメの仏壇の置き場所」を紹介してきましたが、昔は、仏様が家の中心となるような部屋を設けて、仏壇を置いていました。それを「仏間」といって、法事などの仏事を行うことを目的としました。

しかし、現在では、どの部屋に仏壇を置くべき」という決まりはありません。それぞれのライフスタイルや、間取りに合わせて、仏壇を置く部屋を検討してください。

仏壇を置いてはいけない場所

置いてはいけない場所に仏壇を置いて、ご先祖さまを怒らせないかな?という不安はありませんか。このトピックを読むことで、適した場所に仏壇を置けるようになります。

直射日光があたり、湿気がある場所

仏壇は木製のため、直射日光・湿気・冷暖房の風で仏壇の素材を痛めてしまいます。直射日光を浴び続けると、段々と変色していきます。

梅雨の季節は、仏壇の引き出しの中にカビが発生する時があります。そんな時は、タオルで丁寧に乾拭きをしてから、扇風機や冷房の風を直接当てないようにして乾燥させましょう。

冷暖房の風を直接当ててしまうと、温度差の変化により、木材の伸縮などが起こり、仏壇の扉が開きにくくなる原因になります。

神棚と向かい合わせの場所

同一の部屋に、神棚と仏壇を向かい合わせに置くことはNGとされています。なぜなら、神様、仏様のどちらかに手を合わせる際に、一方に背を向けて失礼に当たるからです。そのため、同じ部屋に置く際は、L字になるように置きましょう

床の間と向かい合わせの場所

「床の間」は、その家の中で最高の上座だとされます。床の間と向かい合わせに仏壇を置いてしまうと、必然的に仏壇は下座の位置になります。御本尊や、先祖の魂が祀られている仏壇を、下座に置くことは、失礼なのでやめましょう

本尊の目線が低い場所

仏壇の中心は、仏像や掛け軸の御本尊です。御本尊の目線より下から、お参りするのがベストです。座ってお参りする場合、御本尊がお参りする人の目線の高さよりもやや上に。立ってお参りする際は、お参りする人の胸の高さより上になるように調節しましょう。

1階より上の部屋

仏壇を置くルールの一つに、仏壇の上に何も置かない、飾らないというものがあります。しかし、戸建て住宅の場合は、1階に仏壇を置くという選択肢がありますが、マンションやアパートでは、上の階に人が住んでいます。

この時の対処法が、仏壇を設置している天井に「」「」「を、木の板や紙に墨で書き、貼り付けましょう。こうすることで、「仏壇の上は何もありません」という意味になります。

まとめ

この記事では、浄土宗の仏壇の向きを取り扱いました。仏壇を置く理想的な場所を探すことは、現在の建築の間取りではなかなか難しいと思います。

しかし重要なのは、毎日家族の笑い声や、子供の成長を、ご先祖がより近くで見守れる場所に仏壇を置くという、ご先祖への思いやりのような気がしました。とはいっても、仏壇設置に関して、ご先祖や御本尊を敬うための最低限のルールを守りましょう。