葬儀についての基礎知識

これだけは知っておきたい!クリスチャンの葬儀のマナーを一から解説します

クリス
クリス
  • クリスチャンの葬儀に出席することになった
  • お悔みの言葉って何を言えばいいの
  • 死は不幸なことではないって本当?

日本で生活していると宗教の違いってあまり感じませんよね。ましてやクリスチャンの葬儀のマナーなんて、知らない方が大多数だと思います。

神様
神様

クリスチャンの葬儀は難しくないぞい。

本記事の内容
  • クリスチャンの死に対する考え方
  • 仏教式の葬儀との違い
  • クリスチャンの葬儀の正しいマナー

この記事を読むと仏教式とは違ったクリスチャンの葬儀がわかり、正しいマナーで参列できます。では早速お伝えしていきます。

クリスチャンの葬儀の流れ

ではここから、具体的な葬儀について見ていきましょう。同じクリスチャンと言っても、大きくカトリックとプロテスタントにわかれています。

カトリック

カトリックの場合、葬儀と告別式が別で行われます。

葬儀

  1. 入堂聖歌
  2. 開式の辞
  3. 葬儀ミサ(言葉の典礼と感謝の典礼)

告別式

  1. 入堂聖歌
  2. 聖歌斉唱
  3. 弔辞・弔電紹介
  4. 献花
  5. 遺族あいさつ

プロテスタント

続いてプロテスタントです。プロテスタントはカトリックと違って、葬儀と告別式がわかれていません。

  1. 入場
  2. 聖書朗読・祈祷
  3. 牧師の説教
  4. 弔辞・弔電紹介
  5. 祈祷・オルガン奏楽
  6. 献花
  7. 遺族あいさつ

ちなみにカトリックとプロテスタントでは使う言葉も違います。神父聖歌と言う場合はカトリック牧師讃美歌と言う場合はプロテスタントです。

より儀式的なのはカトリックですね。難しい言葉もありますので、次は解説とともにクリスチャンの葬儀のマナーをお伝えします。

仏教式と比べた葬儀のマナー

では仏教式の葬儀と比べてどんな違いがあるのでしょうか。

今回は以下の5つに分けて見ていきます。

  1. 葬儀ミサ
  2. お祈り
  3. 聖歌・讃美歌
  4. 献花
  5. 香典

葬儀ミサ

カトリックの葬儀で行われる葬儀ミサは、言葉の典礼と感謝の典礼という二つがあります。

  1. 言葉の典礼:神父が聖書の朗読と説教を行い、参列者全員で祈りを捧げます。
  2. 感謝の典礼:遺族が神父にパンとぶどう酒を捧げ、神父からパン(聖体)を受け取る儀式です。これは「聖体拝領」というもので、故人がキリストのように復活し永遠の命を得ることを願うものです。

聖体拝領はカトリックの洗礼を受けた人だけが参加します。そうでない人はその場で静かに故人をしのびましょう。

お祈り

カトリックとプロテスタント、両方において祈る時があると思います。基本的には個人個人小さな声を出して祈ります。しかし無理して祈る必要はありません。祈る内容に正解はないからです。ただし、皆さんお祈りされる時は目をつぶっていることが多いとクリスチャンの友人が言っていました。お祈りの時は、祈れなくても静かに目をつぶるのがマナーです。

聖歌・讃美歌

葬儀に参列しても、歌えない曲はあると思います。その際はお祈り同様、無理して歌わなくて大丈夫です。歌えないからと言って咎められることはありません。周りの方が歌っているため、歌わないと肩身が狭いかもしれませんがじっとしておくと良いと思います。

献花

仏教式の焼香、神道式の玉串奉奠にあたるものが献花です。献花はお花を受け取ったあと、右手側が花びらになるよう持ちます。献花台に進み一礼したあと、茎が祭壇を向くようお花を捧げます(献花台か棺の中に置くかは葬儀によります)。最後は一礼して戻ります。

香典

一般的にキリスト教では香典とは言わず、御花料(おはなりょう)と言います。香典袋は白色で、ユリや十字架が書いてあるものを選びましょう。持参した香典は受付で渡します。場合によっては故人との関係で受付がわかれていることもありますので確認が必要です。金額は仏教の場合とあまり変わりありません。

その他気を付けたいマナー

お悔みの言葉

「ご愁傷様です」「お悔み申し上げます」。一般に仏教の葬儀だとこう言うのが普通ではないでしょうか。しかしクリスチャンは「死は永遠に生きる上での新たな一歩」ですので悲しいことではありません。「安らかな眠りをお祈りいたします」と言うと良いでしょう。

また友人の話では、クリスチャンは亡くなるとは言わずに「召される」「神様のもとに帰る」と言うそうです。参考までに。

信者だけが参加できるもの

カトリックの聖体拝領など、信者だけが参加できるものがあります。孤独感を感じるかもしれませんが席でじっと待っていましょう。不安なら受付の人に、自分は信者ではないと伝えるといいかもしれませんね。同様にして、お祈りや聖歌・讃美歌も強制ではありません。ただし参加できそうなら参加しましょう。

服装

基本的には仏教式の葬儀と変わりありません。黒を基調とした落ち着いた服装で参加しましょう。ただし数珠は必要ありません。カトリックではロザリオを使うこともありますが、信者でない場合はわざわざ買う必要はありません。

クリスチャンってそもそも何?

クリスチャン=キリスト教徒ではない

クリスチャン=キリスト教を信じている人だと一般的には思われています。しかし厳密に言うとそうではありません。クリスチャンとはイエス・キリスト=自分の罪からのメシア(救世主)と信じている人のことを言います。つまりそれは、神であるイエス・キリストの愛を受け取っている人のことです。

ですからカトリックやプロテスタントと言った宗派、さらには家や親は関係ありません。あくまでもその人と神様との関係がどうかが大事です。

日本でも馴染みのあるキリスト教

クリスチャン=キリスト教徒ではありませんが、キリスト教や聖書と関係があるのは確かです。例えば日本でもキリスト教に影響を受けたものが数多くあります。

  • クリスマス(イエス・キリストの誕生をお祝いするお祭り)
  • イースター(イエス・キリストの復活を祝うお祭り)
  • カレンダー(1週間が7日というのは、聖書が由来)
  • 創造論(日本では進化論しか習いませんが、海外では創造論がメジャー)
  • アメイジング・グレイス(クリスチャンの人が作った曲です)

その他、寄付や自己啓発も聖書の考え方をベースにしています。

クリスチャンの有名人

また、世界で名の知れている人の中にもクリスチャンはいます。以下に簡単にあげてみました。

  • アブラハム・リンカーン(アメリカ合衆国初代大統領)
  • ドナルド・トランプ
  • アルバート・アインシュタイン
  • ダビデ王(古代イスラエルの王)
  • 遠藤周作(作家)
  • 森永太一郎(森永製菓創業者)

 意外とクリスチャンって身近にいるんですね。

クリスチャンの死に対する考え方

死は悲しいものではない

人間は必ず死にます。クリスチャンも例外ではありません。ですが、クリスチャンはキリストが復活されたように自身も復活し、死後永遠に生きるという希望があります。ですからクリスチャンの人にとって、死とは新たな始まりなのです。確かに悲しみもありますが、死んで終わりという無常さはありません。葬儀においてもここを理解した上で参加することが大事です。

  • 意外と身近にクリスチャンはいる
  • どの宗派にいたとしても、その人が神を信じているかが大事
  • クリスチャンにとって死とは悲しみではない。永遠に生きる上での新たな一歩!

 

まとめ。どんな気持ちで参加したらいい?

今回の記事ではクリスチャンの葬儀のマナーについて見てきました。実際にはカトリックとプロテスタントと宗派がわかれるため、葬儀に関しては両者を紹介しています。

まとめ
  • クリスチャンにとって死とは悲しみではない。永遠に生きる上での新たな一歩!
  • カトリックの葬儀は葬儀と告別式がわかれている
  • 葬儀ミサ、献花などの違いがある
  • お祈りや聖歌や讃美歌は任意
  • ご愁傷様ですとは言わず、「安らかな眠りをお祈りいたします」と言おう

そもそも死に対する考え方の違いから、葬儀でも多くの違いがありました! 信者ならではの儀式もありますので、事前にしっかり確認することが大事です。みなさん、クリスチャンの方には「ご愁傷様です」と言わないようにしましょう。