香典返し・法事返し

【解説】香典返しに「のし」NG!志の意味と弔事の難しい言葉の読み方を解説します!

クリス
クリス
  • 香典返しに「のし」は付けたらだめなの?
  • 「のし」や「のしあわび」って聞いた事あるけど何?
  • 慶事と弔事で包む紙の名前や種類が違うの?

こういった不安になるのは、百貨店などで菓子折りを購入し梱包をお願いすると、従業員の方から「『のし』は付けますか?」と聞かれるので、包み紙の上に付ける紙が「のし」だと思っているからです

包み紙の上に付ける紙が「のし」だと思っている方が多いのですが、本当は包み紙の上に付ける紙は「のし」とは違います。

では、「のし」とは一体何なのか気になりますよね。また、志の意味や弔事で使用する難しい言葉も併せて知りたいです。

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • 「のし・のしあわび」について解説
  • 「志」について説明
  • 弔事で使用する用語の解説

この記事を読むことで、「のし・志の意味・弔事で使用する難しい言葉」を理解し、正しく使うことが出来るようになります。では早速お伝えしていきます。

香典返しに「のし」はNG?

「のし」は、お祝い事で使用されるものなので、香典返しには使用しません。

また、香典返しを用意する際、包装紙とは別に名前などを記入するための紙を用意しますが、慶事用は「のし紙」、弔事用は「掛け紙」と名前も紙の種類とも別物ですので注意が必要です

ここでは、「のし・のしあわび」と「水引」、香典返しに使用する弔事用の「掛け紙」について解説していきます。

「のし」と「のしあわび」を使用するのはお祝い事

Noshi

画像引用:福山あじよし「阿じ与志」公認グルメブログ

祝儀袋の右上に使用されている紅白の折形を「のし」と言います。「のし」は、「のしあわび」を略した言い方です。

贈り物の原点は、神様への捧げものからきています。神様への捧げものは様々ありますが、中でも新鮮な肴(さかな)を供えるというものがあり、「のし」はその代わりとなるものなので、「肴も添えて贈ります。」という意味を表しているんです。

新鮮な肴の代表格が、貴重品だった「アワビ」を使用することでした。ですが、本物のアワビを毎回添えるのは難しいため、アワビを加工したものを使用するようになったんです。

【「のし」に使用されるアワビの加工品】
本物のアワビを薄くそいで、火のしを使って平にのばしたもの

「のし」は、「肴も添えて贈ります」以外にも「伸ばす」という意味があり、慶事や縁談などお祝い事で「縁を伸ばす」という良い意味で使用されます。ですが、弔事では「引き伸ばす」という意味になってしまうため、「のし」は付けないのです。

また、贈り物が生臭物(なまぐさもの)の時は、表に付けた「のし」の意味が中身と重複してしまうので「のし」は付けません

【生臭物】
魚介や肉類など(使用した料理も含む)。

【精進物】
野菜や穀物など、肉類を使用していないもの。

「のし」の種類と付け方

「のし」にも様々な種類があり、「真・行・草・飾りのし(松竹梅の造花をあしらったもの)・蝶花形」などが有名です。「のし」の種類に関しては、下記の画像を参照下さい。

のしの種類一覧

画像引用:熨斗つくーる

結婚で使用されることが多いのは「真のし」ですが、最近増えている略式では「飾りのし」を使用することもあります。

祝儀袋や品物に「のし」を付ける時、必ず右上することで「右肩上がりになるように」との意味を掛け合わせ、幸せが増えていく様子を表しているとも言われています。

香典返しに使用するのは「掛け紙」

香典返しに使用するものは「掛け紙」と言い、「のし」と「のしあわび」を使用しないものとなります。ですが、最近は分かりやすく「弔事用ののし紙」と表現されることが多いです。

本来、「のし紙」は慶事用として使用され、「のし紙」には「のし」と「のしあわび」が使用されています「掛け紙」と「のし紙」の印象の違いは、下記の画像を参照ください。

掛け紙 弔事用の掛け紙
のし紙 お祝い事の紅白のし

画像引用:香典返しe-shop

「のし紙」と「掛け紙」は、水引が印刷されたものが多く、中には「蓮」が印刷されたものもあり、宗教によって注意が必要です。

「蓮」が印刷されたものは、仏式以外で使用しないようにしましょう。

「水引」は色と結び方に注意が必要

画像引用:fun okinawa

「水引」は、「贈り物」や「お金を包んだもの」をしっかりと結び留める目的があります

昔は、細い帯紙(細長い紙)が水引として使用されていましたが、現在は紙縒り(こより)を使用するようになりました。

結び方は、「結び切り・あわじ結び」にすることで、引っ張ってもほどけないので「繰り返したくない」意味を込めているのです。

「水引」の色は、「白・赤・金・銀・黒・黄・青」があり、色を組み合わせて使用する場合が多いです。慶事は「赤白・金銀・金赤」を使用し、弔事は「黒白・白銀・双銀・双白」が使用されます。

宗派や地域によって、使用する色が決まっていることがあるので、下記の表を参考に選んでください。

宗教 地域 水引の色
仏教 全国 藍銀・黒白
仏教(関西) 関西 黄銀・黄白
キリスト教・神道 全国 黄銀・黄白
宗教を問わず 全国 黒白

画像引用:Classic Donna

【これでわかる】葬儀での香典のマナーってあるの?宗教宗派があるときは対応が違う? 急な葬儀に参列することになり、香典を用意することになったら慌てますよね。葬儀の場合は予測できないので、あらかじめ準備するのは難し...

掛け紙の一般的な表書き「志」の意味

画像引用:楽天市場

掛け紙の表書きが、一般的に「志(こころざし)」と記入するのは、宗教を問わず使用出来るからです。

「志」の意味ですが、「気持ち」というのがあり「気持ちばかりのお返し」という意味です。遺族は身内の不幸に悲しみつつ、周りの方の心遣いに深く感謝している気持ちを香典返しの「志」で表しています

また、地方や宗教によっては、表書きが「志」でないことがあるので、下記の表を参考にしてみてください。

神様
神様
弔事の表書きに悩んだら宗教などを気にせず使用できる「志」を使用するのが無難じゃよ。 
表書き 読み方 宗教・地域 意味
こころざし 問わない 「感謝の気持ち」を表し、一般的に使用されている。
満中陰志 まんちゅういんし 仏教
関西/東北
仏教で、49日目の忌明けを迎えるのを「満中陰」と言います。香典返しは、忌明けに行う事から使用されます。
偲び草 しのびぐさ 神道
キリスト教
「故人を偲び追慕する気持ちを粗品に代えてと」の意味があります。
記念品 きねんひん キリスト教 香典返しが一般的でないため、「記念品」として贈られることがあります。

香典返しの品物には「使ってもらえるもの」を選ばれる方が多く、最近は受け取り手が自由に選べるカタログギフトを選ぶ方が増えています

【注意】「志」と「寸志」の違い

一文字しか違わない「志」と「寸志(すんし)」ですが、意味が全く違うもののため、お店で「のし紙(掛け紙)」を記入してもらう際は気を付けて下さい

「志」は、前項で解説した通り弔事で「気持ちばかりのお返し」の意味がある反面、「寸志」は「目上の方から目下の方へのお礼や差し入れ」に使用され、水引も紅白のお祝いに使用されるものを使います。

相手の方へ失礼になりますので、間違いが無いか細心の注意を払ってお願いしましょう

表書きの書き方

表書き

画像引用:カタログギフトのハーモニック

表書きを書く際に気になる墨の濃さですが、香典返しを贈るのは四十九日法要が過ぎてからとされ、事前に準備が出来るのでどちらでもよいです。

ですが、薄墨には「不幸を悲しんでいる」意味もありますので、迷われたら薄墨にしておくと良いでしょう。

墨の濃さが決まったら表書きを決め、水引に掛からないように水引の上部に記入します。そして、水引の下部には「氏名・喪主・○○家」など、誰からの物か分かるように記入します。
上記画像を参照ください。

香典返しの「のし」に名前がない!?その理由と注意点を徹底解説します! 生前お世話になった人や親族のお葬式、その香典返しについている紙に名前が書かれないことがあるようです。 名前を書いてある時と...

香典返しの梱包方法

荷物の梱包のイラスト

最近は、お店の方にお願いする方が多いので、自身で包まれる方は少ないですが包み方が慶事と弔事では違うので知っておいて損はないでしょう。

クリス
クリス
間違いはないだろうけど、お店で包んでもらった時の確認もしやすくなりそうだね!

包み方

包み方は主に2つに分けられ「キャラメル包み」「斜め包み」で、それぞれ慶事と弔事では少し異なった包み方をします。ここでは、確認時のチェックポイントをお伝えしますので、確認時の参考にしてください。

キャラメル包み
お祝包みと不祝儀包み

画像引用:包装部

画像のように、慶事(祝い事)と弔事では後ろの紙が左右逆になっていますので、一目見れば確認できます。

斜め包み
お祝包みと不祝儀包み

画像引用:包装部

斜め包みは、上下どちらに折り返しが来ているかで変わってきます。

慶事福が逃げないように、下から受け止める

弔事良くないことは、上から下へ水に流す

どちらにせよ、表の掛け紙のみを確認されることもありますので、包み方も掛け紙と同じで丁寧に確認しておくことをおすすめします。

掛け紙を包装紙の「外・内」どっちに付ける?

香典返しに適した包装

画像引用:カタログギフトのハーモニック

クリス
クリス
掛け紙を包装紙の内側、外側どちらに付ければいいのでしょうか?  

掛け紙を内側に付けるのは「内のし」、外側に付けるのは「外のし」と言い、悩んだら内のしにするとよいとされています。

なぜなら、香典返しは持ち運ぶ機会が多いため、外のしにしてしまうと掛け紙(のし紙)が破けてしまう可能性があるからです。同じ理由で、配送をお願いする際も内のしにしておきます。

折角の贈り物ですし、感謝の気持ちを表すものなので掛け紙(のし紙)を大切にしたいですよね。下記の動画で、「内のし・外のし」の包み方も併せて解説していますので参考ください。

内のし

外のし

次の項目では、今まで聞きたくても聞けなかった弔事に関する用語を解説していきますので、疑問に感じていることなど確認してみてください。

【今更聞けない!!】弔事で使用する言葉の意味と読み方

テキスト

弔事で使用する言葉は、普段私たちが使用しない言葉が多く存在しています。ここでは、今更聞けない弔事用語を意味を交えながら読み方を解説していきます。

クリス
クリス
難しい漢字も多くて、読むのに毎回苦労しているんだ。

読み方だけじゃなく、意味を知れるのは凄くありがたいね

知っている方も多い言葉

ここでは、知っている方も多い弔事用語の読み方と意味をお伝えします。

弔事用語 読み方 意味
ちょう
とむら(う)
死者の霊をたずねて慰めること。
死者をいたみ、お悔やみを述べること
弔事 ちょうじ お葬式などのお悔やみごとをさす言葉
弔問 ちょうもん 遺族を訪問して、お悔やみを述べること
弔意 ちょうい 人の死を悲しみ悼む気持ちのこと。
哀悼(あいとう)の心
会葬者 かいそうしゃ 葬式の参列者や弔問に訪れた客のこと
通夜 つや 死者を葬る前に家族や親しい知人が集まり、終夜ご遺体のそばで過ごして冥福を祈ること
神社や仏堂に終夜こもり祈願すること。
※終夜は一晩中の意味
半通夜 はんつや 時間の短い通夜のこと。(終夜行わない)
仮通夜 かりつや 故人が亡くなった晩に行われ、故人と近しい親族のみでしか行わない。
故人と最期に過ごす夜という位置づけのもの。
※僧侶を招いてお経をあげたりはしない
告別式 こくべつしき 死者の霊に対し、親族や知人が最後の別れを告げる儀式のこと。
また「転任・退官・退職」する人に、別れを告げる儀式も指す
香典 こうでん 死者の霊前に供えて、香や花の代わりとする金品で香料(線香代)のこと
袱紗 ふくさ 儀礼用の長方形の絹布のこと。
弔事と慶事で色と開く向きが違うが、「紫」はどちらでも使用できる
焼香 しょうこう 香をたくこと。
仏や死者に対して香をたいて拝むこと
立礼/座礼 りつれい/ざれい 立礼起立して敬礼を行うこと。
座礼座ったままで行う礼や座っている時の礼儀作法を言う。
通夜振る舞い つやぶるまい 通夜に訪れた方へ、食事やお酒などでもてなすこと。
クリス
クリス
転任や退職する方とのお別れの場も、告別式って言うんだね!
【基礎知識】遺族側が知っておくべきお通夜のマナーとは? こういう不安になるのにも理由があります。なぜなら、お通夜では大切な方が亡くなった悲しみに加えて、遺族として参列者にも対応しなけれ...
通夜振舞いのルールやマナーは?どのくらい用意すればいいの? こういう不安になるのにも理由があります。 律儀な方が多いという日本人の性格上、冠婚葬祭に対して、昔からのしきたりを重んじる...

「お通夜」編

ここでは、主にお通夜で使用される弔事用語の読み方と意味をお伝えします。

弔事用語 読み方 意味
湯灌 ゆかん ご遺体を洗って清めること
一般的に、納棺前に行われる。葬儀前に行う事なので、葬儀を執り行う側にならないと耳にする機会がない言葉。
供花 きょうか
くげ
お葬式で故人に供えるお花のこと
枕飾り まくらかざり 故人が眠る棺の枕元に置く祭壇のこと。
「仮祭壇」とも言われる。
供物 くもつ
ぐもつ
神仏にお供えする物のこと。
「供養物」とも言われる。
弔辞 ちょうじ 死者を弔う言葉のこと。
位牌 いはい 死者の戒名や法名を記した木の札のこと。
禅僧(ぜんそう)によって中国からもたらされ、江戸時代から使用されるようになった。
骨壷 こつつぼ 火葬された骨を納めるための物
「こつがめ」と読む地域もある。
遺影 いえい 故人の写真や肖像画のこと。
最近は写真が増えたが、肖像画も人気がある。写真が増えため、白黒よりカラーの物が増えている。
女性
女性
私が小さい頃、おばあちゃんちの仏間は遺影が怖くて苦手でした。
男性
男性
実家の遺影に親族で似ている人を兄弟で見つけて、母に聞いていたよ
女性
女性
飼っていたペットの骨を入れた骨壺は、自宅で大切に保管しています。私と同じお墓に入ってもらう予定です。
仏壇に写真を配置したい!仏壇に写真を配置してもいい?どこに配置すればいい? 故人を偲び、故人と対話するには視覚的なイメージとして、仏壇やその近くに故人の写真を飾りたいと考える方も多いのではないでしょうか。...

「火葬」編

ここでは、主に火葬で使用される弔事用語の読み方と意味をお伝えします。

弔事用語 読み方 意味
お斎 おとき 仏事「法会」の時にだす食事のこと。
法会は、お経をお坊さんに読んでもらったり、死者の追善供養を行うこと
野辺送り のべおくり 死者を火葬場や埋葬場所まで見送ること。
収骨 しゅうこつ 火葬後、お骨を骨壺などに収めること。
「骨上げ(こつあげ)」とも言われている
戦地などに放置された骨を、埋葬の為に拾い集めること。
副葬品 ふくそうひん 死者を埋葬する時に、遺体に添える品のこと。
※邪悪を払うもの・来世での生活用品・生前の愛用品など
精進落とし しょうじんおとし 普段の生活に戻ること。
箸渡し はしわたし 遺骨を骨壺に収める時に、骨片を箸から箸へと渡していくこと(骨片を二人で同時にもつこともある)
食べ物を箸から箸へと渡すこと。(嫌い箸とされている)
読経 どっきょう
どきょう
お経を音読すること。
出棺 しゅっかん 葬式の際に、死者を納めた棺を家から送り出すこと
クリス
クリス
骨片を二人で同時にもつのは、少し難しそうだね…
葬儀終盤の火葬場で押さえるべき【マナー】を知りたい!そのとき必要なものは? 葬儀への参列経験があっても、火葬までの儀式を経験することは、滅多にないことなので、火葬の際のマナーや、心づけ、必要な書類といった...

「香典」編

ここでは、主に香典で使用される弔事用語の読み方と意味をお伝えします。

弔事用語 読み方 意味
答礼 とうれい 相手の礼に答えて、自身が礼をすること。
会葬御礼 かいそうおんれい
かいそうおれい
通夜や葬儀に参列した方へ渡す返礼品のこと。
「香典返し」もその1つにあたります。
即日返し そくじつがえし 「香典返し」を通夜や葬儀に参列した方に、その場でお渡しすること。
弔電 ちょうでん 弔意を伝える電報のこと。
返礼品 へんれいひん 人から受けた礼や贈り物に対して、感謝の印に贈る物のこと。
お布施 おふせ 僧侶に謝礼として渡す金品のこと。
読経や戒名を授与していただいた時に渡します。
香典返し こうでんがえし 香典をいただいたお礼に渡す品物のこと。
クリス
クリス
最近は、即日返しを行う葬儀が多いって聞くよ!
【葬儀】お悔やみ電報(弔電)・送る時、受けた時のマナーを徹底解説~送り方も紹介。 突然の訃報に接して、お悔やみ電報を送るとき、あなたはすぐに行動できますか? 逆の立場で、受け取ったときどうすればよいのか知って...

「法事・法要」編

ここでは、主に法事や法要で使用される弔事用語の読み方と意味をお伝えします。

弔事用語 読み方 意味
忌中 きちゅう 近親者の喪に服し、忌み(いみ)慎んでいる期間のこと。
死後49日間のこと。
百箇日 ひゃっかにち 100日間のこと
人が亡くなってから100日目のことで、100日目に行う法事をさしている。
菩提寺 ぼだいじ 先祖代々の墓や位牌を置き、弔っているお寺のこと。
「檀那寺(だんなでら)」とも言う。
初七日 しょなのか
しょなぬか
亡くなった日を含めて数えた7日目のこと。
初七日に行う法要もある(初七日法要)
一周忌 いっしゅうき 亡くなってから、満1年後の同月同日のこと。
一般的に法要を行う(一周忌法要)
四十九日 しじゅうくにち 亡くなってから、49日目のこと
一般的に法要を行う(四十九日法要)。
今生(こんじょう)の死と来世の生との中間期(中陰)と言われている。
男性
男性
四十九日は、仏教でとても大切な期間って聞いたことがあります。
女性
女性
小さい頃祖母が亡くなり、お墓とは別で菩提寺にお骨を納骨しに親と行きました。

その時、初めて自分の家族の菩提寺を知り不思議な感覚だったのを覚えています。

菩提寺(ぼだいじ)の意味は?葬儀・法要を依頼する際の注意点! 日ごろお寺さんとの係わりがないと、分かりにくいですよね。菩提寺に法事をお願いするって両親が昔話していたのを聞いたことがあるけど・...

まとめ

この記事では、香典返しの表書きに「志」を使用する意味、弔事に使用する「掛け紙」や「のし・のしあわび」の解説、弔事用語の読み方や意味までお伝えしてきました。

弔事の行事は、葬儀のみを行う方も増えたことから、弔事用語に触れる機会が減っている方も多いです。なので、葬儀に参列する際に初めて目にした方や友人や知人との会話で初めて知った方もおられます。

そんな時、頭の中で混乱しないためにも押さえておきたい知識ですよね。今までなんとなく聞いたことのある言葉でも、意味をあわせて理解する事も大切だと思います。

では、今回はこの辺で失礼いたします。最後まで読んでいただきありがとうございました。