葬儀についての基礎知識

葬儀後に行う初七日、四十九日、一周忌法要のマナーとして知っておく事とは?

クリス
クリス
初七日、四十九日、一周忌、それぞれの法要のマナーを知りたい。

葬儀を終えてからは、初七日、四十九日、一周忌と順番に法要が行われます。
それぞれの法要の内容は多少違う事もあるので、マナーとして知っておく必要があります。

神様
神様
今回はこの疑問に答えるぞい。
本記事の内容

初七日、四十九日、一周忌法要のマナーについて解説します。

  • 挨拶のマナーについて解説
  • 服装のマナーについて解説
  • お布施のマナーについて解説
  • 引き出物のマナーについて解説
  • 食事のマナーについて解説

それでは見ていきましょう。

Contents

初七日、四十九日、一周忌法要の挨拶のマナーを知ろう


初七日、四十九日、一周忌、各法要には挨拶がありますので、喪主を務める方は挨拶についてマナーとして注意する点を抑えておきましょう。

初七日法要の挨拶のマナー

初七日法要は、葬儀後にそのまま行う事が増えました。とはいえ必要なマナーは、亡くなってから7日目に行った場合も、葬儀後に続けて行う場合も同じです。

始まりの挨拶は簡易的で良いのですが、参列頂いた事の感謝をしっかりと伝えましょう。また、故人への気持ちも伝えましょう。下記の例文を参考にしてください。

 

初七日法要の始まりの挨拶

本日は、ご多忙の中、〇〇の初七日法要にお集まりいただきまして、誠にありがとうございます。
本日、無事の〇〇の初七日法要を執り行うことができました。

皆様のお力添えに感謝申し上げます。
~故人にまつわる話や現在の心境~
今後とも、遺された我々家族も前を向いて一生懸命歩んで参りますのでご指導のほどどうぞよろしくお願いいたします。

ささやかではありますが、お食事のほうを用意させていただきました。
ごゆっくりおくつろぎください。
本日は、初七日法要にご参列いただき、本当にありがとうございました。

引用:みんなの終活

初七日法要の会食時の挨拶

本日は、皆さまお忙しいところ、〇〇の初七日法要にお集まりいただきまして、誠にありがとうございます。

〇〇の思い出話に花を咲かせていただければと思います。
それでは、献杯のご唱和願います。
献杯

引用:みんなの終活

「乾杯」では無く「献杯」になるので、気を付けましょう。

初七日法要の締めの挨拶

皆様、本日は〇〇の初七日法要にお越しいただき誠にありがとうございました。
故人もきっと喜んでいることと思います。

これにてお開きとさせていただきます。
本日は、最後まで長時間にわたりお付き合いくださり、誠にありがとうございました。
お気をつけてお帰りください。

引用:みんなの終活

四十九日法要の挨拶のマナー

四十九日法要の挨拶では、参列頂いた事や四十九日を迎えた事への感謝は忘れず、故人の思い出話を少し話しても良いでしょう。

四十九日法要の始まりの挨拶

始まりの挨拶はシンプルで良いです。参列に来てくれた事と四十九日法要を行う事を伝えましょう。

四十九日法要の終了時の挨拶

ここで遺族が知る故人のエピソード等を語っても良いでしょう。

本日は、〇の四十九日法要にお集まりいただきまして、本当にありがとうございました。

皆様にお力添えいただいたおかげで、無事に四十九日法要を終わらせることができました。
感謝申し上げます。
~故人にまつわる話、四十九日法要をむかえた遺族の心境~
ささやかではありますが、お食事のほうをご用意させていただきました。
是非、故人との思い出話をしつつ、ゆっくりなさってください。

本日は、誠にありがとうございました。

○○がこの世を去り、四十日あまりが経ちましたが、未だ実感のない日々を過ごしております。

どこかで〇〇はまだ生きているのではないか、と思ってしまう日も少なくありません。
しかし、我々遺された家族も前を向いて力を合わせて生きて参りたいと思います。

今後とも、あたたかく見守ってくださると嬉しいです。

引用:みんなの終活

四十九日法要の会食時の挨拶

初七日法要の会食時の挨拶と同じで、献杯で食事を始めましょう。故人が好きだったメニューを取り入れて、その事を参列者に伝えても良いでしょう。

四十九日法要の締めの挨拶

初七日法要と同様に参列に来てくれた事への感謝を忘れず伝えましょう。

一周忌法要の挨拶のマナー

一周忌法要の流れとしては、初七日、四十九日法要と変わりません。

一周忌法要の始まりの挨拶

四十九日法要の挨拶と同様にシンプルで良いです。法要に参列頂いた事への感謝を伝えましょう。

一周忌法要の終了時の挨拶

一周忌法要が無事に終了した事への感謝や今後のお付き合いを変わらず続ける事へのお願いを伝えましょう。

本日はご多忙のところ○○の一周忌法要にお越しくださり、誠にありがとうございます。

ただいま無事に〇〇の一周忌を終わらせることができました。
ひとえに皆様のご協力のお陰であります。
改めて御礼申し上げます。

ありがとうございました。
早いもので〇〇が亡くなってから一年が経ちました。
私共家族はおかげさまでこの一年健康に穏やかな日々を過ごすことができました。

今後とも変わらぬお付き合いのほど、どうぞよろしくお願い致します。
会食のほうをご用意させていただきましたので、これより会食のほうにうつらせていただきたいと思います。

本日は、お集まりいただき、誠にありがとうございました。

引用:みんなの終活

一周忌法要の会食時の挨拶

一周忌法要の挨拶でも献杯で食事を開始します。
ここでも参列頂いた感謝を述べましょう。

一周忌法要の締めの挨拶

一周忌法要に参列頂いた感謝や食事時に故人の話をするかと思いますが、その事への気持ちを述べると良いでしょう。

最後に参列者へ体調に気を付けて過ごす事等を伝えても良いでしょう。

本日は、○○の一周忌法要に最後までお付き合いくださり、誠にありがとうございました。
故人が亡くなって一年となりましたが、皆様との故人の思い出話をさせていただき、懐かしい気持ちになりました。

これからもどうぞ皆様、〇〇のことをたまに思い出して偲んでいただければと思います。
本日は長時間にわたり本当にありがとうございました。

まだまだ暑さが厳しい日々が続くので、皆様、体調の方お気をつけてお過ごしください。
それではお気をつけてお帰りください。

引用:みんなの終活

クリス
クリス
多くて大変ですが、知っておきましょう。

初七日、四十九日、一周忌法要の服装のマナーを知ろう

神様
神様
服装はその人の印象が決まる位重要だから気を付けよう。

初七日法要の服装のマナー

初七日法要では、葬儀と同日で行う事が増えてきてますので、その場合は服装はそのままで良いです。別の日に初七日法要を行う場合は服装は決まっています。

喪主、遺族の服装について

喪主、遺族の方は正装礼が望ましいですが、準礼服でも問題無いです。男性の正装礼はモーニングコートで、準礼服はブラックスーツです。

女性は黒の長袖ワンピースやブラックフォーマルスーツが良いでしょう。スカートは膝が隠れる位にしましょう。アクセサリー類は、結婚指輪と真珠以外は着用を控えましょう。

参列者の服装について

参列者の方は略式喪服で良いです。男性は黒や濃紺のスーツに白ワイシャツでネクタイ、靴下、靴は黒色にしましょう。

女性は黒や濃紺等の控え目な色のワンピースやスーツにしましょう。女性の略式喪服では決まり事が少ないので、小物類は黒色に統一する等して華美にならない様にしましょう。

四十九日法要の服装のマナー

喪主、遺族の服装について

四十九日法要での服装は、正式喪服を着用するのが相応しいです。
男性は、和装なら羽織袴、洋装ならモーニングコートを着用しましょう。

女性は、和装なら黒無地の染め抜き五つ紋が入った着物、洋装ならブラックフォーマルスーツを着用しましょう。必ず長袖でスカート丈はくるぶし位です。

最近ではモーニングコートを着用する事が減ってきており、準礼服でも良いとされてきています。

参列者の服装について

参列者の方は男性と女性も略式喪服で良いです。

 

一周忌法要の服装のマナー

喪主、遺族の服装について

一周忌法要での服装は、四十九日法要の服装と同じで良いでしょう。準礼服でも問題ないです。

参列者の服装について

参列者の方は、男性と女性も略式喪服で良いでしょう。

初七日、四十九日、一周忌法要のお布施のマナーを知ろう


初七日、四十九日、一周忌法要のお布施のマナーと相場を解説していきます。

お布施の相場について

初七日、四十九日、一周忌法要のお布施の相場は3万円〜5万円になります。

お布施袋の選び方と書き方について

初七日、四十九日、一周忌法要に使うお布施袋と書き方のマナーについて紹介します。

お布施袋の選び方

初七日、四十九日、一周忌法要で共通して使えるお布施袋は、水引きが付いていない「御布施」と書かれたお布施袋です。

黒白の水引きが付いたお布施袋に関しては、四十九日法要までとなりますので、注意して下さい。

お布施袋の表面の書き方

お布施袋の上部に「御布施」と漢字で書きます。下部には名字のみかフルネームで名前を書きます。

お布施袋の裏面の書き方

お布施袋の中袋の無いタイプでしたら、裏面に「住所、氏名、電話番号、金額」を書いておきましょう。

包むタイプのお布施袋の場合でしたら、中袋がセットになっていますので、中袋に書きましょう。

お布施袋に入れるお札の向き

お布施袋に入れるお札は、新札にしましょう。

法要は突然の訃報と違い、日程が明確に定まっています。そのため、あらかじめ新札を準備する時間もあります。

僧侶への感謝の気持ちを表す意味もあるので、新札が良いです。

お札を入れる向きは、お札の肖像画が上にくる様にしましょう。

葬儀や香典では、古いお札を使います。理由としては突然の不幸に対してあらかじめ新札を用意しているという失礼を避ける為です。

初七日、四十九日、一周忌法要の引き出物のマナーを知ろう

初七日、四十九日、一周忌法要の引き出物について解説していきます。

引き出物の金額について

初七日、四十九日法要、一周忌の引き出物の金額の相場は、3千円から5千円になります。

引き出物の選び方

初七日、四十九日法要の引き出物は、「消えもの」と言われる消耗品を選びましょう。コーヒーやお茶、お菓子や洗剤が選ばれているようです。

一周忌法要の引き出物は、消耗品と限らなくても良いです。よく「涙を拭い去る」という意味を込めて、タオルを選択する方もいます。

初七日、四十九日、一周忌法要の食事のマナーを知ろう

初七日、四十九日、一周忌法要の食事は、お斎(おとき)と呼ばれ故人を偲び、参列者へ感謝の意味も込めて振舞われます。

予算について

お斎に使う予算は大体5千円から1万円になります。

料理の内容について

最近では自由にメニューを決められる様になりました。しかし鯛や伊勢海老といった祝い事をイメージさせる食材については、マナー違反となるので控えて下さい。

食事中に気を付ける事

お斎では、乾杯ではなく、献杯となるので注意しましょう。
乾杯の様なグラスを上げて打ち上げたり、拍手や大きな声を出す事はマナー違反となります。故人を偲ぶ意味も込めた食事なので気を付けましょう。

神様
神様
思わず乾杯と言いそうになるが、間違えない様に注意じゃ。

まとめ

クリス
クリス
内容が多いので、簡単にまとめました。
まとめ
  • 挨拶は参列者への感謝と故人に対する話を忘れないようにしましょう
  • 服装は最低でも準礼服を着用しましょう
  • お布施の金額は3万円から5万円で、お布施袋は水引きなしであれば共通して使えます
  • 引き出物は3千円から5千円で、一周忌以外は必ず消えものを選びましょう
  • お斎の予算は5千円から1万円で、祝い事を連想させる食材は避ける、献杯で慎ましく食事をしましょう

いかがでしたか?
葬儀を終えてからも法要が続くので大変ですが、いつかは訪れる事であり、マナーを知る機会として少しでも参考になれば良いと思います。