葬儀についての基礎知識

葬儀で喪主は供花を出すべきか?名前の書き方からお花代まで徹底解説!

クリス
クリス
  • 喪主は供花を送ってもいい立場なの?
  • 供花を送る際の名前の書き方は?
  • 供花をもらった時の対応は?

葬儀ではお花が飾られているイメージがありますよね。
葬儀で飾られているお花にも種類がありますが、その中でも祭壇のわきに供物と共に飾られているのが「供花」です。

その供花を、葬儀を運営する側の喪主が贈っても良いのか、身内が供花を贈るのは不自然ではないのか、不安に思う人も多いのではないのでしょうか。

また、喪主は供花をいただいた際にも対応しなければいけません。

では供花を贈る際、もらった際にはどんなマナーや手順があるのでしょうか。

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • 供花とは
  • 喪主が供花を贈っても良いのか?
  • 喪主が供花を準備する際の注意点
  • 供花を受け取った喪主がするべきこと
  • 供物との違い

この記事を読むことで、いざ自分が喪主になったとき、供花に関することは慌てずに対応できるというメリットがあります。では早速お伝えしていきます。

供花とは

供花(きょうか・くげ)は葬儀の会場、または祭壇わきに供物と共に飾られているお花(生花)のことです。
供花はご冥福の気持ちを込めて花を贈ることで、故人の霊を慰めるという意味を持っています。

また、供花は会場に彩りを添えるものであり、亡くなられた方とお別れする悲しみが少しでも癒えることを願って飾るという意味合いもあります。

喪主が供花を贈っても良いのか

結論から言うと、喪主が供花(生花)を贈っても問題はありません

親族や知人、会社関係の人など故人と深い関わりだった人から送られてくるのが一般的ですが、故人を弔う気持ちがあればどんな人でも贈ってもいいと考えられているため、喪主が贈っても良いとされています。

関東では「喪主花」といって喪主が生花を出すのが一般的な地域もあるようなので、供花を出すべきかどうか目上の人や葬儀社に確認してみることをおススメします。

喪主が供花を準備する際の注意点

さて、喪主が供花を贈る際には次のことを注意しましょう。

  • お花代はどれくらいなのか
  • 名前の書き方
  • 供花を手配するタイミング

以下で詳しくお伝えします。

お花代の相場

供花の相場は一基一万五千~二万円と言われています。

「基」というのは供花を数えるときの単位で、「一基、二基…」などと数えます。また、供花を二基贈る場合、二基をまとめて「一対」と呼びます。

祭壇の左右対称で生花を飾るよう、以前は一対で贈るのが一般的でしたが、最近は一基で贈ることも多く、特別問題はないとされてるようです。

名前の書き方

喪主が供花を出す場合、名札には「喪主」または「親戚一同」や「兄弟一同」など「〇〇一同」と書きます。

個人名で出すのはダメなのか、と思う人も多いと思いますが、個人で供花を出す場合や人数が少ない場合は個人名で出すこともあります。

ただ、喪主が供花を出すときはそのまま「喪主」、親族がまとめてお金を出し合った場合は「〇〇一同」と書くことが多いようです。

名前の書き方は、その地域やご家族の考え方によって変わることもあります。供花を出すべきかを目上の方や葬儀社に確認するときに、名前の書き方も一緒に確認しておきましょう。

手配のタイミング

供花は葬儀の前日には届くように手配をしておきます。

喪主は自分のことだけではなく、会葬者の方の対応もしなければいけないため、とても忙しい立場です。当日に自分が出す供花のことで慌ててしまっては、他のやるべきことがおろそかになってしまう可能性があります。

喪主には他の人からいただいた供花を飾るという仕事もありますので、自分が用意する供花は余裕をもって前日までに準備をしておくのがよいでしょう

供花を受け取った喪主がするべきこと

喪主になった場合、供花を受け取った際にもやるべきことがあります。

ここでは葬儀前、葬儀前日、葬儀後に分けてご紹介します。

  • 葬儀前:供花を受け取れるかどうかを知らせる
  • 葬儀当日:お花を飾る(並べ方に注意)
  • 葬儀後:お礼を贈る

葬儀前:供花を受け取れるかどうかを知らせる

最近では、供花を受け取るのを断るケースも増えています。その理由は故人の遺言の他、「葬儀を簡単に済ませたい」「会場のスペースを確保できない」「お礼のお返しが大変」など様々です。

それぞれに事情がありますので、もし供花を受け取れないとなった場合は、お供え物の辞退の旨をお知らせしましょう

受け取りを辞退する際は、葬儀のお知らせと共に「ご厚意辞退申し上げます」または「供花・供物の儀はご辞退申し上げます」と一言添えましょう。

葬儀当日:お花を飾る

供花は祭壇わきに並べられるのが一般的です。

その際に注意しなければならないのが並び順です。祭壇中央の一番近いところに身内の供花、そこから順に友人や会社関係の人のものを置きます。

供花を飾るのも喪主の仕事の一つですので、並べ方で失礼がないように気を付けて配置をしましょう。

葬儀後:お礼を送る

供花をいただいたら葬儀後にお礼状とお返しをするがマナーです

お礼状の送り忘れがないよう、供花をいただいたら名前と連絡先を控えておかなければいけません。

お礼を送るタイミングは香典返しと同じく四十九日の忌明け後、お礼の品の値段はいただいた供花の値段の半分から三分の一が目安です。

送る品は、「消えもの」と呼ばれるお茶や乾物、お菓子、洗剤などの日用品が一般的ですが、昨今ではカタログギフトを送る人も増えているようです。

供物との違い

供花と供物は故人を弔う気持ちを込めて贈るという点では同じです。

供花がお花を贈るのに対して、供物は果物やお菓子、缶詰などの品を贈ります

ただ、キリスト教では供物を贈る習慣がないため注意が必要です。

まとめ

今回は喪主が供花を出す際の注意点、またもらった際にやるべきことをまとめてみました。いかがでしたでしょうか。

喪主は供花のこと以外にもやるべきことがたくさんあり、とても忙しい立場ですよね。

しかし、供花は故人に向けての最後の贈り物なので、慌ただしい中でもご冥福と感謝の気持ちを込めて贈りたいものです。

悔いのないお別れができるよう、参考にしていただければ幸いです。