葬儀のマナーを調べる

初めて喪主を務める事になったけど、マナーやルールは何?

クリス
クリス
  • 喪主としての役割がわからない
  • 喪主としてのルールがわからない
  • マナーとして何が必要かわからない

こういう不安を抱えるのは当然のことだと思います。なぜなら一生のうちで喪主を務める事はそうそうあるものではなく、まして初めて喪主を務める人だと尚更でしょう。

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • 喪主としての役割
  • 喪主として守るべきルール
  • 喪主として必要なマナー

この記事を読むことで喪主の役割やルール、マナーをしっかり理解し後悔することなく故人を見送るというメリットがあります。では早速お伝えしていきます。

喪主としての役割とは

葬儀全般の実務を取り仕切るのは世話役にお任せします。

弔問客や僧侶の対応

葬儀の主催者ですので、喪主は弔問を受けることに専念します。喪主は、僧侶や弔問客のお出迎えやお見送りはしません。どの弔問客にも平等に応対してください。
また。

葬儀前の準備

葬儀当日に届いた弔電の内容や差出人など目を通さなければなりません。また早めに喪服に着替え、葬儀開始前には着席して弔問客を迎えます。

式次第の確認

葬儀全般の実務を取り仕切るのは世話役に任せるとしても、葬儀での席次、供花の置く位置、弔電や弔辞の順番などを確認する必要があります。

弔問客への立ち振る舞い

弔問客の受付が始まる頃には身支度を整え、祭壇の前に座ったままで弔問を受けます。目上の方であろうとも失礼にはあたりません。

葬儀のルール

喪主の決め方

喪主の決め方に法律で定められたルールはありませんが、一般的には遺族の話し合いで喪主が決まります。そして、昔からの通例として、故人の配偶者や子どもなど、故人との血縁関係が近い者が喪主になる傾向があります。

近年は女性が喪主を務めることも珍しくなく、故人の妻や長女などが喪主になるケースが増えています。喪主を決めるときは、通例にそうだけでなく、葬儀の責任者としての役割を担える人物かどうかということも重要になります。

喪主としてのマナー

喪主の挨拶のマナー

  • 忌み言葉は決して使わないようにして下さい。
  • 重ね言葉「重ね重ね」「再三」「たびたび」「ますます」などです。
    これは、不幸が重なると捉えられるため、避けられています
  • 「四」や「九」の数字。「四」は「死」、「九」は「苦しむ」を連想す                るため、縁起が悪いです。るため、避けられています。
  • 死に対する直接的な表現。「死ぬ」「死亡」などです。これは「ご逝去」などに直して使いましょう。
挨拶の流れと例題
  1. 挨拶にかける時間は1~3分ほどが良いでしょう。内容としては、以下の構成に沿って考えましょう
  2. 自分と故人との関係。自己紹介の事です。まず、皆さんと故人との関係を参列者の方々に知らせましょう。
  3. 参列して頂いたことへのお礼。お忙しい中、お越しいただいた参列者の方々にお礼の言葉を述べます。
  4. 生前からの故人との付き合いへの感謝。故人と付き合いのある方々への感謝の言葉を述べます。
  5. 今後のご指導・ご鞭撻のお願い。遺族側への支援をお願いする言葉を述べましょう
  6. また、生前の人柄が分かるエピソードを盛り込むのも良いでしょう。

ここに本文を入力

喪主の男性・女性それぞれの服装マナー

喪主の礼服(喪服)は、男女ともに、和装と洋装のいずれかを選びます。喪主の服装マナーは地域や家柄によって異なることがありますので、心配なときは親族や葬儀社などに事前確認することをおすすめします。

基本的には、喪主の男女ともに、黒を基調とした地味なものを選び、華美なものは避けるということが服装マナーのポイントになります

喪主の数珠マナーと選び方

「数珠(寿珠・念珠)」とは、本来お経や念仏を唱えるときに使用される道具であり、数珠の持ち主を守る「お守り・厄除け」としての役割をもつ仏具になります。

仏式の葬儀では、数珠をもつことがマナーとされています。

男性は「男性用の数珠」、女性は「女性用の数珠」を選びます

【男性用の数珠の特徴】・・・球が大きく、基本的には好きな色を選べます
【女性用の数珠の特徴】・・・球が小さく、地域によっては数珠の房色が決まっています

お礼の挨拶回り

故人が生前お世話になった方や近隣の方々や香典・弔電・供花を頂いた方などに直接お礼の挨拶を行います。世話役やご近所の方、町内会、弔辞を担当してくれた方などには、無事に葬儀を行ったことの御礼と報告を兼ねて、菓子折などを渡します。

まとめ

喪主を務めることは一生のうちそう何度もあることではないので、まして初めて務めるということは大変なことだと思います。あってほしくないが身近な人にその可能性がある人はいろいろと調べて置く必要があると考える。

今は便利な世の中でインターネットで調べることもできますが、経験者が身近にいればその人に聞いてみるのが一番いいかもしれないし葬儀会社に直接聞いてみる事も大事な事だと思う。時間にゆとりがある場合は前もって調べてみる事もよいでしょう。