香典返し・法事返し

香典返しはイトーヨーカドーのカタログギフトがおすすめ!買い方やサービス内容も紹介!

クリス
クリス
  • 香典返しはカタログギフトがいい?
  • カタログギフトってどんなものなの?
  • イトーヨーカドーのカタログギフトはどうなの?

香典返しの品物は飲食物や洗剤など「消えてなくなるものが良い」とされていました。しかし、最近では香典返しの品にカタログギフトがよく利用されています

「香典返しにカタログギフトを贈っても良いのか?」と疑問に思う人がいるかもしれません。ですが、香典返しとしてカタログギフトを送っても失礼になるようなことはなく、安心して利用することができます。

では、なぜ香典返しの贈り物としてカタログギフトが選ばれているのか、その理由を解説していきます。

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • カタログギフトとは?
  • 香典返しはイトーヨーカドーのカタログギフトがおすすめ
  • イトーヨーカドーでのカタログギフトの買い方

この記事を読むことで香典返しはイトーヨーカドーのカタログギフトがおすすめな理由を知ることができるというメリットがあります。では早速お伝えしていきます。

カタログギフトとは?

まず、カタログギフトとは受け取り手が好みの品物を選べるカタログの形にしたものです。

香典返しは品物が受け取った側の好みに合わなかったり、忌み言葉などの連想でタブーとなるような物品を知らずに贈ってしまったりと、贈り物の選択で苦労することも多くありました。

カタログギフトはこういった贈り物にまつわる様々な問題やトラブルを解消するものとして、一般的に利用されています。

しかし、カタログギフトは知っていても、利用したことのない人はどういう風に使うのかわからない人もいるのではないでしょうか。まずは利用の流れについて説明します。

カタログギフト利用の流れ

まず、贈り主の場合は次のような流れになります。

送り主の場合
  1. 先方の好み・予算などを考慮し各メーカーのカタログギフトの特徴や内容を吟味
  2. 予算に合わせてカタログギフトの価格帯の決定
  3. ウェブショップや店舗にて注文
  4. カタログギフトをお相手に手渡し、または配送(メーカーより直送)する

カタログギフトを贈られた方の場合は次のようになります。

贈られた方
  1. カタログギフトの中から好きな商品をチョイス
  2. 申し込みハガキ・FAX・インターネット等によりカタログメーカーへ申し込み
  3. 後日商品が自宅に届く

カタログギフトの利用の流れは上記のようになります。では次にカタログギフトを利用するメリット・デメリットについて解説していきます。

カタログギフトのメリット

香典返しにカタログギフトを利用するメリットを紹介します。

カタログギフトのメリット
  • 受け取った方がカタログの中から好きなものをチョイスできる。
  • 予算を合わせやすい。
  • 贈り主側の品物選びの悩みがなくなる。
  • 既に持っている物や使わない物など不必要な物を貰って困るという事がない。
  • 老若男女を問わず欲しいと思える魅力的な商品がある
  • かさばらず、持ち運びも楽にできる。

中でもカタログギフトを利用する最大にメリットは、カタログギフトを受け取った側が好きなものを選べるという点でしょう。

香典返しをもらったけど好みに合わなかった、なんて経験がある人もいるのではないでしょうか。カタログギフトなら好みに合わせて、受け取った側が欲しいものを選ぶことができます。

カタログギフトのデメリット

カタログギフトを利用するデメリットとしては、次のようになります。

カタログギフトのデメリット
  • 高齢の方の場合、カタログギフトのシステムがわかりにくい。
  • 贈り主の個性が感じられない。
  • 申し込み期限が設けられているため、うっかり期限が切れてしまうこともある。
  • 欲しいものがない、あとで選ぼうと思って忘れてしまうなど、贈り先の方に確実に受け取っていただけない場合がある。
  • 「好きなものを選んで」という形が、相手の方の価値観によっては贈り物として「素っ気ない」「思い出に残らない」などと受け取られる可能性がある。

カタログギフトには、このようにデメリットも存在します。カタログギフトを利用する際には、このようにデメリットも理解した上で利用しましょう。

香典返しはイトーヨーカドーのカタログギフトがおすすめ

香典返しならイトーヨーカドーのカタログギフトがおすすめです!数あるお店の中で、なぜイトーヨーカドーがおすすめなのでしょうか。

理由としては、金額や種類も豊富なラインナップに加え、オプションのサービスも充実しているからです。

それでは、どのようなサービスが整っているのかを紹介していきます。

イトーヨーカドーの香典返しサービス

イトーヨーカドーでは香典返しにカタログギフトを利用した場合、次の3つのサービスが無料でついてきます。

1.ラッピングサービス

大切な人への贈りものも、用途にあったデザインを多数用意してあります。また、商品によって包装を変えることも可能です。

指定のない場合は全て同じ包装になりますので、包装を変えたい場合にはその旨を伝えるようにしましょう。

2.無地袋サービス

イトーヨーカドーでは、香典返しに手提げ袋が必要な場合は無地袋を無料で付けることができます。

ただし、無地袋は注文数量分までの同梱となるのでご注意ください。

3.挨拶状サービス

イトーヨーカドーでは挨拶状を無料で作成してくれます。しかも、礼儀に則した格式のある奉書の巻紙タイプで作ってくれます。

挨拶状作成サービスでは、文例のテンプレートを用意してあり、宗教ごとに異なる箇所は文例を選択でき、迷わずに作ることができます。

イトーヨーカドーでのカタログギフトの買い方

イトーヨーカドーのカタログギフトは店舗、Web通販どちらでも購入することができます。しかし、カタログギフトを購入する際は通販がおすすめ

最大の理由はわざわざ店舗まで行かなくても良いからです。他にも、店舗の場合はおいてあるカタログギフトの数、種類が限られている。店舗ではじっくりと内容を確認できない。このような理由から通販での購入をおすすめします。

では、実際に通販にて購入する場合はどのようにすれば良いのかを説明していきます。

カタログギフトの買い方

カタログギフトを購入する際には次の手順を守りましょう。

1.贈る人数を決める

カタログギフトを買うときには、まずは贈る人数を決める必要があります。香典返しとなるとたくさんの人に贈ることになります。

もしも人数を間違えて注文すると二度手間になってしまいますので、購入する前にしっかりと人数を確認するようにしましょう。

2.ジャンルを決める

カタログギフトと一口でいっても、たくさんの種類があります。

贈る予定の方々がどんなものを好むか、またどんな立場なのかを考慮しながらどういったカタログギフトを贈るかを決めましょう。

3.価格を決める

カタログギフトは、3,000円以下のリーズナブルなものから、50,000円~100,000円ほどもする高価なものまであります。

価格は相手に合わせて変えることが大切です。予算を考慮して、適切な家格のカタログギフトを選びましょう。

ただし、贈るカタログギフトの値段には「システム利用料」というものが含まれている点には気をつけておく必要があります。

4.注文する

ここまでくればあとは注文するだけです。通販または店頭で注文しましょう。

通販でイトーヨーカドーのカタログギフトを購入する場合は、こちらから注文することができます。 →イトーヨーカドー ネット通販

まとめ

いかがでしたか。香典返しはイトーヨーカドーがおすすめな理由について解説しました。

イトーヨーカドーの香典返しは豊富なラインナップに加え、オプションのサービスも充実しているのでおすすめです。

香典返しで迷っている方はイトーヨーカドーのカタログギフトを利用してみてください。