遺産相続

【解説】形見分けと相続との違いとは?相続放棄するとどうなる?

クリス
クリス
  • 形見分けと相続はどう違うの?
  • 相続放棄した場合、形見分けはできないの?

葬儀が終わり、四十九日の法要も終わり一段落したら、今度は形見分けがありますよね。

形見分けは故人が身につけていたものを、親戚や親しい人たちに分けることをいいます。相続とどう違うの?と聞かれたらすぐに説明するにはちょっとハードルが高いですよね。

そして、相続放棄したら形見分けはできるのかどうか、気になるところです。

神様
神様
この疑問に答えるぞい。
本記事の内容
  • 形見分けと相続はこう違う!
  • 相続放棄すると形見分けはどうなるの?

この記事を読むことで、形見分けと相続の違いがわかるようになります。また、相続放棄した場合のメリットとデメリットを知ることができます。

では、早速お伝えしていきます。

形見分けと相続はこう違う!

形見分けと相続の違いを見ていきましょう。

  • 形見分け・・・故人の遺品を親戚や親しい友人たちに分けること
  • 相続・・・故人が所有していた財産(すべての権利や義務)を引き継ぐこと

上記のように、形見分けは故人の「遺品」を分けること、相続は故人が所有していた「財産」を引き継ぐという違いがあります。

では、まず形見分けについて解説します。

形見分けとは?

形見分けはどんな意味があるの?

形見分けは、故人の遺した品物を関係の深かった親族や友人、知人に分ける(贈る)ことをいいます。品物を贈られた人が故人の愛用品を通して故人の思い出をしのぶことができるので、供養になるともいわれています。

クリス
クリス
形見分けをすることが供養につながるなんて素敵だね。
神様
神様
そうじゃのう。故人も浮かばれるのう。

形見分けをおこなう時期は?

形見分けをおこなう時期は特にルールはないようです。一般的には、忌明けの法要が終わってからになります。

親族というのは特別な事情がない限り、なかなか集まらないものですよね。そのため、親族が集まる四十九日法要のあとに形見分けをすることが多いようです。

形見分けについてはこちらの記事に紹介されていますので、ぜひ参考にされてくださいね。

【添削依頼】形見分けはいつまでに行う?トラブルにならないための注意点とは? こういう不安になるのにも理由があります。なぜなら葬儀や法事は、葬儀会社やお寺に依頼すれば良いのに対して、形見分けは遺族が自主的に...

相続とは?

では、次に相続について解説しましょう。

故人が所有していた財産は、故人がなくなった時点で相続が開始します。この時点で相続人は、故人が所有していた財産(すべての権利や義務)を引き継ぐことになります。

これを相続といいます。

相続人は「法定相続人」と「受遺者」があります。

「法定相続人」と「受遺者」の違いとは?

法定相続人は法律で決められた相続権を持つ

「法定相続人」は、法律で定められた相続権を持つ一定の親族を指します。

法律で誰がどのくらいの割合で相続するのかを決められています。例えば故人の配偶者、子、親、兄弟姉妹などが該当します。

受遺者は遺言書によって遺産を譲り受ける

「受遺者」は、遺言書で遺産を譲り受ける人として指定された人になります。

遺言書がある場合は原則、遺言書の内容に沿うことになっているので、一般的に相続権のない第三者が多いとされています。なお、受遺者に代襲相続の権利はありません。

クリス
クリス
遺言書にしっかり記しておけば、きっと相続人の間でのトラブルもなくなるよね。
神様
神様
確かにのう。ただ、人はいつどうなるかわからないから、なかなか難しいところじゃのう。

遺産相続の方法は?

遺産相続をするにあたっては、以下の3種類があります。

遺産相続の方法
  • 単純承認
  • 限定承認
  • 相続放棄

相続の開始を知った時点から3ヶ月以内に、どうするかの決断が必要になります。それぞれどう違うのか、見ていきましょう。

単純承認とは?

相続の開始を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し出なかった場合は、無条件でプラス財産、マイナス財産をすべて相続します。

一般的な相続はこの単純承認が多いとされています。

クリス
クリス
マイナス財産がプラス財産を超えた場合は、相続人が支払わなければならないんだよね。
神様
神様
そうじゃ。だから、よく考えないといけないこともあるんじゃ。

限定相続とは?

相続の開始を知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に申し出る必要があります。

限定相続は、プラス財産から借金などの返済義務を負います。プラス財産の範囲内で支払うので、相続分を超えた借金は負担しません。

これは故人(被相続人)の財産がプラスなのかマイナスなのか不明な時に有効とされています。しかし、相続人全員で共同で行う必要があり、また手続きが煩雑なため、他の2種類に比べて限定相続を選択するケースは少ないようです。

神様
神様
相続人全員が同じベクトルを向いていればいいのじゃが・・・いわゆる大人の事情で手続きがなかなか進まないこともあるそうじゃの。人間は面倒を避けたがる生き物じゃからのう。

相続放棄とは?

相続の開始を知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に申し出る必要があります。

相続放棄すると、初めから相続人ではないとみなされます。文字どおり、プラス財産もマイナス財産も一切引き継がない「放棄」になります。

相続放棄は、故人(被相続人)の財産がマイナス財産がプラス財産を明らかに超える場合などに有効とされています。初めから相続人でなかったことになるので、代襲相続も認められないことになります。

相続放棄しても、連帯保証人の場合は「連帯保証人になっている債務の支払い」は免れません。

なお、相続についての詳細はこちらの記事に紹介されています。

【トラブル防止】相続で揉めないために知っておきたい事前知識! こういう不安になるのにも理由があります。なぜなら相続って普段から触れるような話題でもないですし、法律の知識とかが必要なのでどうし...
クリス
クリス
なるほど、相続放棄するとそもそも相続人でなくなるんだね。あ、そうすると、形見分けもできなくなるの?
神様
神様
おお!いいことに気がついたのう。これから説明するぞい。

相続放棄したら形見分けに影響があるの?

ちょっと相続についての説明が長くなってしまいましたが、形見分けと相続の違いがわかったのではないでしょうか。

では、相続放棄した場合、形見分けにどのような影響が出るのでしょうか。

遺品整理をする資格がなくなる

相続放棄すると、最初から相続人でなかったことになりますよね。

そのため、原則遺品整理をする資格もなくなります

ただし、例外として市場価値のないものについては処分が可能とされています。処分の際には特に上限金額などが明確にされていないため、注意が必要になります。場合によっては専門家に相談が必要な場合があります。

遺品整理とは?

故人が生前に使っていたものを整理することをいいます。形見分けの前に「貴重品」「故人が愛用していたもの(形見)」「再利用できるもの」「廃棄するもの」などに分ける必要があります。トラブルを防ぐために、親族と話し合って進めることが推奨されています。

形見分けはできる?

相続放棄すると、遺品整理をする権利もなくなることがわかりました。

では、形見分けはできるのでしょうか?

結論からいえば、相続放棄しても形見分けはできます

一般的に通常の形見分け程度であれば、財産の処分に当たらないとされています。つまり、形見分けで贈られた遺品にどれだけ金銭的価値があるかがポイントになってくるということになります。

たとえば、毛皮や高級ブランドのバッグなどは、ものによっては金銭的価値があるとみなされることがあります。

そのため、相続放棄したあとにこれらを受け取ると「単純承認」とみなされるケースもあるようですので、気をつけましょう。

ただ、形見分けについては具体的な基準はないようです。明確でない金銭的価値については、専門家に相談したほうが親族も納得感があるのではないかと思います。判断に迷うときは、トラブルを起こさないためにもぜひ専門家に相談することをおすすめします。

クリス
クリス
相続放棄しても形見分けはできることがわかったけど、何をもらうかによって注意が必要なんだね。
神様
神様
そうじゃ。本人は金銭的価値がないものと思っていても、実は金銭的価値があるものだったという話も聞くから、専門家に相談したほうが無難なのじゃ。

まとめ

いかがでしたか。

ここでは、形見分けと相続の違いと、相続放棄をしたら形見分けはできるのか?について説明しました。

まとめ
  • 形見分けとは、故人の遺品を親戚や親しい友人たちに分けること
  • 相続とは、故人が所有していた財産(すべての権利や義務)を引き継ぐこと
  • 相続放棄しても形見分けはできるが、金銭的価値のあるものを受け取らないようにする

もし相続放棄することになった場合は、トラブルに巻き込まれないように形見分けで分けてもらうものに気をつけるようにしましょう。