香典返し・法事返し

【これで迷わない!】会社への香典返しは菓子折りがオススメ!のしでは無く掛け紙?

クリス
クリス
  • 香典返しって何を選べばいいの?
  • 香典返しは掛け紙?
  • 香典返しのマナー

香典返しを初めてする時は、会社の香典返しに何を選べばいいか分からないですよね。それもそのはずです。一度経験された方でも、葬儀はあまり頻繁に起こるものではありませんので、慌てた対応になってしまうことがあります。また記憶が曖昧になっている部分もあると思います。

特に初めて対応するのであれば、何を贈ればいいのか分からない方もいますよね。

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • 香典返しの定番の品
  • 香典返しは【のし】ではなく【掛け紙】
  • 香典返しのマナー
  • 会社への香典返しは、お菓子がオススメ

この記事を読むことで、初めて香典返しをする方は正しくマナーを学びながら、行うことができます。経験のある方や初めて対応する方にも、なぜ会社への香典返しが、菓子折りがおすすめなのか、分かりやすくお伝えしていきます。

では早速お伝えしていきます。

香典返しのまでの流れ

そもそも、香典返しの時期はいつ頃になるのでしょうか。葬儀からの流れも色々とあり、どのような流れなのか分かりにくいですよね。私も家族の葬儀の経験がありますが、日常生活もあるなかで、法事の準備をするのは大変そうでした。

少しでも全体の流れを把握することで、先に少しずつ準備することができます。そこで、こちらの葬儀からの流れを、まとめてある表をご覧ください。

画像引用:TAKASIMAYA

こちらの画像を見ていただくと、全体の流れが分かりやすいと思います。そして、香典返しは四十九日かその日までに行いましょう。また、参列される方がいる場合は、集まりやすい四十九日前の週の休日に行うことも多いです。

しかし、気を付けていただきたいのが、四十九日より前に法事を行うことは、問題ありません。ただし、四十九日より後日になるのは故人様の魂が迷ってしまうと、言われています

そのため四十九日以降にならないように、ご注意ください。

香典返しのマナー

【熨斗(のし)】と【掛け紙】の違いはご存じでしょうか。ちなみに私は、【熨斗】は知っていたのですが、【掛け紙】との違いはあまり理解できていませんでした。そちらを詳しく説明していきますね。

熨斗と掛け紙の違い

熨斗とは、慶事などめでたい行事の時に用いられます。下の図のように構成されています。

画像引用:MITSUKOSHI

一方【掛け紙】は下の図のようになります。上の【熨斗】と比較していただくと熨斗がないのと、水引の形が異なっているのが分かりますよね。

画像引用:MITSUKOSHI

クリス
クリス
僕は今まで、熨斗だけしかないと思ってたんだ。香典返しには、掛け紙なんだね!二つの画像を比較すると、分かりやすいね!
神様
神様
うむ。 熨斗と異なる点は大きく2つじゃ。掛け紙には、熨斗が無いのと水引の形が異なっておる。くれぐれも間違えないようにするんじゃぞ。

掛け紙の種類

実は、掛け紙の種類は三種類あります。三種類の違いはあるのでしょうか。そこで、それぞれの違いを一つずつお伝えします。

掛け紙の種類
  1. 蓮あり黒白熨斗
  2. 蓮なし黒白熨斗
  3. 黄白熨斗

蓮あり黒白熨斗

蓮あり黒白熨斗は、一般的的に仏式に使用されている掛け紙です。下の画像のように、黒と白の水引と蓮が描かれています。

蓮が描かれている熨斗が使用できるのは、仏式のみです。

 

画像引用:よみものTHE GIFT

蓮なし黒白熨斗

蓮なし黒白熨斗仏式だけでなく、神式やキリスト教など仏事全般に使用することができます。仏式の場合は、蓮がある上記記載の熨斗ですが、それ以外はこちらが一般的です。

画像引用:よみものTHE GIFT

黄白熨斗

黄白熨斗関西地方の一部で一般的に用いられます。また、蓮が描かれていないことも特徴の一つです。仏式以外に使用できます。しかし、上でも記載した様に蓮が描かれていないため、仏式には使用できません。

画像引用:よみものTHE GIFT

掛け紙の表書き

上でも、お伝えした掛け紙にも、表書きにも種類があります仏式やキリスト教などによって異なりますので、こちらもご確認ください。

宗教に関わらず使用できる表書き

掛け紙の表書きは、基本的には【志】と書きます。【志】には、諸説ありますが、二つの意味合いがあると言われています。

志】の意味
  1. 【志】には、気持ちという意味があります。
  2. 気持ちばかりのお返しという意味があります。

これらの理由から、使用されるようになったようです。

仏式の表書き

関西地方によっては、【満中陰志(まんちゅういんし)】と書かれることが多いです。または、【忌明志(きめいし)】または、【忌明】と書く場合もあります。

地域による慣習により異なる場合があります。不安な方は、葬儀会社へ問い合わせて、ご確認することをお勧めします。
【満中陰志】の意味

満中陰:故人様がお亡くなり、四十九日経過したことを意味する仏教用語です。【中陰】は、故人様がなくなってから、次の生をうけるまでの中間の期間とされています。
:上記に記載した通りの二つの意味合いがあります。

【忌明志】の意味

忌明(忌明け):仏教における考えである中陰(上記で解説しています)が明けることを意味します。故人様がお亡くなりになり、四十九日(七七日忌)を忌明けとして営む法要を忌明け法要と言 います。
【志】:上記で解説した同じ意味合いがあります。

これらの言葉が合わさることで、「皆様のおかげで四十九日の法事を終えて、無事に忌明けを迎えることができました」という感謝を表す言葉になります。

 

神式・キリスト教の表書き

実は、神式やキリスト教には、香典返しの習慣はありません。「え!香典返しを用意しなくていいの?」と疑問に思われた方もいると思います。ただ、神式では「五十日祭」でキリスト教では「三十日目の追悼ミサ(カトリック)」または、「一ヵ月目の召天記念(プロテスタント)」香典返しにあたる品を用意する必要があります。

また、神式・キリスト教の表書きには【偲草(しのびぐさ)】と書きます。

偲草の意味

故人様を偲ぶ思いや気持ちを表す言葉

香典のマナーをさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をお読みください。掛け紙に名前が無い時の理由や、お礼状、気を付けるポイントが分かりやすく書かれています。
香典返しの「のし」に名前がない!?その理由と注意点を徹底解説します! 生前お世話になった人や親族のお葬式、その香典返しについている紙に名前が書かれないことがあるようです。 名前を書いてある時と...

香典返しの予算

さて、香典返しのマナーについて分かったところで、実際に香典返しを購入する際の金額についてご説明します。金額については、地域で異なることがありますが、いただいた香典の金額の半額を目安にするのが一般的です。

また、香典返しの金額が三分の一でも良い場合があります。その場合とは、その家庭の働き手が亡くなった場合や、未成年の子供を持つ家庭という状況である場合です。これは、香典返しにお金を使わずに、今後の生活のために使ってほしいという参列者の配慮があるからです。

菓子折りは香典返しの定番の品

冒頭でもお伝えした通り、この記事でお勧めしたいのは、会社で香典返しを贈るときに適している菓子折りです。菓子折りを選ぶ理由を、下にまとめました。

菓子折りが選ばれる理由
  1. 消耗品である:上でも説明させていただきましたが、香典返しには形が残らないものが適しています。
  2. 種類が豊富で選びやすい:年齢・性別を問わず喜ばれる
  3. 個包装になっている:一人一人に配りやすい

また、上にもまとめた通り、菓子折りと一言でいってもたくさんの種類があります。例えば、和菓子や洋菓子などゼリーなど種類があるので時期や会社の方々のご年齢に合わせて選ぶこともできます。

暑い時期には、ゼリーを贈ると喜ばれますし、年配の方にはせんべい・おかき・まんじゅうなどを選ぶこともできます。

香典返しギフト専門サイトを活用する

会社の香典返しの贈り物は、菓子折りが良いとお伝えしました。しかし、会社だけでなくたくさんの香典返しを用意しないといけない場合は、一つ一つ探すのは大変ですよね。そこで、おすすめしたいのが香典返し専門のサイトです。

香典返し専門のおすすめなサイトについては、こちらの記事に詳しく書かれているのでご確認ください。他のサイトと比較してオススメな所と値段などで比較してあるので自分に合ったサイトが分かります。また、お礼状を作成してくださるサービスがあるところもあるのでご確認ください。

【2021年最新】香典返しにおすすめのギフト専門サイトランキング 「香典返しの品物を選ばなくてはいけない!」 さて、みなさんはどうやって選ぶでしょうか?選択肢が多いこの時代、情報収集だけで...

まとめ

今回のまとめ
  • 香典返しの時期:故人様が亡くなってから四十九日か、その前に行う
  • 香典返しは掛け紙:熨斗と水引の形が異なっているのが、掛け紙
  • 掛け紙の種類:蓮あり黒白熨斗・蓮なし黒白熨斗・黄白熨斗の3種類
  • 掛け紙の表書き:①宗教に関わらず使用できる【志】②仏式は【満中陰志】、【忌明志】
    ③神式・キリスト教は【偲草】
  • 香典返しの予算:一般的には、いただいた香典の半分の金額が目安
  • 香典返しの定番:形に残らないお茶・海苔・お菓子または、生活用品が人気
  • 香典返しはお菓子:お菓子を選ぶ理由①消耗品である②種類が豊富で選びやすい③個包装になっている
  • ギフト専門店を活用する:サービスが充実している、香典返しの品が選びやすい

いかがでしたでしょうか。今回の記事は、香典返しのマナーや会社の香典返しで菓子折りをお勧めさせていただきました。葬儀からいろいろな法要があり、ご遺族の方は忙しいと思います。

この記事が、香典返しを選ぶ際の参考になれば幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。