香典返し・法事返し

お盆の香典返し、のしはどう書く?気になるマナーやおすすめのギフトも紹介します!

クリス
クリス
  • お盆の香典返し、のし紙の書き方が分からない
  • 香典返しのとき気をつけることって?
  • お返しにはどんなものを選ぼう?

家族が亡くなって初めてのお盆には、葬儀のとき香典をくれた方々にお返しをすることが多いですね。

しかし、のし紙の書き方や選び方など、お祝いとは違うマナーに戸惑うこともありませんか?

また、どれくらいの金額で用意したらいいのか、何を送ったら喜ばれるのかも気になるところですね。

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • お盆の香典返し
  • 香典返しのマナー
  • おすすめの品物

この記事では、香典返しの「のし紙」の掛け方やマナー、そして香典返しにおすすめのものは何か、ご紹介します。

初盆の香典返しで、のし紙のことやマナーのことで困っている方、ぜひ参考にしてくださいね。

香典返しの「のし紙」

最初は、多くの人が戸惑うであろう「のし紙」について解説していきますね。

香典返しにはのし紙を掛けることが多いですが、どんなものを選んだらいいのでしょうか? また、どんな風に掛けたらいいのでしょうか?

【選び方】水引の形と色

のし紙にも種類がたくさんあり、香典返しにはどんなものを使えばいいか困っている方もいらっしゃると思います。

水引は結び切りのものを

水引とは、のし紙に描かれているリボンのようなものです。香典返しでは、これが結び切りの形になっているものを選びます。

結び切りとは?

画像引用:アンテノール

このような結び目になっているものを「結び切り」と言い、これには「二度と繰り返さないように」という意味があります。

葬儀などの弔事のほか、病気のお見舞いなどにも使われる水引です。

結び切りののしには、赤白、白黒、黄白、双銀の4種類がありますが、香典返しの時は白黒または双銀を使います。関西などの一部地域では黄白を使うそうです。

ちなみに、赤白は病気のお見舞いなどに使います。

誰かが亡くなることは、二度と繰り返したくないことですよね。それで、葬儀に関することでは必ず結び切りの水引が使われます。

【書き方】「志」と「差出人の苗字」

のし紙はこのように書きます。上には「初盆志」と書く場合が多いです。

地域によってもさまざまな書き方があり、初盆志のほかに「志」「初盆会」「初盆供養」「新盆志」「新盆供養」などと様々な書き方があります。

迷ったり、住んでいる地域でどう書いているのか分からなかったりする場合は「志」とだけ書いておけば大丈夫です。

「志」の字は、「お気持ち」という意味で使われています。

そして、下には自分たちの苗字を書きます。「〇〇家」と書くのが一般的ですが、最後に「家」をつけず苗字だけを書いても差し障りはないようです。

最近では、喪主のフルネームが書かれることも増えてきたのだとか。いずれにせよ、贈り主の苗字が分かるように書きましょう

掛け方

のしの掛け方には「外のし」「内のし」がありますが、お盆の香典返しでは基本的に「内のし」で渡します。

  • 「外のし」とは、品物を包装して、その上からのし紙を掛けるやり方です。
  • 「内のし」とは、品物に直接のし紙を掛けて、その上から包装するやり方です。

香典返しの品物は持ち歩かれることが多いため、のしを外側に掛けると破れてしまう可能性があるということもあって内のしの方式がとられています。

「のし紙」と言うけれど

香典などに使うのし紙は、正確には「掛け紙」と呼びます。

本来、のし紙は慶事(おめでたいこと)、掛け紙は弔事(不幸なこと)に使われるものという風に呼び方が違うんです。

しかし、どちらも「のし紙」と呼ぶほうが一般的なので、この記事でも香典返しに掛ける紙を「のし紙」と呼ばせていただいています。

香典返しのマナー

のし紙の他に気になるのが、金額や渡し方などのマナーですね。

金額はどのくらいがいいの?

香典返しの金額は、いただいた香典の3分の1〜半額程度が妥当です。もし高価なものをくれた方がいたら、後から個別に渡すのも良いでしょう。

どうやって渡す?

香典返しをどのように渡すのかは、親戚がどこに住んでいるか、どれくらいいるかで変わってきます。

ほとんどの親戚が近くに住んでいる場合であれば、手渡しで問題ないでしょう。また、遠くから家に来てくれた方にも、手渡しした方が喜ばれると思います。

しかし、親戚がバラバラに住んでいたり、来るのが厳しそうだったりするときは、郵送するという手段が良いでしょう。送料は掛かりますが、確実に配ることができます。

郵送する時は、ちょっとした挨拶状も一緒に送ります。

挨拶状の例文

このたびは初盆を迎えるにあたり、過分なるお心遣いをいただきまして厚く御礼申し上げます。

つきましては、お心ばかりの品を贈らせていただきます。ささやかではありますが、どうぞお納めくださいませ。

簡単ではございますが、お礼のご挨拶とさせていただきます。

挨拶状はネットでも買うことができるので、たくさん親戚がいる場合も安心です。

「初盆」の定義

今更ですが、初盆とはどういったものなのでしょうか?

クリス
クリス
初盆って、故人様にとっての初めてのお盆ってこと?
神様
神様
そういうことじゃな。

もっと正確に言えば、故人が亡くなって四十九日が開けてから初めて迎えるお盆のことじゃ。

だから、お盆の期間にまだ四十九日が経っていなければ、初盆は次の年のお盆になるぞい。

もしお盆に近い時期に家族が亡くなってしまった場合は、次の年が初盆ということになります。

お盆の時期が違う?

また、お盆の時期が新暦の地域と旧暦の地域があるのはご存知でしょうか?

お盆といえば8月の半ば頃ですが、1ヶ月ほど早い7月の半ば頃がお盆になる地域もあるのだそうです。

お盆が旧暦(7月)の地域

お盆の行事を7月に行うのは、

  • 首都圏(特に東京・横浜)
  • 南西諸島(沖縄周辺)
  • 静岡県の一部

などの地域です。

こればかりは住んでいないと分からないので、皆さんもお盆の時期を確認してみてくださいね。

【人気】香典返しにおすすめの商品

ここからは、お盆の香典返しにおすすめのものをご紹介しますね。

香典返しの品は持ち運ばれる時間が長いので、なるべく小さくて軽い、かさばらないものを選びましょう。

食品

香典返しの定番はやっぱり食べ物。お盆の時期は一年で最も暑いので、日持ちするもの、夏においしく食べられるものが人気です。

そうめん

最近、お盆の香典返しで一番人気のそうめん。暑くて食が進まないときもおいしく食べられる、夏の定番メニューですね。

元々茹でられているタイプ、かたい麺を自分で茹でるタイプがありますが、日持ちするので後者の方が選ばれます。

のり

意外なことに、のりも人気です。パリパリした食感はもちろんのこと、薄くて軽いので持ち運びにピッタリです。

また、乾いているので、悪くなってしまうのではないかという心配もしなくて済みますね。

調味料の詰め合わせ

調味料は、香典返しのとき以外でもギフトとして人気の品です。

「買っても中途半端に余してしまうけれど、持っていないとそれはそれで不便」とお悩みの方も多いと思いますので、たくさんの種類の詰め合わせはうれしいですね。

お菓子

水ようかん、ゼリーなどのお菓子も人気です。瑞々しいお菓子でありながら、思ったより賞味期限が長いものが多いですよね。

また、故人様が好きだったお菓子を香典返しに配ることもあります。一緒に食べているような気持ちになれるのも、大きな魅力ですね。

日用品

香典返しには、食品だけでなく日用品もおすすめです。日頃使えるものをもらえるのも、うれしいことでしょう。

洗剤

洗剤は使ってなくなるものなので、香典返しの品として人気があります。

特に使用頻度が高い台所用の洗剤は喜ばれます。なるべく軽くて小さいものを選びましょう。

タオル

軽くてどこでも使えるということで、タオルも人気があります。何枚あっても困らないですよね。

普通のタオルより、少し肌触りがいいものを選んでみるといいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここで、本記事の内容をもう一度おさらいしてみましょう。

おさらい
  • のし紙は結び切りで、白黒や双銀の水引を選ぶ。関西などでは黄白
  • 持ち運ばれるため、内のしにしたほうがいい
  • 金額は、もらった香典の3分の1〜半額程度に
  • 手渡しするか郵送するかは、それぞれの状況に合わせて
  • 実はお盆が7月の地域もある
  • 香典返しの品物は、日持ちする食べ物や日頃使える日用品がおすすめ

香典返しは少し難しいマナーもありますが、のし紙の書き方や選び方などの意味が分かれば思ったより送りやすいと思います。

袋の中にはお礼の品と一緒に、感謝の気持ちもそっと入れてくださいね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。