香典返し・法事返し

香典返しと即日返しは何か違う?どんなメリットがある?相場はどのくらい?

クリス
クリス
  • 即日返しって香典返しとは違うの?
  • 相場ってどのくらい?
  • 高価なものを頂いたけど、お返しに何を選べばいいんだろう?

香典返しの場面で最近「即日返し」が増えています。即日返しとはその名の通り、葬儀当日に香典返しを済ませてしまうことです

お返しを早く渡すことができるほか、遺族側も負担が少ないことで最近注目されています。

しかし、相場はどのくらいなのか、またどんなものを渡したらいいのか、気になるところです。

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • 香典返しにおける「即日返し」
  • 即日返しの相場
  • 即日返しにおすすめの品物

この記事では、香典返しを即日行う場合の相場やおすすめの品物についてご紹介します。

香典返しには色々なやり方があるので迷うこともあると思いますが、ぜひ参考にしてください。では、早速お伝えしていきます。

即日返しってどういうもの?

そもそも、即日返しはどのようなものなのでしょうか? 一般的な香典返しとはどういう違いがあるのかも含めて、見ていきましょう。

即日返しとは

即日返しは、葬儀の当日に香典返しを済ませてしまうことを指します。手頃な値段の品をあらかじめ揃えておき、葬儀の当日に香典をくださった方全員へ配ります。

似たような言葉で「当日返し」というものもありますが、意味はどちらも変わりません。

どういうタイミングで返すのかは地域によって差がありますが、特に東北や関東ではこの「即日返し」をしているところが多いのだそうです。

一般的なのは「忌明け返し」

香典返しには先程の即日返し以外に、忌明け返しという返し方もあります。

一般的な香典返しは、この「忌明け返し」を指すことが多いです。香典返しは基本的に、それぞれの宗派で決められた忌明けの後に行われるようです。

香典返しのタイミングや、各宗派の忌明けの日がいつなのかなど、下記の記事に詳しいことが書いてありますので、よろしければご覧ください。

【気になる】香典返しをするのに最適なタイミングとは?お礼の品、いつまでに渡そう? 葬儀で香典をもらったとき、お返しをいつしたらいいか分からず悩む方も多いと思います。 誰かが亡くなると、葬儀の準備やさまざま...

即日返しのメリットとデメリット

即日返しはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

メリット

即日返しは直接渡すものなので、配送する手間と費用が抑えられるという大きなメリットがあります。

また、後々のことを考える必要がなくなります。葬儀の後も納骨や法要などで忙しくなりますが、そんな中で香典返しの準備まで考えるのは辛いです。

即日返しにはそういった心配もありません。葬儀の前に手配するのは大変ですが、みんな同じもので構わないので、選ぶ手間も少なくできます。

デメリット

一方デメリットは、数が合わない場合があることです。香典をどのくらいもらうかが分からないので、足りなくなってしまうこともあるため少し余分に買いましょう。

また、葬儀では参列者全員に配る会葬御礼というものがあり、即日の香典返しはこれと間違われてしまうことがあります。

即日返しの相場

次は、即日返しの相場について見ていきましょう。通常の香典返しと即日返しでは、何か違うところはあるのでしょうか。

お返しに最適な値段は

即日返しの相場は2,000~3,000円となっています。

香典返しは頂いた香典の半額~3分の1程度の値段で送りますが、だいたいの香典は5,000~10,000円であるためこのくらいの相場になっています。

香典をくださった方全員に同じものをお返しします。個別に対応ができないので、ひとまずこのくらいの値段のものを配ります。

高いものをいただいたら

関係性によっては(そうでなくとも)、ときどき高額の香典を頂くことがあります。

クリス
クリス
もし3万円の香典だったら、お返しは1万円~1万5,000円くらいかなぁ?

半分~3分の1で計算するとこうなりますが、あまり神経質にならなくて大丈夫です。

忌明け後に改めてお返ししよう

少し高めの香典をいただいた場合は、(頂いた香典の値段-渡した即日返しの値段)÷2くらいのものを忌明け後にお返ししましょう。

だいたいの目安なので、計算は正確でなくて構いません。

また、5万円や10万円ぐらいの高額の香典は「今後の生活にお役立てください」「ささやかですが葬儀の足しにどうぞ」という意味もあります。

この場合は、3分の1~4分の1程度の品物を忌明け後に改めてお返しすれば充分です。

こっそり特別な品を用意してもOK

全員に同じものを、というのが基本ではありますが、親しい人にはあらかじめ少し高額なものを用意しておくという手段もあります。

この場合は箱の大きさやデザインを揃え、特別な品だということが外から分からないようにしましょう。

無理のないやり方で

ここまで様々な方法をお伝えしてきましたが、悲しみに暮れる暇もなく次から次へとやることが出てきます。

そのため、すっかり疲れ切ってしまうことも想像に難くありません。どうか無理のない方法で、お礼の気持ちを伝えてくださいね。

即日返しにおすすめの品物

手軽にお返しすることができる即日返しですが、一体どんな品物がおすすめなのでしょうか?

軽くてかさばらないもの

いろいろな品物がありますが、「軽い」「かさばらない」というところに重点をおいて選ぶのが賢明です。

参列者の中には、遠くから来ている方もいらっしゃいます。そうでなくとも、荷物が多くなってしまうのは避けたいところですね。

食べて、使って、消費できる「消えもの」

香典返しでは「消えもの」と呼ばれる、食べ物や日用品などがおすすめです。誰かが亡くなる不幸を後に残さないようにという願いがあり、消えものが好まれています。

食べ物

生の肉や魚でなければ基本的に何でも大丈夫ですが、持ち帰る途中で悪くならないもの(日持ちするもの)を選びましょう。

お菓子、乾物(海苔など)、調味料の詰め合わせなどが人気です。故人様が好きだったお菓子を配るのもいいですね。

日用品

日用品は、洗剤や石鹸、タオルなどが人気です。ただし、洗剤やタオルは物によっては大きいので、鞄に余裕で入るくらいの小さい品を選びましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここで、本記事の内容をもう一度おさらいしてみましょう。

おさらい
  • 即日返しは、葬儀当日に香典返しを済ませること
  • 費用と手間が抑えられ、また後々のことを考える心配がないというメリットがある
  • 数が合わない可能性が出てくる、また会葬御礼と間違われやすいというデメリットがある
  • 高額なものをもらったら、忌明け後に改めて返すと良い
  • 親しい人にはこっそり特別な品を用意してもよし
  • 消えもの、かさばらないものを選ぼう

葬儀というのはやることがとても多いですよね。香典返しのことまで考えるのは大変ですが、即日返しにすると少し楽になる部分もあるのです。

記事の中でもお伝えしましたが、より自分に合った無理のない方法でお返しの品を用意してください。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。