香典返し・法事返し

香典返しを頂いたらお礼は必要?迷惑になる?お礼を伝える時の伝え方も解説します!

クリス
クリス
  • 香典返しをもらったけど、お礼の品は準備するもの?
  • お礼を伝えるときはどんなふうにしたらいい?

親戚や知人の葬儀で香典を送ると、多くの場合お返しである香典返しが届くと思います。

香典返しに、ちょっと高級なタオルやおいしいお菓子などをもらって「お返ししたほうがいいのかな?」ということが気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • 香典返しへのお礼の品は必要?
  • 香典返しへのお礼のしかた
  • 香典返しに込められた意味

この記事では、「香典返しをもらったときにお礼の品が必要か」ということを中心に、香典返しについての情報をいくつかご紹介します。

では早速お伝えしていきますね。

香典返しのお礼は必要?

まずは一番気になる、「香典返しをもらったらお礼が必要か」というところを見ていきましょう。

【結論】お礼やお返しは必要なし! 返すと逆に失礼にあたる?

香典返しへのお礼は、基本的に必要ありません。香典返しは、香典をくれた方へのお礼の品です。

香典返しへのお礼ということはお礼へのお礼ということ、すなわちお礼を重ねることになります。

弔事の場合「お礼を重ねる」ということは「不幸が重なる」ことを連想するため、かえって失礼になってしまうのです。

平常時のお土産やプレゼントであれば「お返しのお返し」なんていうこともありますが、誰かが亡くなった時はやめておきましょう。

お礼の気持ちを伝えたいときは

お礼の品が必要ないとはいえ、何も送らないでいると「本当にいいの?」と気が気でないところですよね。

しかし「香典返しをいただいたらお礼をするべき」というようなマナーはないので、何もしなくても決して失礼にはあたりません

むしろ遺族側の手間を増やしてしまう可能性があるため、近い親族以外には「お礼」という形で品物や言葉を送るのはやめておいた方が賢明です。

「どうしてもお礼をしたい」というときは、極力手紙や葉書などで手短に伝えましょう。その際は、香典返しを無事受け取ったというご報告、相手への感謝(労い)の言葉を伝えましょう。

この際、「重ね言葉」を使わないよう注意しましょう。「ますます」「またまた」「くれぐれも」「重ね重ね」といった繰り返す言葉が、これに当たります。

葬儀の場で「重ね言葉」は「不幸が重なってしまう」ということを連想してしまうため避けるのがベターです。先程の「お礼へのお礼」と同じような意味合いですね。

「口頭で伝えるだけだと失礼にならない?」と考えていた方もいらっしゃると思いますが、これに関しては口で伝えたり文章で送ったりした方がむしろいいのです。

【衝撃】「ありがとう」は禁句!?

先程「重ね言葉」のお話をしましたが、香典返しのお礼に「ありがとうございます」「お礼申し上げます」という言葉もふさわしくないのだそうです。

普段使っている言葉であり、そしていい言葉だからこそ、これは戸惑いますね。

「逆に何て言えばいいの?」というところですが、

  • ありがとうございます→恐れ入ります恐縮です
  • お礼申し上げます→ご挨拶申し上げます

という表現がベターとされています。正しい言葉遣いでご遺族を労いましょう。

お礼の言葉、どう伝える?

「お礼を伝えるならどのように伝えたらいいの?」というところも気になりますね。表現や文面のマナーなどを知る機会は少ないのではないでしょうか?

お礼を何らかの形で伝えたい方は、是非ご参考になさってくださいね。

手紙、葉書で伝える

やはり、一番いい方法は手紙もしくは葉書です。なお、このように文章で伝える場合は手書きにした方が好ましいです。直筆で書いてこそ気持ちも伝わります。

手紙の文例

拝啓 立秋とは名ばかりで暑い日が続いておりますが、ご家族の皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

本日、いただいたお品物を受け取りました。ご丁寧なお品物をいただき大変恐縮しております。

これから季節の変わり目となりますので、皆様どうかお身体には気をつけてお過ごしください。

略儀ながら、書中をもちましてご挨拶とさせていただきます。 敬具

令和●年▲月■日

最初と最後に「拝啓」「敬具」はきちんと使うようにしましょう。日付は、手紙(葉書)を出す日を書きます。

手紙でも重ね言葉を使わないように気をつけましょう。特に「くれぐれも」という表現をつい使ってしまうことが多いかと思います。

「くれぐれもお身体には」というととても丁寧ですが、重ね言葉になってしまうため、この場合は「どうかお身体には」などの表現に言い換えましょう。

また「ありがとうございます」は「恐れ入ります」に、「お礼申し上げます」は「ご挨拶申し上げます」に言い換えると失礼なくお礼を伝えられます。

電話

近い親族であれば、電話でお礼を伝えることもできます。なお、知人などには電話でお礼を伝えることも避けた方がいいようです。

電話の時は、「お礼」というところよりも「香典返しを受け取りました」という報告のほうに重点をおいて話すのがポイントです。

電話での例文
  • ご丁寧なお品をいただき大変恐縮です。健康には気をつけてお過ごしください。
  • 本日無事お品物を受け取りました。お心遣いいただき恐れ入ります。その後はいかがお過ごしでしょうか?

このように、香典返しが無事届いたことの報告とともにご遺族への労いの言葉を届けるといいですね。

電話の際、長くならないように注意しましょう。

香典返しは、全員へ同じ時期に配ることが多いです。そのため、他の参列者から「香典返しのお礼」が殺到している可能性があります。

ご遺族は大切な人を亡くしたばかりのときに葬儀や諸々の手続きをして、疲れている中で香典返しまで準備しています。

その点を考えても、やはり長電話は避けたいところですね。

ところで「香典返し」ってどんなもの?

ここまで、もらった香典返しへのお礼についてお伝えしてきましたが、そもそも香典返しにはどのような意味があるのでしょうか?

香典返しも「お礼の気持ち」

香典返しは、参列者の皆さんへ「おかげさまで滞りなく葬儀を進められました」「おかげさまで故人も無事に成仏できました」というお礼の気持ちを表すものです。

【多様化】現代の香典返し事情

香典返しはどこの地域でも出すものと思われがちですが、最近では葬儀のやり方が多様化しているのと同じように、香典返しの仕方も多様になっています。

「当日返し」がメインの地域も

香典返しは基本、四十九日の法要後に渡す忌明け返しが主流です。

しかし、主に東日本(東北、関東、中部など)では葬儀当日にささやかな品物を配る「当日返し」を行っています。

当日返しでは、お手頃な値段の品物を用意して全員に同じものを配ることが多いです。遺族側の負担が少ないため、おすすめの方法です。

忌明け返しや当日返しのことをもう少し詳しく書いている記事がありますので、是非こちらもご覧ください。

【気になる】香典返しをするのに最適なタイミングとは?お礼の品、いつまでに渡そう? 葬儀で香典をもらったとき、お返しをいつしたらいいか分からず悩む方も多いと思います。 誰かが亡くなると、葬儀の準備やさまざま...

「お返しはいらないから、お金は生活に使って」

北関東(主に群馬県)では、香典をとても安いもので済ませ、お返しを求めない新生活」というスタイルが見られます。

これは、ご遺族への負担を減らすために考えられたものです。葬儀関係はかなりの出費になるので、これはありがたいですね。

参列者は、葬儀のとき香典袋に「お返し辞退」と書いたラベルを貼って、中に千円札を包むということをします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここで、本記事の内容をもう一度おさらいしてみましょう。

おさらい
  • 香典返しへのお礼の品は不要。お礼を「重ねる」ことで却って失礼に
  • 感謝の気持ちを伝えたい時は電話や手紙などで伝えよう
  • 重ね言葉や「ありがとうございます」、「お礼申し上げます」は禁句
  • 手紙、葉書は直筆で書こう
  • 電話は手短に。却ってご遺族に負担を掛けてしまうかも
  • 香典返しは、無事に葬儀を終えられたこと・故人が成仏できたことへのお礼
  • 遺族の負担を考慮し、香典返しが簡素化されつつある

「香典返しをもらったのにお礼をしないのは失礼にならない?」と思っていた方も多いと思いますが、お礼をしなければならないということはありません。

むしろ弔事では「お返し」を重ねることがタブーになってしまうため、「是非お礼をしたい」という相手でない限りは香典返しのお礼は控えた方が負担が少ないです。

使ってはいけない表現が思ったより多くて大変ですが、お礼をしたいときは言い回しのことなども念頭においてくださいね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。