香典返し・法事返し

【徹底解説】香典返しの掛け紙(のし紙)の選び方や書き方は?喪主と施主が違う!?

クリス
クリス
  • 香典返しの掛け紙(のし紙)の選び方は?
  • 香典返しの掛け紙(のし紙)はどう書けばいいの?
  • 喪主と施主が違うけど差出人はどっちの名前を使えばいい?

葬儀で故人にお供えいただいた香典に対して、法要が終えた事と感謝の気持ちを伝える返礼の品のことを香典返しといいます。そして、香典返しの品物につける白い紙を「掛け紙(のし紙)」といいます。

しかし掛け紙(のし紙)にも、さまざまな種類や正しい書き方があるため、どれを選べばよいのか迷うこともあるのではないでしょうか。

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • 掛け紙とのし紙の違いとは?
  • 香典返しの掛け紙(のし紙)は名前は喪主?施主?
  • 香典返しの掛け紙(のし紙)に名前を書く際のマナー

この記事を読むことで香典返しの掛け紙(のし紙)の選び方や書き方を知ることができるというメリットがあります。では早速お伝えしていきます。

掛け紙とのし紙の違いとは?

香典返しでは、品物に紙を掛けその上に水引を結び慶事の時はのしを添えますが、現在は簡略化されており印刷された紙を使うのが一般的です。のしも含めて印刷された紙を「のし紙」、水引だけが印刷された紙を「掛け紙」といいます。

「のし」とは、あわびを薄く延ばした「熨斗鮑(のしあわび)」のことで、慶事の贈り物に添える縁起物であるため弔事には向きません。なので、香典返しにはのしがない「掛け紙」を使用するのが一般的です。

では、香典返しではどのように掛け紙(のし紙)を使うのが良いでしょうか。掛け紙(のし紙)の掛け方には「内掛け(内のし)」と「外掛け(外のし)」の2つの方法があります。

「内掛け(内のし)」と「外掛け(外のし)」とは?

掛け紙(のし紙)の掛け方には「内掛け(内のし)」と「外掛け(外のし)」の2つの掛け方があり、この2つの掛け方は場合により使い分ける必要があります。

内掛け(内のし)」とは贈答品に直接掛け紙を付けて、その上から包装する方法のことです。「外掛け(外のし)」は「内掛け(内のし)」とは逆に、贈答品を包装紙で包み包装紙の上から掛け紙(のし紙)をかける方法です。

香典返しの場合はお祝い事でないので、外側から見えない控えめな内掛け(内のし)で用意するのが良いでしょう。しかし、相手に直接会って香典返しを手渡しをする場合は、外掛け(外のし)を使用するのが一般的です。

自分が直接手渡しする場合は「外掛け(外のし)」、配送する場合には「内掛け(内のし)」というように使い分けると良いでしょう。

香典返しの掛け紙(のし紙)、名前は喪主?施主?

香典返しには必ず掛け紙(のし紙)を付けるのがマナーとなっています。ですが、掛け紙(のし紙)の名前は喪主施主どちらにするべきなのか、それとも最も近い親族代表とするのかわかりにくいと思います。

香典返しの差出人は喪主が一般的です。

喪主が故人の血縁関係である場合、香典返しは「◯◯家のように苗字+家」で名前を記載するのが一般的です。ただし、亡くなった故人と喪主の苗字が違うなどの事情があれば、故人の名字で○○家として名前を記載することもあります。

喪主を差し置いて他の方の名前をのしに入れることは、あまりないと考えて構いません。ただし、地域やその家によっては決まりがある場合もありますので、親族と相談しながら進めましょう。

香典返しの掛け紙(のし紙)の書き方

ここでは香典返しの掛け紙(のし紙)の書き方について詳しく解説していきます。

表書きの書き方

香典返しには、宗教や地域の違いによって様々な書き方があります。

基本的に香典返しの表書きは、どの宗教や地域でも用いられる」の一文字を書くのが一般的です。しかし、関西地方での香典返しの表書きは「満中陰志がよく使われます。

キリスト教や神式の香典返しでは、「志」のほか「偲び草」という表書きが使われます。

宗教や地域に関係なく一般的に使用される。
偲び草 キリスト教や神式で使用される。
満中陰志 関西地方~西日本で使用される。

表書きをどのように書くか悩んだ場合には、親族の詳しい方に相談しましょう。それでも迷われた場合は「」とするのが良いでしょう。

また、表書きを書く際の文字は毛筆などを用いて黒色で書くのが通例です。最近では薄墨を使う方も増えていますが、明確な決まりはありません。

地域によって違いもあるので、業者や販売店に確認すると良いでしょう。掛け紙(のし紙)に印刷してもらう場合には、薄墨にするか指定することもできます。

名前の書き方

名前は掛け紙(のし紙)の水引の下、中央に書きます。「志」などの表書きと同じ、もしくは少し小さいくらいの大きさで書きます。

また、名前を書く時は表書きと同様に毛筆などを用いて、黒色か薄墨で書きましょう。

まとめ

いかがでしたか。香典返しの掛け紙(のし紙)について、知らないこともあったのではないでしょうか。

香典返しの掛け紙(のし紙)の選び方や書き方を正しく理解しておかないと、相手に対して失礼にもなりますし、時にはトラブルの原因にもなります。

正しくマナーを理解して、失礼のない香典返しの掛け紙(のし紙)を選ぶように心掛けましょう。