香典返し・法事返し

【例文と図解あり】香典返しを辞退する時、辞退された時の対応方法を徹底解説します!

クリス
クリス
  • 香典返しは辞退すると失礼?
  • 香典返しを辞退する方法は?
  • 香典返しを辞退されたときはどうすればいい?

葬儀の流れやマナーは多くあり、何が正しいのか間違っているのか分かりにくいですよね。通常は葬儀の際に、香典をいただいて香典返しをするのが礼儀やマナーとして当たり前と思っている方も多いと思います。

「香典返しを辞退したいけれど、どうすれば良いのか分からない。」「香典返しを辞退すれば相手に失礼なのでは?」と不安な方もいると思います。確かに、礼儀やマナーを知らないまま対応すると間違ってしまう可能性もあります。

しかし、香典返しを辞退するのと辞退されたときに、どのように対応するか知っていれば安心して行うことが出来ます。

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • 香典返しを辞退しても問題ない
  • 香典返しを辞退する方法を解説
  • 香典返しを辞退する側、辞退された側の対応が分かる

この記事では、香典返しを辞退する側の方と辞退された側の方のどちらの方も対応できるように例文を交えてお伝えしていきます。

香典返しを辞退する前に、知っておくべきこと

結論から言うと、香典返しを辞退することは問題ありません問題ありませんが、葬儀の流れとしては、香典があり香典返しをするのが一般的です。

葬儀の流れを理解していることが前提になるのでお伝えしますね。

香典と香典返しについて知ろう!

香典返しについてお伝えする前に、香典を知っておかなければ香典返しの流れが分かりにくいと思います。

そこで、香典について簡単に説明させていただいてから香典返しについてお伝えしますね。

香典

香典(こうでん)とは、葬儀の際に故人様に参列者が供える金品のことです。※現金を渡す際は、不祝儀袋に入れて渡します。

おすすめの不祝儀袋

また、香典には2つの意味があると言われています。

香典の2つの意味
  • 参列者が、遺族の方々を経済的に支える
  • 参列者が遺族の方々と故人様を弔い、お互いに助け合いたい気持ち

香典についての詳しい内容は、こちらの記事をご覧ください。香典の歴史や金額・マナーについて書かれています。

【これでわかる】葬儀での香典のマナーってあるの?宗教宗派があるときは対応が違う? 急な葬儀に参列することになり、香典を用意することになったら慌てますよね。葬儀の場合は予測できないので、あらかじめ準備するのは難し...

香典返し

香典について分かったところで、香典返しについてご説明します。香典返しは、葬儀参列者の皆さんに対してお礼の気持ちを表すものです。

香典返しについて
  • 香典返しと一緒にお礼状も同封します。
  • 香典で頂いた金額の半分の金額で香典返しを用意します。
    ※地域によっては、三分の一の金額で香典返しを用意する場合があります。
  • 贈る品物としては、形に残らないものや食べ物や洗剤が良いとされています。
    【香典返しに相応しくないもの】肉類や魚類などの生鮮食品・酒類などの嗜好品・鰹節や昆布(慶事の贈り物で使用されるため)・現金・商品券

また、香典返しは四十九日の法要の後に贈ることが多く、無事に法要を終えたことを葬儀に参列していただいた方に伝える意味も含まれています

香典返しの意味合い
  • 皆さんのおかげで、滞りなく葬儀を進められました
  • おかげさまで、四十九日を迎えることが出来たので故人も無事に成仏できました

香典返しのマナーなど詳しい内容については、こちらの記事をご確認ください。

【解説】香典返しに「のし」NG!志の意味と弔事の難しい言葉の読み方を解説します! こういった不安になるのは、百貨店などで菓子折りを購入し梱包をお願いすると、従業員の方から「『のし』は付けますか?」と聞かれるので...

香典をもらったら、香典返しをするのは当たり前?

基本的には、いただいた香典に対するお礼として香典返しをします。しかし、香典返しをしてはいけない場合や香典返しをするとかえって失礼になることがありますので注意が必要です。

クリス
クリス
え!?香典返しをすると失礼になることがあるの?
神様
神様
うむ。次はどういった場合が、香典返しをしてはいけないのか紹介するのじゃ。

どうして香典返しを辞退するの?

一見香典返しを辞退するのは、失礼に思う方もいらっしゃると思います。実際にSNSではこのような声もありますので、参考にしてみて下さい。

実は私も「香典返しって辞退出来るの?」「香典返しを辞退するなんて失礼になるのではないか。」と思っていました。またこういった意見もあります。

香典返しを辞退する理由について詳しく学んで、辞退出来るのと失礼ではないことを知りました。では、詳しくお伝えしていきます。

香典返しを辞退する理由

香典返しを辞退するのは、どんな理由があるのでしょうか。大きく分けると4つあります。

  1. 会社の方に香典を出したが、就業規則で香典返しを受け取れない
  2. 故人様が一家の大黒柱だったとき
  3. 香典に包まれた金額によって
  4. 故人様の遺志を尊重して

上記でまとめた理由について、一つずつ解説していきます。

①会社の方に香典を出したが、就業規則で香典返しを受け取れない

一部の会社では、就業規則として香典返しを受け取れない場合があります

例えば、公的機関(※1)に勤めている方の中には、就業規則に「一切の贈答品を受け取ってはいけない」と記載されていることがあるそうです。

※1公的機関:国・都道府県・市町村などと関係のある立場のこと

ちなみに、政治家や政府関係者などは、香典を渡しても香典返しを受け取ってはならないと法律で定められています

②一家の大黒柱を失った

一家の大黒柱とは、生計を支えている中心人物のことです。

一般的には、父親が該当することが多いです。一家の大黒柱を失い未成年の子供と妻が残された場合は、少しでも生活費用などの足しにして欲しいという参列者の思いで辞退することがあります。

③香典に包まれた金額によって

香典に包まれた金額と、香典返し辞退はどう関係があるのでしょうか。

実は、地域にもよりますが、香典が少額であれば香典返しは不要であるという意味合いもあるのです。敢えて香典返しは不要という意味合いで、香典の金額を3千円ほどにしているのです。

3千円程であれば、喪主側も「香典返しの品は、送らなくても問題ない」と分かります。

少額であっても、香典をいただいたので香典返しを用意してくださる方もいらっしゃいます。喪主側の方に、香典辞退と分かりやすいようにしておくことをおすすめします。(後ほど方法をお伝えします。)

先ほど、地域にもよるとお伝えしたのですが、香典の金額が少額であった場合でも香典返しをするのが一般的と言われています。一般的な対応として、2つの方法があります。

  • 菓子折りを用意する
    例えば、会社で連名や複数で出した香典に対しては、「皆さんでお召し上がりください。」と小分けできるお菓子を用意すると良いです。
  • 少額の香典返しを香典をいただいた人数分用意する
    一人ずつに香典返しを用意する形になるので、いただいた香典の金額よりも上回ってしまうことがあり個人的にはおすすめしません。なぜなら、一人ずつに用意するので喪主側の金銭的負担にもなるからです。

ですが、確認した方がいい場合もあります。

地域によっては、5千円以下の香典には香典返しをしなくて良いという習慣もあります。詳しくは、葬儀屋の方にご確認ください。

④故人様の遺志を尊重して

故人様が遺族の方の負担を考え、香典を辞退したいとおっしゃる方もいらっしゃいます。葬儀も一般的な葬儀ではなく、家族葬を希望されている場合は後ほど文書で亡くなられたことを知ることもあります。

故人様とのご関係があった方の中には、香典だけでもと思う方もいると思いますが、故人様の遺志を尊重して喪主側の方から文面で香典を辞退する内容が書かれていることもあります

喪主側・参列者側の香典辞退のポイント

下記に簡単にですが「喪主側・参列者側の香典辞退のポイント」をまとめてみました。

喪主側・参列者側の香典辞退のポイント

喪主側香典辞退された方にも、必ずお礼状を送るようにしましょう。

参列者側少額の香典で、香典返しは辞退する場合、喪主側の方に辞退したいとはっきりと伝えるようにしましょう。

例えば、自分は、3千円ほど香典を包み香典返しを辞退したつもりだったかもしれません。しかし、喪主側の方によっては香典返し辞退と伝えられていなければ、香典返しを用意してしまう場合があるからです。

喪主側・参列者の香典返しを辞退する方法

香典返し辞退と一言でいっても、「喪主側」から辞退する(香典をいただかない)場合と「参列者」が香典を渡したが、香典返しを辞退する2つの方法があります。

これから、各種の辞退の方法にいて例文を交えてお伝えします

参列者側

「参列者側」の香典返しを辞退する方法は、下の5つです。

  1. 葬儀の受付にて口頭で伝える
  2. 香典辞退の不祝儀袋を使用する・香典辞退のシールを使用する
  3. 不祝儀袋に香典返し辞退を記載する
  4. 一筆線を不祝儀袋の中に入れる

一つずつ解説しますね。

①葬儀の受付にて口頭で伝える

葬儀の受付で香典返しの辞退を伝えたくても、どのように伝えればよいか分からない方もいらっしゃいます。伝え方は、下の例文を参考にしてください。

【例文】「誠に勝手ではございますが、香典返しは辞退させていただきます。」

といったように、受付にて口頭でお伝えください

香典は、辞退しても会葬御礼は受け取りましょう。香典返しと会葬御礼は、別物です。

葬儀の受付にて口頭で伝える方法だけでは、後ほど喪主側の方が分からない場合がありますので、②から④のいずれかと組み合わせて下さい。

(例)【葬儀の受付にて口頭で伝える】のと、【一筆箋を不祝儀袋の中に入れる】といったように組み合わせてください。なぜなら、口頭で伝えるのみだと後ほど喪主側の方が忘れてしまうか、分からない場合があるからです。

会葬御礼とは

葬儀に参列してくださったことに対する感謝の品物です

会社の就業規則で香典返しを受け取れない方も、会葬御礼は受け取って大丈夫です。会葬御礼の中には、500円~千円ほどのお茶やハンカチ・海苔などの品が入っている事が多いようです。

②香典辞退の不祝儀袋を使用する・香典辞退のシールを使用する

群馬県や栃木県などの一部の地域では、「新生活運動」と題して香典返しを辞退する用の不祝儀袋が売られています。

香典の金額を千円にする代わりに、香典返しを辞退するといったものです。不祝儀袋の左側「新生活運動の趣旨によりお返しは辞退いたします。」と記載されています。

「香典辞退専用の不祝儀袋」「香典辞退のシール」は、下の図のようなものです。

画像引用:アスクル

画像引用:入間市役所

新生活運動に関しては、こちらの記事で詳しく書かれています。

香典返しを辞退したい~これってマナー違反になるの?どうやって辞退を伝えればいい? お通夜や葬儀の時に香典を持参するのが一般的ですよね。 それに対して、遺族側は感謝の気持ちを込めて「香典返し」を贈ります。 ...

③不祝儀袋に香典返し辞退を記載する

香典返しの辞退を書く場所と例文を解説していきます。

まず、不祝儀袋の裏側の住所・氏名を書いた場所の左側に書きます。書くときは、表書きを書くときと同じで薄墨で書いてください。

【例文】

「お香典返しはご辞退申し上げます」や「お返しのご配慮は不要でございます」

不祝儀袋の裏側に上記例文のどちらかを書いておくと良いです。下の図も参考にしてみて下さい。

薄墨で書くときは、こちらの筆ペンがおすすめです。

④一筆線を不祝儀袋の中に入れる

不祝儀袋の中に香典返しを辞退する旨を記載した一筆箋を同封します。※一筆箋は下記の通り2種類あります

  • 5行タイプ
  • 6行タイプ

例文をお伝えする前に、書き方のマナーを知っていなければいけません。

【書き方のマナー】

  • ①宛名②本文③自分の名前の順に書いてください。
  • 句読点を使用しない。
  • 重ね言葉を使用しない。
  • 季節の挨拶をいれない。
  • ボールペンではっきりと分かるように書く。
  • 縦書きで書く

また、それぞれの例文を紹介します。まずは、5行タイプの例文です。

【例文】

「心よりお悔やみを申し上げます。なお、勝手ながらお香典返しは辞退させて頂きます」

【例文】

「心よりお悔やみを申し上げます。お香返しは辞退させて頂きます。故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます」

当日香典返しの辞退方法

当日返しという、葬儀当日に香典返しがすでに用意されている場合があります。当日香典返しを辞退する時は、どうすればよいのでしょうか。

まず、受付にて口頭で伝えるのと不祝儀袋に一筆箋を入れて香典辞退の旨を記載しておくことをおすすめします

口頭で伝えるのと、一筆箋に記載しておくことで喪主側の方が後で見たときにも分かりやすいです。

受付にて口頭で伝える方法の例文としては、上で【喪主側・参列者の香典返しを辞退する方法】の①でもお伝えさせていただきました。「誠に勝手ではございますが、香典返しは辞退させていただきます。」とお伝えください。

喪主側

参列者側の香典返し辞退の方法についてお伝えしました。次は喪主側の方がどのように対応するのか解説していきますね。内容としては、以下の通りです。

  • 香典返しを辞退した方への対応は2つ
  • 家族葬を行った場合に、葬儀後に香典辞退を伝える

では、一つずつ詳しくお伝えします。

香典返しを辞退した方への対応

香典返しを辞退された対応は2つあります。まずは香典返しを辞退した方とされなかった方の対応としては、必ずお礼状は送ります

お礼状と2つの対応のどちらかを行う必要があり方法は、以下の通りです。

  1. 香典返しを送らない
  2. 少額の品を送る

①香典返しを送らない場合は、通常のお礼状とは異なる内容で送ります

送るタイミングは、故人様の四十九日の法要を過ぎてから送ります。ちなみに、一般的な(香典をいただいて、香典返しをする)お礼状の書き方は、こちらの記事に書かれています。気になった方は確認してください。

香典返しのお礼状の書き方が知りたい!お礼状の例文や注意点を解説します! 日本ではお通夜や葬儀のときにいただいた香典に感謝の気持ちを込めて「香典返し」というかたちでお礼をする考えがあります。 香典...

②少額の品を送る場合は、本来香典返しは香典の金額の半分または、三分の一の金額で用意します。しかし、香典返しを辞退された方の場合でどうしても何か送りたいときは、香典の金額にこだわらずに少額の品で用意しても大丈夫です。例えば、お茶やお菓子、石鹼などの消耗品です。

家族葬を行った場合に、葬儀後に香典辞退を伝える

家族葬では、参列者以外の方に訃報(ふほう)を事前に知らせることは少ないです。なぜなら、葬儀の1~2週間後などに訃報を送ることが多いからです。そのため、葬儀が済んでから報告することが多いのです。

訃報を受け取った方の中には、葬儀に参列できなかった代わりに何かしたいと考え、香典だけでもと送ってくださる方もいらっしゃいます

しかし、上の【香典返しを辞退する理由】の④故人様の遺志を尊重してでお伝えした内容にもありますが、故人様が遺族の方々の負担を考えて香典をお断りする場合があります。

故人様の遺志で香典をお断りする場合の訃報の伝え方の、例文をご紹介します。

【例文】

父 ○○○○(故人の名前)儀 入院加療中でおりましたところ 去る○月×日 90歳にて永眠いたしました
葬儀につきましては故人の遺志により近親者のみで執り行います
また弔問 香典 供物 弔電に関しましても故人の遺志により固くご辞退申し上げます
故人が生前賜りましたご厚誼に深くお礼申し上げ 謹んでお知らせ申し上げます
令和△年○月×日大阪府○○○1-2-3 喪主 ○○○○

まとめ

今回の記事のまとめ
  • 香典をいただいたら、一般的には香典返しをする
  • 理由があって、香典返しを辞退された方にも必ずお礼状を送る
  • 故人様の遺志等で家族葬を行い、後ほど訃報を送る際に香典辞退したいときは文書に記載する

今回の記事では、【喪主側】と【参列者側】ごとのあらゆる場面での例文をお伝えしました。特に香典辞退をする際の例文についてお伝えしました。

香典返し辞退は失礼ではありませんが、喪主側の方が困らないように対応する必要があります。この記事を読んで、参考にしていただければ幸いです。