香典返し・法事返し

香典返しにはハーモニックがおすすめって本当?口コミや評判は?

クリス
クリス
  • 香典返し選びはハーモニックと聞くけど口コミや評判はいいかな?
  • ハーモニックを利用するメリットとデメリットはある?
  • ハーモニックのカタログギフトの特徴が知りたい。
  • 利用する時の注意点と流れは?

通夜や葬儀で香典を受け取った時には、お礼の気持ちをこめて香典返しをします。お礼の気持ちが伝えることが大切ですが、何を送るかとても迷うところでもあります。

香典返しを扱う会社に、ハーモニックという企業があります。どのような会社でどんな商品があるのか、みなさんご存知でしょうか?

いざ利用するにもハーモニックという会社の評判おすすめの商品利用する際の注意点はとても気になりますよね。

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • 口コミや評判からわかるハーモニックの特徴。
  • ハーモニックを利用するメリットとデメリットを解説。
  • 人気のハーモニックカタログギフトを紹介。
  • ハーモニックを利用する流れと注意しておきたいこと。

この記事を読むことで、ハーモニックで香典返しを選ぶポイントと利用の流れを知るメリットがあります。では早速お伝えしていきます。

ハーモニックって会社をおすすめされたけど口コミや評判は?

画像引用:カタログギフトのハーモニック【公式】

香典返しを選ぶなら、「ハーモニックがおすすめだよ」と言われたけど実際はどうなのと疑問があるのではないでしょうか。使ったことのない会社はなかなか使うことに勇気がいるものです。

簡単にハーモニックがどのような会社なのか紹介します。新潟県三条市に本社がある、創業1946年の老舗ギフトの総合商社です。カタログギフトは年間900万人の業界トップクラスの利用者数を誇ります。

贈り物の企業として、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。しかし、有名なだけでは利用する判断事項にはなりません。

利用者のリアルな口コミが、あなたがハーモニックを利用するかどうかを判断する材料になるはずです。紹介する口コミからの評判がどうなのかが大切になるでしょう。

ハーモニックの良い口コミ

早速ハーモニックを実際に利用した方の良い口コミから見ていきましょう。

女性の口コミ
女性の口コミ

カタログギフトで東京のカフェ利用券を申し込んだけどコロナで行けなくなりました。キャンセルや交換はできないと書いてあるけど、ハーモニックさんに問い合わせしてみると「別の商品に交換されますか?」と提案され、とても柔軟で神対応と感じました。

女性の口コミ
女性の口コミ
カタログギフトの期限がとっくに切れていたのに、ダメ元で送ってみました。すると注文した商品はもう無くなっていたけど代わりに新しいカタログギフトを送ってくれました。
男性の口コミ
男性の口コミ
商品も豊富で、相手方にも喜んでいただけたと思っております。また何かの折にはよろしくお願いします。

サポートの対応の良さに対する口コミが多くありました。贈られた相手方がハーモニックの対応の良さに喜んでいるので、贈る側としても安心して利用できますね。また、幅広い年代に向けた商品が好評のようです。

ハーモニックの悪い口コミ

次に、ハーモニックの悪い口コミです。

女性の口コミ
女性の口コミ

1周忌のお返しでカタログギフトを頂きました。しかし、送られてきた商品の梱包が雑で少しガッカリしました。

男性の口コミ
男性の口コミ
注文後の発送の対応が遅く、届いた商品の梱包も薄いビニールで包んだだけだった。

商品の梱包について悪い口コミが多かった印象です。また発送後の手続きが遅くいつまでも届かず、こちらから連絡してようやく届いたといったものもありました。

臨機応変な対応が評価されている一方で、対応する人によって不親切に感じてしまうケースもあるようです。梱包などは運送会社が関わるところなので、一概にハーモニック側の責任とは判断できないでしょう。

ハーモニックを利用するメリットとデメリット

次に、口コミからの評判からわかるハーモニックを利用する時のメリットとデメリットを紹介していきます。

ハーモニックを利用するメリット

他のサイトに比べ基本送料が安く、のし紙・包装紙・挨拶状などラッピング無料、カタログサンプルなど無料のサービスが充実しています。

また、香典返しのカタログギフトが16種類と業界でもトップクラスです。その中で、全国977カ所以上で楽しめる体験型の商品も豊富です。

ハーモニックを利用するデメリット

デメリットとして挙げた、商品の到着が遅れるのは運送会社が関係している時もあります。ですが贈る側として、発送が遅れたり梱包の状態が悪いとなると心配な点でもあるでしょう。

また、贈られたカタログギフトの注文はネットから可能ですが、インターネットサイトでカタログを確認できず不便に感じる方もいらっしゃるようです。

公式サイトから内容はある程度確認ができるようにはなっています。ですが、贈られてきたカタログギフトの価格帯がわかってしまうので注意が必要です。

利用したい状況に合わせて感じるメリットやデメリットは変わります。他のサイトを見比べて、それぞれの良い点と悪い点を比較して決めることが大切ですね。

6つの充実した無料サービス

画像引用:カタログギフトのハーモニック【公式】

ハーモニックでは香典返しを準備するときに最適なサービスを無料で用意してくれています。とても便利で、さすがカタログギフト大手だという感じがしますね。

  1. 包装紙や掛け紙(のし)無料サービス
  2. 挨拶状・奉書無料サービス
  3. 2,750円以上で全国送料無料
  4. 簡単注文のエクセス注文書システム
  5. 郵送注文書サービス
  6. 安心のカタログサンプルの請求

香典返しはギフト商品を選ぶのも大変なんですが、包装紙や挨拶状などを考えたり用意したりというもの実は大変だったり、他のところで頼むとお金がかかったりするので、無料で利用できるというのは、ありがたいと感じました。

ギフトの専門サイトだとこういったきめ細かいサービスがあるので、専門サイトを使うのはメリットがありますね。

ハーモニックおすすめのカタログギフト

香典返しにカタログギフトって、マナー違反にならない?と感じる方もいるでしょう。しかし、香典返しにカタログギフトは失礼にはあたりません。

むしろ人気が出ており、近年カタログギフトを送ることが増えているそうです。確かに贈られた側も、選ぶ楽しみがあるので良いと思います。

ここで、ハーモニックがおすすめする香典返し用カタログギフトの特徴を紹介します。

和風カタログギフト 「和(なごみ)」

ハーモニックの香典返し用のカタログギフトは、和(なごみ)という名称で展開されています。カタログギフト和の特徴を紹介します。

感謝を伝える 心からの贈り物

画像引用 :株式会社ハーモニック

  • 3080円~55880円の選べる【全16コース】と種類が豊富にある。
  • 商品が掲載数最大の約2570点もある。
  • 温泉、クルージング、食事券など体験型のプランも充実している。
  • 有名ブランドスイーツや老舗の名店のグルメも多く選べる。
  • 有名ブランドが多く目上の方にも贈りやすい。

ハーモニック公式サイトから、各価格帯のカタログギフトの内容が確認できます。商品を見ていくと、幅広い年齢層に適しているカタログギフトだと感じます。

また体験型の商品も多くある点も、とても魅力的であり人気があります。16種類の予算に合わせたカタログギフトを選択することができます。

また、カタログギフトは3080円のコースからです。ハーモニックは送料2750円以上は送料無料のため、ラッピングとともに送料はかかりません。ラッピングの和風表紙もとても好評です。

ハーモニックで香典返しを探してみる

ハーモニックを利用する流れと注意点。

続いてハーモニックをどのような流れで利用するのか注意点をお話ししていきます。注文の方法は3つあります。

インターネットに不慣れな方や、贈り先が多く入力が大変な方はインターネットよりもエクセルや専用注文用紙での注文がおすすめです。次に支払方法です。

支払方法は7つと豊富ですが、各支払方法に注意点があるので紹介します。

  • クレジットカードとAmazon Payはインターネット注文のみ。
  • エクセル・FAX・郵送の注文時は、銀行振込、郵便振込、代金引換のみ。
  • 代金引換は、カタログギフトの注文のみ。なおかつ自宅に一括でお届けのみ。
  • 振込は銀行、郵便どちらも振込手数料は自己負担。
  • 後払いサービスは、株式会社ネットプロテクションズが行う代行決済サービス。

注文の方法と、支払方法をしっかり確認して利用することが大切ですね。詳しくはハーモニック公式サイトの、【よくあるご質問】に詳しく掲載されています。

ハーモニックで香典返しを探してみる

まとめ

いかがでしたか?ハーモニックの強みや注意したいポイントを知ることができたのではないでしょうか。ハーモニックはとてもカタログギフトに力を入れているのが感じ取れます。

香典返しにも送ることのできるハーモニックのカタログギフト【和(なごみ)】は、とても魅力的な商品だと思います。

幅広い年代の方に送ることになるので、選択肢の一つとしてあなたの中にカタログギフトがあればハーモニックを検討してみるのも良いでしょう。

最後に、香典返しを取り扱う会社は多くあります。それぞれのポイントをしっかり押さえて決めるようにしましょう。そして、贈った側も贈られた側にも最適な贈り物ができるといいですね。