葬儀についての基礎知識

葬儀のときに送るお供え。相場やタイミングなどのマナーも解説します

クリス
クリス
  • どんなものを送ったらいいの?
  • どれくらいの値段が相場?
  • 送っちゃダメなものがあるってホント?

葬儀のとき、故人様やご遺族に向けて送られるお花や供物。しかし、どのようなものを送ったらいいのか、何か気をつけることはないか、気になるところですよね。

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • お供えを送るにあたって
  • お供えを送る前に確認しておきたいこと

この記事では、葬儀でのお供え物のマナーや選び方、値段などを詳しく紹介します。それでは早速お伝えしていきますね。

お供えを送るにあたって

さて、お供えと言っても誰が送るのでしょうか? また、お供えにはどのような意味があるのでしょうか?

お供えを送ることの意味

お供えは故人様・仏様への感謝の気持ち、ご遺族への弔いの気持ちを表します。今までの思い出を偲びながら、気持ちを伝えてあげてくださいね。

お供えは誰が送るの?

上記のように、お供えは故人様や遺族に弔意を示すものとして送られるため、お供えの品は親族・近親者、親しかった友人、また所属していた団体(会社や学校など)の関係者といった方々が送ります。

「供物(または供花)」と「香典」

さて、お供えの品を「供物」「供花」、「香典」などと呼びますが、「何か違うの?」と気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的に「香典」も、供物、供花と同じ意味合いのものです。供物か香典、どちらかを送るならもう片方は送らない場合が多いです

両方用意する場合もあります。たとえば団体で「香典」を送った後、それとは別に故人様になにかあげたいというときに、供物や供花も送ることがあります。

お供えを送る前に確認しておきたいこと

さて、実際にお供えを送るとなったとき、何に気をつけたらよいのでしょうか?ここでは、送るものの内容、金額、タイミングなどを解説します。

送っていいもの、ダメなもの

お供えには、少なからず送ってはいけないものも存在します。しかし、宗派によって「送って大丈夫なもの」「送ってはいけないもの」が異なります。ここでは、おおまかな宗派に分けて供物の内容をお伝えしていきます。

送るならこんなものがおすすめです

ここではおおまかに「仏教」「キリスト教」「神道」に分けて、一緒に確認していきましょう。

仏教
  • 線香・ろうそく
  • 果物・お菓子
  • 缶詰
  • その他、故人様が好きだったもの
キリスト教
  • 生花(プロテスタントの場合のみ)
神道
  • 果物・お菓子
  • 農産物(魚など)
  • お酒
  • 五穀
  • その他、故人様が好きだったもの

この次に解説する「送ってはいけないもの」に該当しなければ、故人様が好きだった食べ物などをぜひお供えしてあげましょう。いずれも、祭壇におさまる程度の小さいサイズに収めるのがベターです。

送ってはいけないのはこんなものです

とはいえ少なからず、宗教によってタブーなものも存在します。こちらも一緒に確認していきましょう。

仏教
  • アルコール(酒)
キリスト教
  • 基本何も送りません
神道
  • 線香
  • ろうそく
  • 抹香

仏教では「殺生」を連想させるので肉や魚などがタブーとなっています。キリスト教ではそもそも供物を送る習慣がありません

そして神道では、ろうそくや線香がタブーとなっています。故人様を仏様ではなく「守護神」と捉えているため、神様の前に(「仏様」に対してお供えする)ろうそくや線香を置くのはふさわしくないということです。

金額はどのくらいがいい?

個人的にちょっとしたお菓子や線香などの小さいものを送るときは、特に金額を気にする必要はありません。しかし、団体で香典を送るときや葬儀屋さんに用意してもらう場合は、5,000~10,000円程度が相場です。

相場より高くなってしまうと気を遣わせてしまいますが、相場より安く済ませる分には問題のないことが多いです。

どのタイミングで送る?

供物や供花を準備している方の中には、

クリス
クリス
葬儀に行けないけど、せめてものお悔やみをしたい… 。

でも、どのタイミングで送ったらいいの?

と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。ここでは、葬儀会場に直接持っていく場合、郵便などで送る場合、それぞれのタイミングと注意点について解説します。

直接持ち込む場合

直接持ち込む場合は、タイミングの面では難しいことはありません。

直接持ち込んだ場合に一番注意することは「勝手に祭壇に置かない」ことです。近い関係の人であっても、勝手に置くのはマナー違反にあたります。

会場についたら、必ず受付の人にお願いしましょう。「御霊前通にお供えください」と言って手渡せば問題ありません。

郵送する場合

郵送の場合は、お通夜の当日の午前中には届くように送ってもらいましょう。

郵送する場合に一番注意することは、こちらもやはり「勝手に送らない」ことです。必ず葬儀屋さんに「供物を送ります」という連絡を入れて、お願いしましょう

ご遺族や葬儀屋さんに確認を

ここまで、供物や供花を送る前提でお話をしてきましたが、「供物や供花を送って大丈夫か」「祭壇に飾ることができるか」など、ご遺族や葬儀屋さんに事前に確認するようにしましょう

葬儀屋さんによっては、会場が狭くて特に供花などを飾るスペースがない場合もあります

また近年の葬儀の簡素化や、参列者に気を遣わせたくないという気持ちから、供物や供花を受け取らないご遺族もいらっしゃいます

まとめ

いかがでしたでしょうか?

それではここで、本記事の内容をおさらいしていきましょう。

おさらい

お供えは故人様への感謝と、ご遺族への弔いの気持ち

香典と同じ意味合いなので、基本どちらか片方でOK

仏教では肉や魚、お酒、神道ではお線香やろうそくがタブー。キリスト教はそもそも供物を送る習慣がない

葬儀屋さんにまとめて用意してもらう場合でも5,000~10,000円程度に

直接持ち込む場合も郵送する場合も、勝手に送らず葬儀屋さんにお願いする

お供えを受け取れない場合もあるので、ご遺族や葬儀屋さんと事前に確認しよう

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。