香典返し・法事返し

【解説】香典返し(満中陰志)に付けるのし紙(掛け紙)の種類と外のし・内のしの選び方

クリス
クリス
  • のし紙(掛け紙)って包装紙の「外側・内側」どっちに付けるの?
  • 「外のし・内のし」って何?
  • 弔事は「外のし」が良いって本当?

こういった不安になるのは、香典返し(満中陰志)を贈る機会が少ないため、のし紙(掛け紙)を包装紙の「外側・内側」どちらに付けた方がいいのか分からないからです。

そこで、神様に「外のし・内のし」どちらにのし紙(掛け紙)を掛けたらいいのか解説して頂きましょう。

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • 弔事でのし紙(掛け紙)を使用する場合、「外のし」が良いのか解説
  • 「外のし・内のし」との違いを解説
  • のし紙(掛け紙)のマナー

この記事を読むことで、香典返しの「のし紙(掛け紙)」を付ける時のマナーがわかります。では早速お伝えしていきます。

弔事では「外のし」が正解って本当?

男の緑の像

弔事でのし紙(掛け紙)を使用する場合、「外のしが正解だよ!」と聞いたことがあるかもしれません。ですが、弔事ごとなので控えめな印象の「内のし」をオススメされることもあります。

しかし「外のし・内のし」どちらが正しいという事はなく、地域性や贈り方によって付け方を変えるのが一般的です。

クリス
クリス

昔と違って「ネットショップ」の普及や香典返しに「カタログギフト」を選択する方が増えていることが、背景にあるのかもしれないね!

「外のし・内のし」の違い

画像引用:日本経済新聞

「外のし・内のし」の違いは、掛け方の違いにあります。のし紙(掛け紙)の掛け方は、贈答シーンによって使い分けをされることが多いです。

外のし
  • 包装紙の外側にのし紙(掛け紙)を掛けること
  • のし紙(掛け紙)が表に見えている
  • のし紙(掛け紙)を強調したい場面で使用されることが多い
    ※結婚式の引き出物や記念品など
  • 贈答品を手渡しする場合にも使用される
内のし
  • 品物に直接のし紙(掛け紙)を掛けてから包装紙を掛けること
  • 包装紙の下にのし紙(掛け紙)が隠れているので、控えめな印象を持たせることができる
    ※内祝いや弔事で使用される
  • 贈答品を宅配で送る時にのし紙(掛け紙)の破損を防ぐ目的で使用される

「外のし・内のし」の違いを見て頂きましたが、包装紙の表に付ける「外のし」は、手渡しする場合を除き「のし紙(掛け紙)」の主張が強く慶事ごと向きだというのがわかります。

クリス
クリス
友人の結婚式に参列した時の品物は「外のし」だったよ!

反対に「内のし」は、贈る相手に控えめな印象を与えるので弔事ごとで使用されたり、内祝いなどで使用されるようです。

最近では、「ネットショップ」の品物を香典返しとして購入する事が増えています。

配送途中に大切な「のし紙(掛け紙)」の破損から守る目的で、ショップ側が「内のし」を選んでいることも多いです。

【徹底解説】香典返しの掛け紙(のし紙)の選び方や書き方は?喪主と施主が違う!? 葬儀で故人にお供えいただいた香典に対して、法要が終えた事と感謝の気持ちを伝える返礼の品のことを香典返しといいます。そして、香典返...

香典返しの「のし紙(掛け紙)」について解説します

おもちゃ, ドラえもん, ロボット, 猫, 未来, 日本, キャラクター, 漫画, テレビ, Youtube

香典返しで使用する「のし紙(掛け紙)」についてここで解説させていただきます。

のし紙(掛け紙)の表書き

表書き

画像引用:カタログギフトのハーモニック

贈り物の目的を相手へ伝えるために書く表書きは水引の上に、贈り主の名前は水引の下に記入します。

香典返しの表書きとしてよく使用される言葉は「志」が多いですが、一部の地域では「満中陰志」と記します。

どんな言葉を記入するかは、冠婚葬祭や宗教などによっても変わってきますので、周りの方に必ず確認するようにしてください。

神様
神様
香典返しの表書きに悩んだら「志」と記入すると、問題ないんじゃよ
【ここが違う】 宗教別の葬儀マナーや香典の表書きを、わかりやすく解説! お通夜やお葬式は、詳しく知らない部分が、ありますね。その内容は、各宗教によっても違いがあります。 この記事...

香典返しに使用する「のし紙(掛け紙)」の種類

「掛け紙(のし紙)」の選び方

画像引用:カタログギフトのハーモニック

香典返しに使用するのし紙(掛け紙)の種類は、大きく分けて3つあります。

  1. 黒(紫)白結び切りで蓮が描かれていないもの
  2. 黒(紫)白結び切りで蓮が描かれているもの
  3. 黄白結び切りのもの(蓮が描かれていることもある)

のし紙(掛け紙)に蓮の花が描かれているものを使用するのは、仏式のみです。

仏式以外での使用は相手の方へ失礼になることもあります。仏式以外では、蓮の花が描かれていないのし紙(掛け紙)を使用するようにしてください。

のし紙(掛け紙)の種類で黒白や黄白と紹介しているのは、水引の色のことです。最近は、水引がプリントされているものが主流で、プリントされている水引の色で用途別に使用されています。

お店でのし紙(掛け紙)を掛けて頂く際、不安であれば店員さんとよく相談して決めることが大切です。その際、贈り先の宗教や地域などを事前に確認してから相談すると、店員さんものし紙(掛け紙)を選びやすいと思います。

水引の色に「黄」が入るのは、関西や西日本の一部です。「黄」ということで、「虎」をイメージしやすく「阪神タイガース」がよっぽど好きだと思われやすいですが、昔からの文化が原因なので関係ないそうです。

蓮の花が描かれたのし紙(掛け紙)は、仏式以外では使用しないでおきましょう!
49日の香典返しには何を送ればいいの?香典返しの品物やのしの選び方を解説します  四十九日とは、故人が亡くなってからの多くの法要の中でも忌明けとなる大切な節目です。仏教では、49日目に故人が極楽浄土に旅立つと言...

文字を書く墨の濃さに決まりはあるの?

香典返しは、四十九日法要のお知らせも兼ねてお贈りするものですので、急いで用意したことを表す「薄墨(うすずみ)」でなくてもよいとされています。

特に決まった濃さはないので、黒色であれば良いと思いますが「ボールペン」は相手の方へ失礼になりますので避けてください※下記に使用可能なペンを紹介しています。

【のし紙(掛け紙)を書く時に使用するペン】

  • 毛筆・筆ペン
  • サインペン
  • フェルトペン
香典返しの「のし」は薄墨で書いた方が良い?香典返しのタイミングと薄墨の関係は? 訃報を聞いたら、香典を包んで告別式や葬儀に参列しますね。あなたはその香典袋の表書きは何を使って書いていますか? 一般的に、...

【注意】香典返しには、熨斗(のし)は付けない

画像引用:楽天市場

慶事では「熨斗(のし)」が付いている「のし紙」と言われている物、弔事では「のし」が付いていない使「掛け紙」と言われている物を使用します。

「熨斗(のし)」とは、折り紙でひし形に折られたものとアワビを干したものを合わせたものを言い、お祝いの贈り物に必要な「生物」を添えて贈る意味合いがあるんです。なので、お祝いでない弔事で使用しませんので注意しましょう。

また、弔事用であっても「弔事用のし紙」という言い方が最近ではよく使用されています。

詳しくは、下記の記事で解説していますので併せてご覧ください。

【解説】香典返しに「のし」NG!志の意味と弔事の難しい言葉の読み方を解説します! こういった不安になるのは、百貨店などで菓子折りを購入し梱包をお願いすると、従業員の方から「『のし』は付けますか?」と聞かれるので...

香典返しにオススメの品物紹介!

マカロン, フランス, ペストリー, デザート, 扱う, お菓子, フレンチマカロン, 焼かれた商品, ボウル

香典返しに使用する「のし紙(掛け紙)」の掛け方などをお伝えしてきましたが、香典返しの品物って何を選べばいいのかわからないですよね。

そこで、どんな品物が選ばれているのかを調査しながら、実際に商品を紹介していこうと思います。

香典返しは弔事に関係する事ですので「無くなるもの」を選ばれる方が多いです。代表的な物は日持ちのするお菓子で、「食べたら無くなってしまうので不幸を繰り返さない」と言う意味が込められています。

また、贈り先の方が好きなものを選べる「カタログギフト」を選択される場合も増えています

香典返しを「カタログギフト」にして、贈り先の方が喜んでくれたら嬉しいですよね。

大切な人を想って香典を持参し、参列や弔問に訪れてくれた方への御礼でもある香典返しは、喜んで頂けるものを贈りたいという遺族の方の気持ちの表れなのかもしれません。

では、オススメのお菓子やカタログギフトをいくつか紹介します。

まとめ

日本の贈り物の象徴でもある「のし紙(掛け紙)」ですが、慶事(お祝い事)と弔事(仏事)では使用する物が違いますし、「外のし・内のし」どちらにしたらいいか悩んでしまいます。

弔事は外のしが良いと聞いたことがあるかもしれませんが、特に決まりはないので相手の方への贈り方によって「外のし・内のし」を選ぶといいでしょう。

  • 手渡しする場合は外のし
  • 郵送などで送る場合は内のし

また、最近では「ネットショップ」の普及によって慶事や弔事などに関わらず、内のしで贈られる事の方が多いです。

香典返しを贈る際に最も重要なのは、「故人を偲んでいただいたことへの感謝」を相手に伝えることですので、感謝の気持ちが伝わりやすいようにマナーを守り失礼のないようにしたいものです。

では、今回はこの辺で失礼いたします。最後まで読んでいただきありがとうございました。