葬儀社の口コミ・評判

【口コミ】葬儀会館ティアってどんな会社?口コミから評判を読み解きます!

クリス
クリス
  • ティアにはどんな特徴がある?
  • ティアを利用する流れは?
  • ティアの評判は?

数多くある葬儀会社の中から1社を選ぶのは難しいことですよね。

コンビニで飲み物を選ぶのとは訳が違います。コンビニの飲み物なら、仮に美味しくなくても「次は買わない」という自分の中だけの話で済みます。

しかし、葬儀に”次”なんてありませんし、人を招いて行うものですから後悔は自分だけに留まることではありません

また、費用も高額になってきますから、慎重に選ぶ必要があるでしょう。

さて、そんな数ある葬儀会社のひとつである「葬儀会館ティア」はどんな特徴があるでしょうか?利用の流れは?評判はどんなものでしょうか?

神様
神様

今回はこの疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • ティアの特徴
  • ティアの利用の流れ
  • ティアの口コミ・評判

この記事を読むことで葬儀会館ティアについての情報・評判が分かるというメリットがあります。では早速お伝えしていきます。

ティアの特徴

葬儀会社にはそれぞれ特徴があります。どこの会社も、公式ホームページではいいことを書いてアピールしているはずですが「何についても100点満点!」ということはなかなかありません。

その会社を選ぶメリットだけでなくデメリットを知っておくことも大切です。

葬儀会館ティアのメリットとデメリットを知り、葬儀をお願いするかどうかの判断材料にしていきましょう。

メリット

徹底した教育を受けた優秀なスタッフ

ティアは創業1997年と比較的歴史が浅い会社ですが、他の老舗会社にも引けをとらない優秀なスタッフが揃っています。

その理由は社員教育に対しての考え方にあります。

社員を財産ととらえる”人財”という言葉を取り入れ、「理念なき企業は企業にあらず」という社長の想いをしっかり教育に反映させています。

独自の教育システム「ティアアカデミー」を設立。社長セミナーを核とした多様な形式の研修を行っています。

また、研修専用施設として「ティア・ヒューマンリソース・センターTHRC」を開設。より研修を効果的に実施できる環境を整えています。

このように、積極的に人財を育てる姿勢と環境が土台となっているため、優秀なスタッフが揃っているというわけです。

対応可能な葬儀形式が豊富

希望に合わせて様々な葬儀形式に対応してくれます。

具体的に可能な形式はこちら

対応可能な葬儀形式
  • 家族葬
  • 一般葬
  • 社葬
  • お別れの会
  • 合同葬

お別れの会:宗教色を薄めて、告別式・追悼式の要素に重きを置いた葬儀形式。

このように豊富な葬儀形式で対応可能な葬儀会社は珍しいです。

デメリット

葬儀場の場所が限定的

地域はおおまかに関西・中部・関東に限られています。

その理由は、ティアの出店方式が半径3キロ以内の範囲に多店舗展開するドミナント戦略をとっているからです。

近くにティアの葬儀場があるか、しっかり確認しておく必要があるでしょう。

会員制度「ティアの会」の利用条件

ティアには独自の会員制度「ティアの会」というものがあります。

年会費・積立金ゼロで入会金は1万円。さらにネットで入会申し込みをすると8,000円とお得になっています。

たったこれだけで、葬儀を行う際には数十万円もの割引を受けることができます。

例えば、本社のある名古屋エリアの”白木77セットプラン”の場合

一般価格:1,289,420円 ⇒ 会員価格:693,000

このように約60万円もの割引を受けることができるのです。

しかし、ここで注意しなくてはいけないのが

会員価格で葬儀ができるのは生前入会が条件ということです。

一般価格で見ると比較的高額ですし、料理などをお願いすると追加料金も発生するので、一度よく考えてみる必要があります。

ティア 利用の流れ

ティア 利用の流れ

生前の内にティアを葬儀会社として選んでいた場合、利用する流れはこのようになります。

利用の流れ
  1. 生前の内に「ティアの会」へ入会(オススメ)
  2. 逝去したらティアへ連絡
  3. 葬式の打合せ
  4. 葬儀

①生前の内に「ティアの会」へ入会(オススメ)

こちらは必須ではありませんが、一般料金か会員料金かで葬儀費用が数十万円も変わってきます。とてつもなく大きな額ですよね。

デメリットの所でもお話しましたが、

「ティアの会」の会員特典を受けることが出来るのは生前入会が原則です。

なので生前の内に入会しておくことをオススメします。

②逝去したらティアへ連絡

逝去後はなるべく早く葬儀会社へ連絡しましょう。

亡くなってから葬儀までの間は、ご遺体の場所をどこに置くかが重要になります。

霊安室のある病院で亡くなった場合、一時的に霊安室へ移されますが、一般的には数時間程度しか利用することができません。

ティアへ早めに連絡し、自宅や斎場へ移すことをオススメします。

③葬儀の打合せ

ご遺体の安置を済ませたら、次に必要なのが葬儀の打合せです。

葬儀の日程・葬儀形式・プランを決定し、呼ぶ人へ連絡していきます。

④葬式

当日は基本的にお任せで大丈夫です。

打合せと違うことが起きた場合や困ったことがあれば担当スタッフに相談しましょう。

生前の準備が重要

大前提として、葬儀会社の選定から葬儀のプランに至るまで、出来る限りの準備を生前の内に済ませておくことを強くオススメします

親族が亡くなってから葬儀会社を決めて、手配して…というのはかなり大変です。しかも、終わってみて後悔が残るケースが多々あります。限られた時間の中で多くのことを決め、準備しなくてはならないのでそれは致し方ないことです。

国民生活センターは消費者へ以下のアドバイスを行っています。

【もしもの時に備えて】
(1)葬儀の希望やイメージを考えて情報収集をしましょう
(2)費用や希望をかなえてくれる葬儀社を探しておきましょう
【葬儀の準備で】
(3)葬儀社との打ち合わせは親族や第三者など複数で行いましょう
(4)見積書を確認しましょう。特に参列者の人数によって増減する項目には注意が必要です
【トラブルになったら】
(5)トラブルになった場合は消費生活センターなどに相談してください

引用:国民生活センター

時間に余裕のある時に、【もしもの時に備えて】おくことはとても重要です。

ティアの口コミ・評判

ここまでティアの情報を色々とお伝えしましたが、実際に葬儀をお願いした人たちはどのような感想をもっているのでしょうか?

数ある口コミからピックアップしてみました。

口コミ例

口コミ1

葬儀形式:一般葬  葬儀場:ティア御器所

良かった点:色々な葬式の形式に対応したプランがあるので、私や故人に合ったものを選ぶことができて楽でした。

部屋の種類も和室や洋室、面積も大小多く取り揃えていました。

良くなかった点:急遽予約した葬儀だったので、生前から入会していれば利用できた会員割引(かなり割引される)を受けられなかったのが残念でした。

また料金プラン以外のことに関しては、あまり相談にのってくれなかったのは困りました。

設備は新しいものが備えられてはいましたが、清掃はあまり行き届いていないように感じました。

口コミ2

葬儀形式:家族葬  葬儀場:ティア瑞穂

それほど大きな建物ではなかったので、ゆったりとした雰囲気で葬儀が出来ました。控え室も設備が整っていたので快適に過ごすことができました。まるでマンションの一室のような内装でお通夜の夜もぐっすり休む事が出来ました。

スタッフの方も人数は多くありませんでしたが目が行き届いていて、分からない事があった時や困った時にもすぐに対応して下さいました。

料金も明示してくれて、不必要なオプションを付けられることもなく、私の希望をきちんと聞いて納得のいく形で提案をしてくれました。

ほぼほぼ満足でしたが、強いて言うとバリアフリーへの配慮をより一層充実してもらえたらと思いました。

例えばトイレをより広くしたり、控え室がバリアフリーだったりなどです。

これからは、参列者の高齢化も益々進んでいくと思います。

全体的な感想としては今まで何度か葬儀に参列しましたが、その中でもこちらの会社はとても良い部類だと感じました。

また葬儀を行う際はこちらの会社にお願いしようと思います。

口コミから見る総評

口コミ1

葬儀形式の種類が豊富であることは依頼する際に楽だと感じられるようです。特に急な対応が求められる場面では、希望の形式がないからと他の葬儀会社を調べる手間を省くことができますよね。

一方で会員割引を受けることができなかった事例ですので、り後悔されている様子がうかがえます。急逝の場合は致し方ないことですが、やはり可能であれば生前の内に「ティアの会」へ入会しておくのが賢明でしょう。

口コミ2

全体的に満足している事例です。スタッフの質が高かったことがうかがえますので、さすが優秀なスタッフを揃えたティア、というところです。

また、口コミ1でも少し触れられていますが、設備もなかなか充実しているようです。もちろん葬儀場によって多少異なる部分はあるでしょうから、気になる設備は事前に確認しておくといいでしょう。

まとめ

最後にティアについてまとめると

ポイント
  • よく教育された優秀なスタッフが在籍
  • 葬儀形式が豊富
  • 「ティアの会」入会は生前の内に

いかがでしたか?葬儀会館のティアについて知りたい情報がありましたでしょうか。

葬儀会社選びは生前の内に、複数の会社と比較してじっくり考えておくことをオススメします。

あなたにとって故人にとっても、お願いしてよかったと思える葬儀会社と出会えますように。