香典返し・法事返し

香典返しと粗供養って違う?のしに書いて大丈夫?意味やマナーも解説します

クリス
クリス
  • 粗供養って何だ?
  • 香典返しと何か違うの?
  • のしに粗供養って書く?

お悔やみや香典返しのときしばしば耳にする「粗供養(そくよう)」という言葉。

なかなか聞き慣れない言葉だけに、どんな時に使う言葉なのかよく分からない方も多いのではないでしょうか?

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • 粗供養とはどういう意味?
  • 香典返しとの違い
  • のしに書いて大丈夫?

この記事では「粗供養」について、香典返しとの違い・意味や使い方を解説していきます。粗供養がどういうものかよく分からない方、ぜひ参考にしてくださいね。

では早速お伝えしていきます。

香典返しと粗供養

さて、粗供養とはどういうものなのでしょう? また、香典返しとどのような関係があるのかも気になるところですね。

粗供養ってどういう意味?

粗供養とは、一言で言えば供養してくださった方々へのお礼ののことです。葬儀、法事のときにお供えをくださった方々へ、感謝の気持ちとしてお返しします。

粗供養の「」には、「つまらぬものですが」という謙遜の意味が込められています。

粗供養は「祖供養」と表記する場合もあります。こちらは「ご先祖様を供養する」という意味合いが強くなりますが、基本的な意味は同じです。
神様
神様
「粗供養」はさまざまな意味で使われる言葉じゃが、根本的な意味は変わらないから不安になることはないぞ。

供養してくれた人へのお礼という意味で使われているのは、どんな場合でも同じなんじゃよ。

地方で異なる呼び方

香典返しにおいて「粗供養」という言葉は、主に西日本で使われているようです。ちなみに東日本では、西日本の「粗供養」と同じ意味で「」を使うことが多いです。

香典返しと粗供養は違うの?

基本的に、粗供養は香典返しと同じ意味合いで使われます。香典返しのとき、一部の地域でのし(掛け紙)に書かれることが多いです。

しかし、地域や家庭によっては別な意味と捉えられていることがあり、香典返しと粗供養を一緒に送る場合もあります。

「粗供養は一周忌のとき以降に送るもの」などといった意味で使っている地域もありますので、ご注意ください。

のし紙(掛け紙)に書いて大丈夫?

香典返しののし紙(掛け紙)には、東日本では志、西日本では粗供養と書く場合が多いです。そのため、西日本の方は「粗供養」と書いて問題ないでしょう。

のし紙(掛け紙)の書き方

画像引用:おこころざし

このように、上に「粗供養」と書き、下に自分たちの苗字を書きます。のし紙は白黒か黄白の、結び切りのものを使いましょう(画像は黄白の結び切りです)。

今さら聞けない? 粗供養のマナー

さて、実際に粗供養を送るときはどのように気をつけたらいいのでしょうか?

誰が誰に送るもの?

粗供養は、喪家(故人様の家)から参列者に渡されるものです。

しかし西日本の一部地域では、親戚や友人などの参列者がそれぞれ粗供養を持ち寄る場合もあります。

いつ渡せばいいの?

粗供養は葬儀や法要などでも配られるため、渡すタイミングはその時その時で変わってきます。

香典返しの場合は、基本は会場に参列者の方がいらした時に渡します。会食がある場合はそのタイミングで配ることが多いようです。

また、当日急に来れなくなったりした方には後日郵送しましょう。

相場はどのくらい?

香典返しとして粗供養を送る場合は、いただいた香典の半分~3分の1程度の値段が相場です。

また、葬儀のときに参列してくださった方への御礼(会葬御礼品)として粗供養を渡す場合は、500円~1,000円程度が相場になります。

粗供養は地域によって認識が違うので、香典返しと別に渡したり、葬儀のときに渡したりするところもあります。

少しでも不安なところは、地元の葬儀屋さんに確認してみてくださいね。

どんなものがおすすめ?

香典返しとして送るものは、食べ物や日用品などの形に残らないものがおすすめです。日持ちするお菓子、タオル、小さい洗剤が人気のようです。

弔事のときは、不祝儀(不幸なこと)を後に残さないためにという意味で、すぐに消費できる「消えもの」が好まれているのです。

また、もらった粗供養品は持って移動することが多いため、軽くてかさばらないものを選ぶと喜ばれますよ。

送ってはいけないものって?

とはいえ、粗供養には少なからずタブーとされているものが存在します。

生肉、生魚

肉や魚は殺生を伴っているため、葬儀やお供えなどの弔事にはふさわしくありません。昔は肉と魚は全てタブーでしたが、現在は生ものを避けるようにすれば大丈夫です。

ですから、生肉や刺身はダメですが、ソーセージの詰め合わせなどは問題ないようです。

生ものは殺生を連想するだけでなく、持って帰る途中で悪くなってしまう場合も考えられますね。

昆布・かつおぶし

「え?」と思う方も多いと思いますが、昆布やかつおぶしは結婚式のお祝いに出されるもののため、故人様を偲ぶにはふさわしくないのだそうです。

お悔やみという時に、おめでたいものを用意してしまうことは避けたいところですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ここで、本記事の内容をもう一度おさらいしてみましょう。

おさらい
  • 粗供養は、故人を供養してくれた方へのささやかな御礼の品
  • 粗供養は喪主家から参列者の皆さんに。参列者が持ち寄る地域もある
  • のしに書くときは上に「粗供養」、下に自分たちの名前を書く。結び切り・白黒か黄白の紙を使おう
  • 香典返しと粗供養は同じ意味で使われる場合が多いけれど、中には別な意味になっている地域もある
  • 粗供養の相場は、香典返しとして渡すなら「頂いた香典の3分の1~半額」
  • 粗供養には「消えもの」を選ぼう
  • タブーなのは殺生を連想するものや、慶事(おめでたいこと)を連想するもの

粗供養は地域ごとにさまざまな意味で使われるため、難しく感じることもあるかもしれません。

しかし、「故人を供養してくれたことへの感謝」という基本的な意味はどこでも同じです。不安なことは葬儀屋さんに聞いたりしながら、粗供養品を選びましょう。

ぜひ気持ちが伝わるお品を送ってくださいね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。