葬儀についての基礎知識

葬儀の時に困らない喪主と施主について徹底解説。

クリス
クリス
まず喪主は聞いた事があるけど施主って何? どういうことをする人なの?

お葬式に参列する機会があっても、自分が喪主などになる場合はごくごく限られていますよね。

いろいろな役割がある事はわかるけど喪主ってどういうことをするのか施主って何を知っておく事で、いざという時に役立つはずです。

この記事では喪主と施主についての役割と違いについて、誰が行うべきなのか、どうやって決めるのかなどを解説していきたいと思います。

まず喪主と施主に違いについてとは何か。似たような名前ですし、お葬式のを取り仕切る人だとはわかりますがどういうことをする人なのでしょうか?

神様
神様
この疑問に答えるぞい。
本記事の内容
  1. 喪主は誰がするの
  2. 喪主と施主の違い
  3. 喪主の役割
  4. 施主の役割
  5. 喪主・施主の決め方
  6. 兼任喪主の代理が見つからない場合
  7. 喪主はどんな服装を選べばいいの

葬儀は少ない時間でいろいろと行わなければいけない事があります。喪主・施主はそれらの決定を行いスムーズに葬儀を進行していかなくてはなりません。

では早速お伝えしていきます。

喪主は誰がするの

葬儀の代表者として故人への供養全般を担うのが喪主です。一般的には個人の配偶者や親、子どもなどの家族が喪主を務めます。

また担い手がいない場合は血縁菅家の近い叔父や叔母など親族が引き受ける事もあります。家族がいない場合は友人、知人、または葬儀社が行う場合もあります。

喪主と施主の違い

喪主とは「喪に服する主」=個人からから見て最も近い家族の代表者で故人の祭祀を中心的に取り仕切る主催者の事です。

施主(せしゅ)とは「布施をする主」=葬儀費用を担う人で葬儀にかかる埋葬料や葬儀社に支払う費用を負担する人の事を言います。

この役割は大体同じ方が兼任する場合が多いですが状況によっては別の方が務める場合があります。

例えば大きな葬儀、社葬などで喪主だけでは手がまわらないとき。

また世帯主が若く、費用を負担するだけの資金がない場合には親族や友人知人の一人が施主となって葬儀をサポートするのが施主の役目です。

喪主の役割

喪主にはいろいろな役割があり、葬儀までにやる事が多くあるので、遺族も手伝いながら準備を進めましょう。

  • 寺院とのやり取り
  • 葬儀の場所や日取りを決める
  • 参列者への連絡
  • 遺影の準備
  • 弔問を受ける
  • 喪主あいさつ
  • 葬儀後のあいさつ回り(お礼状など返礼品の手配)
  • 通夜ふるまい時開始または終了時のあいさつ
  • 精進落とし時の開始と終了時のあいさつ
  • このほか年忌法要を営むなど

さまざまな事を行います。

施主の役割

施主は葬儀での費用面での役割があります。葬儀費用の決定のため葬儀社との具体的なやり取り、葬儀の内容や見積もりや契約、供花の並べ方など喪主と葬儀社との間で細かな調整を行います。

役割分担についても明確な決まりはなく当人同士で役割を決め連携しながら行います。

この施主の場合も喪主同様に家族や親族の話し合いによって決定します。費用面をサポートするため喪主と一緒に葬儀社との打ち合わせに参加するケースが多いです。

喪主・施主の決め方

喪主も施主も決め方にルールはありません。故人の家族や親族が相談して決める場合が多いようです。一般的な習慣としては

  1. 配偶者
  2. 子供
  3. 兄弟姉妹

両親が亡くなり子供が娘だけで、嫁いでいる場合にはその配偶者である故人の義理の息子が喪主を務める場合もあります。

以前は女性よりも男性が喪主を務める場合が多かったのですが、最近は個人との血縁関係を優先して女性であっても実子が喪主を務めるケースが増えています。

一般的に長男長女など年長者が務める場合が多いのですが、年齢にかかわらず全員で喪主を務める事もまれにあるようです。

また高齢の喪主のために大役が耐えられない場合や、喪主が未成年の場合にも後見人が変わって喪主を務める場合もあります。

兼任喪主の代理が見つからない場合

基本的には血縁関係の濃い順番に喪主の代理を探します。

見つからない場合は故人をよく知っている友人や知人や入居していた施設の関係者などが代理をしてくれる場合があります。

孤独死や孤立死、直葬(通夜や告別式を省き、ごく親しい方数名で火葬のみを行う葬儀の事)場合など遺族や喪主に該当する方見つからない場合は葬儀社が喪主を代行する事ばあります。

喪主・施主はどんな服装がいいの

葬儀の時には喪主・施主をはじめ家族も喪服を身に着けます。

通夜式までの間は喪主も施主も準備のため平服で弔問客の前に出られます。普段仕事に着ていくような感じでも失礼には当たらないでしょう。

通夜式から告別式、葬儀場まではフォーマルな黒いスーツで臨みましょう。このようなシーンでは男性は靴下・ネクタイも黒一色にするのが基本です。

女性は黒のストッキングで黒いパンプスを履き結婚指輪以外の大きな宝石がついているものなど派手なアクセサリーは外しましょう。パールネックレスは2重のもの華やかに見えるので控えましょう。

フォーマルは衣裳店や葬儀社でもレンタル可能となっていますので間に合わないときには利用するのも良いでしょう。

喪主のさまざまな役割

寺院とのやり取り

葬儀の準備の中で寺院とのやり取りが必要になります。具体的にはひっていの調整や戒名やお布施など、葬儀をどのように進めるかを寺院と相談して決めます。日ごろから付き合いのある僧侶に葬儀の『参列をお願いするか、菩提寺がない場合は「お坊さんサービス」など利用するケースもあります

葬儀取り決めを行う

葬儀は家族や親族、葬儀社や菩提寺、参列者などで故人を送る行事です。そのためそれぞれの立場から意見が割れる事もあります。そんなときに決定権があるのが喪主です。

弔問を受ける

喪主は弔問客からの弔問を受けます。最近では参列しやすい時間帯に行われるため、通夜に弔問をする人が増えていますが、通夜・葬儀・告別式と供に故人に付き添い弔問客を迎えます。

あいさつを行う

葬儀では喪主があいさつを行うばめんが何度かありますが、通夜式終了時と告別式終了時には喪主からあいさつすることが多いです。

それ以外でも通夜ふるまいの開始・終了時のあいさつや出棺時などの挨拶なども喪主が行います。

年忌法要を営む

お葬式後の法要も喪主が中心となって営みます。

四十九日、一周忌、三回忌などの日程や場所などの取り決めを行います。

まとめ

喪主・施主ともに葬儀を主催決定する総責任者です。また故人に代わって参列者を迎える遺族の代表者でもあります。

喪主・施主は一般的には兼任する事が多いですが、遺族や親族が手伝い葬儀をスムーズに進行していきます。

喪主は仕事が多くて大変そうですが実際には親族や葬儀社の担当者と相談しながら決めていくことになります。

実務の多くは葬儀社がやってくれるので、心配せずに家族と相談しながら、故人を送り出すための行事ですので落ち着いて行いましょう。