葬儀についての基礎知識

東京の香典返しの相場は?香典返しの相場やマナーは地域によって違います!

クリス
クリス
  • 香典返しの相場はどのくらいなの?
  • 香典返しには何を渡せばいいの?
  • 香典返しののしはどれにすればいい?

「香典返し」とはお通夜や葬儀の際にいただいた香典に対して、感謝の気持ちと無事に忌明けを迎えることができたことを報告するためのものです。

法要事は頻繁にはありません。ですから、香典返しに関してどうすればいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。特に法要事は地域や親族によってさまざまなマナーがあります。

故人を偲び香典を包んでくれた方にはマナーを守り、感謝の気持ちを伝えたいですね。この機会に香典返しについて知っておきましょう。

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • 香典返しの相場
  • 香典返しの選び方
  • 香典返しの掛け紙(のし)の選び方

この記事を読むことで香典返しの相場、香典返しの選び方と香典返しの掛け紙(のし)の選び方について知ることができます。では早速お伝えしていきます。

香典返しの相場

香典返しの相場についてお伝えします。香典返しの相場は地域や状況により異なります。

香典の相場

香典返しの相場は、頂いた香典の金額を参考にして考えるのが一般的です。

まずは香典の相場を知っておきましょう。香典の相場は故人との関係などにより異なります。

祖父母 10,000円~30,000円
叔父叔母 10,000円~30,000円
兄弟 30,000円~50,000円
親戚 5,000円~10,000円
友人 3,000円~10,000円

香典の相場は故人との関係だけではなく、自分の年齢や故人との付き合いにより変わるのであくまで目安として考えましょう。

東京(関東)の香典返しの相場

東京(関東)の香典返しの相場はいただいた香典の半分(半返し)とされています。例えば、10,000円の香典をいただいたら、5,000円の香典返しをすることになります。

昔は葬儀が終わるとだいたい香典の半分ぐらいが残るので、お世話になった方へのお礼や神社や寺院などに奇進していました。その名残で今でも半返しの考えがあると言われています。

東京の中でも地域や親族の考え方によっては、いただいた香典の3分の1の香典返しを相場とする場合もあります。事前にその地域の方や親族に確認をしましょう。

東京には全国各地から人が集まってきているのもあり、人間関係が希薄といわれています。ですから半返しできっちり守ろうという傾向が強いという考えもあるそうです。

関西の香典返しの相場

関西の香典返しの相場はいただいた香典の3分の1とされています。ですが、近年では交通機関が発達し気軽に移動ができることなどから、全国から参列者が訪れるので半返しの考えが広まっています。

もし、香典返しを半返しにするか3分1にするかで迷ったら半返しが無難です。

香典返しの相場は地域だけではなく、親族の中で香典返しに関してルールを決めている場合があります。事前に親族に確認するのがおすすめです。

ちなみに関西では香典返しのことを「満中陰志」と言う方が多いそうです。

【徹底解説】香典返しやのし紙(掛け紙)に使う言葉が、関西は違うって知ってた? こういった不安になるのは、他の地域から関西に引っ越して香典返しを贈る立場になったり、関西の知人からの香典返しを受け取った際に気に...

北海道の香典返しの相場

北海道の香典返しの相場はいただいた香典の金額とは関係なく、1,000円前後とされています。

他の地域よりも少ない金額に驚く方も多いのではないでしょうか。北海道の香典返しの相場が1,000円前後とされている理由は、北海道では大変なときはお互い様という考えが根強くあるからと言われています。

北海道は香典返しの相場以外にも、法要事に関する地域特有のマナーや考え方が多くあるので当日に驚いてあたふたしないように知っておきましょう。

地域によって香典返しの相場が違う!?北海道の葬儀に関することを徹底解説します! 冠婚葬祭は宗教だけではなく、地域により考え方や行うことが異なります。結婚や転勤などで引っ越すと、自分の慣れ親しんだ地域との違いに...

しかし高額な香典をいただいた場合は、忌明け後に改めて香典返しをする必要があります。改めて香典返しをする場合は、最初に渡した香典返しとは違う品物を選びましょう。

当日返しの相場

本来、香典返しは忌明け後に渡すものですが近年では葬儀の当日に香典返しをする「当日返し」が増えています。

当日返しの場合は事前に香典返しの品物を用意します。香典返しの金額は一般参列者の香典の相場を考え、2,000円~3,000円を目安に用意する方が多いです。

しかし、親族などから高額な香典をいただいた場合は上記の金額では足りません。ですので、忌明け後に改めて香典返しをします。この場合は当日返しと合わせて半返しになるように品物を選びましょう。

当日返しは香典返しの品物を相手に合わせて選ぶ必要がないのと、送り先の住所の管理などをしなくて良いというメリットがあります。

一般的には香典返しとは別に500円~1,000円の会葬御礼品を用意します。

会葬御礼品とはお通夜や葬儀に参列してくれたお礼の品物です。香典返しとは意味が違うもので別々に考えましょう。

神様
神様
葬儀を手伝ってくれた方にお礼をするのを忘れないように。受付などは1,000円~3,000円のお菓子や現金、世話役は5,000円~10,000円のものや現金が相場とされてるんじゃ。

高額な香典をいただいた場合

親族からは高額な香典をいただいたく場合があります。この場合は香典を葬儀の足しにしてほしいという思いが込められているので、ありがたく受け取っておきましょう。

高額な香典をいただいた場合は、必ず半返しにしなくても良いとされています。いただいた香典の3分の1~4分の1ぐらいの香典返しで良いとされています。

高額な香典をいただかなくても、一家の働き手が亡くなった場合や未成年の子供がいる場合も3分の1 or 4分の1ぐらいの香典返しで良いとされています。

相手が香典返しを辞退された場合

相手が香典返しを辞退された場合は、香典返しをする必要はありません。ありがたくお気持ちを受け取っておきましょう。香典返しをする必要はありませんが、挨拶状(お礼状)は必ず送りましょう。

香典をいただいたのにお礼を挨拶状だけで済ませることに抵抗がある方は、お歳暮やお中元を送るのもひとつの方法です。

他にも会社の決まりで香典返しが不要の場合もあります。このような場合は出勤したときに朝礼など感謝の気持ちを伝えたり、菓子折りを持っていくのはいかがでしょうか。

会社によって香典返しに関して決まりがあるケースもあるので、上司に確認しましょう。

香典返しの選び方

香典返しの品物の選び方や挨拶状についてお伝えします。

香典返しの品物

香典返しの品物は、形に残らないものが良いとされています。形に残らないものが良いとされている理由は「不祝儀を残さない」という考えがあるからです。

一般的にはお茶やコーヒーなどの飲み物、海苔やお菓子などの食べ物、タオルや洗剤など消耗品が良いとされています。食品を選ぶ場合は、日持ちするものや小分けになっているものが使い勝手が良くておすすめです。

しかし形に残らないものでもおめでたいものとされる昆布や鰹節、肉や魚、酒は香典返しの品物としてふさわしくないとされています。

食べ物や消耗品以外では、自分で好きなものを選んでもらえるカタログギフト人気です。

香典返しとして商品券を送るのも良いとされています。ですが目上の人にお金を送るのはマナー違反なので気をつけましょう。中には商品券を現金と同じという考える方もいるので、迷ったら商品券を以外のもの選ぶのが無難です。

神様
神様
当日返しの場合は香典返しを持って帰ってもらうので、軽くてかさばらないものがおすすめじゃ。
【2021年最新】香典返しにおすすめのギフト専門サイトランキング 「香典返しの品物を選ばなくてはいけない!」 さて、みなさんはどうやって選ぶでしょうか?選択肢が多いこの時代、情報収集だけで...

香典返しの挨拶状(お礼状)

香典返しの挨拶状(お礼状)とは、お通夜や葬儀でいただいた香典への感謝の気持ちや無事に忌明けを迎えることができた報告をするものです。

挨拶状の形式は大きくわけて「奉書」「カード」「便箋」があります。基本的にはどれを選んでも問題はありません。

挨拶状の形式の中で、奉書が最も格式の高いとされています。挨拶状の形式に迷った場合や高額な香典をいただいた方や目上の方、親族には奉書を使うのがおすすめです。

香典返しのお礼状の書き方が知りたい!お礼状の例文や注意点を解説します! 日本ではお通夜や葬儀のときにいただいた香典に感謝の気持ちを込めて「香典返し」というかたちでお礼をする考えがあります。 香典...

香典返しの掛け紙(のし)の選び方

贈り物にはのしをつけるイメージがある方も多いのではないでしょうか。香典返しにものしは必要です。香典返しののしについてお伝えします。

掛け紙(のし)とは

香典返しの場合はのしではなく、正しくは掛け紙と言います。

「のしをつけますか」と聞かれることが多いですが、のしとは祝儀のときに使うのし紙の右上にある紅白の折形のものです。

ですが掛け紙という言葉は聞きなれないので、弔事用ののし紙と言われることもあります。

知ってた!?法事の香典返しに【のし】を使ってはいけない!使うべきは掛け紙 結婚式など慶事の贈答品には、のしや水引き、のし紙が使われます。しかし、法事などの弔事ではのしを使うべきなのか、表書きや水引きをど...

掛け紙の種類

香典返しの掛け紙は、地域や宗教によりいくつか種類があります

水引は全て結びきりです。結びきりとは端を引っ張ってもほどけないことから「二度と繰り返えさない」という意味があるので、香典返しの他にもお見舞いなどでも使われます。

掛け紙の種類は大きく分けて3種類あります。

黒白の結びきり 蓮の花あり 仏式で使われる、関東から北と九州地方で使われる
黒白結びきり 蓮の花なし 仏式以外でも使える、仏式で使っても良い
黄白結び切り 関西地方や中国地方で使われる

どの掛け紙を使えばいいか迷ったら葬儀社に確認しましょう。

表書き

水引の上には目的を書き、水引の下には喪主の名前を書きます。

水引の上に書く言葉は地域や宗教により異なります。迷ったら「志」と書くのが無難です。

宗教関係なく使える
偲び草、偲草 神式やキリスト教で使う
満中陰志 関西など西日本、北陸地方で使う
茶の子 中国地方や四国地方、九州地方の瀬戸内海側で使う

茶の子は粗品と同じような意味があるので、会葬御礼品にも使われることもあります。

香典返しの熨斗(のし)に書き方はあるの?失礼がないように気をつけるべきことは? 香典返しを贈ることは、あまり経験がないことです。ですから、初めて香典返しのことを考えるという方も多いと思います。慣れてないのが当...

掛け紙のつけ方

香典返しの場合は掛け紙をつける場所に明確な決まりはありません。掛け紙を包装紙の内側でも外側でも問題はありませんが、内側につけるケースが多いです。

香典返しの場合、掛け紙は包装紙の内側につけるのがおすすめです。香典返しは郵送したり、持ち帰ってもらうので包装紙の外側につけると破れたり、汚れる可能性があるからです。

地域によっては掛け紙を外側につけるのが良いとされる場合もあるので気をつけましょう。どちらに掛け紙をつけるか迷ったら葬儀社に確認しましょう。

【解説】香典返し(満中陰志)に付けるのし紙(掛け紙)の種類と外のし・内のしの選び方 こういった不安になるのは、香典返し(満中陰志)を贈る機会が少ないため、のし紙(掛け紙)を包装紙の「外側・内側」どちらに付けた方が...

当日返しをしない場合、香典返しを渡すタイミングは忌明け後2週間以内が理想です。遅くても1ヶ月以内に渡しましょう。

神様
神様
忙しくて忌明け後1ヶ月以上過ぎた場合は、お詫びの言葉も伝えましょう。

まとめ

いかがでしたか。香典返しは地域や親族によってルールや考えが異なりますので気をつけましょう。

要約リスト
  • 香典返しの相場はいただいた香典の金額を目安にして考える
  • 東京の香典返しの相場はいただいた香典の半分(半返し)
  • 関西の香典返しの相場はいただいた香典の3分の1とされているが、近年では全国的に半返しの考えもあるので迷ったら半返しが無難
  • 北海道の香典返しの相場は1,000円前後
  • 高額な香典をいただいた場合の香典返しは、半返しではなくいただいた香典の3分の1~4分の1でも良いとされている
  • 一家の働き手が亡くなった場合や未成年の子供がいる場合は、半返しではなくいただいた香典の3分の1~4分の1でも良いとされている
  • 相手が香典返しを辞退した場合は品物は渡さなくても良いが、挨拶状は書く
  • 香典返しの品物は形に残らないものが良い
  • 香典返しは品物だけではなく挨拶状を添える
  • 掛け紙は地域や宗派によって選び方や表書きの書き方が違う
  • 掛け紙は包装紙の内側につける方が無難

香典を包んでくれた方にマナーを守り、香典返しとして感謝の気持ちを伝えましょう。