葬儀のマナーを調べる

【基礎知識】遺族側が知っておくべきお通夜のマナーとは?

クリス
クリス
  • はじめてのお通夜、上手く対応できるかな。
  • 参列者に失礼なことをしてしまったらどうしよう…
  • お通夜のマナーについて知っておきたい。

こういう不安になるのにも理由があります。なぜなら、お通夜では大切な方が亡くなった悲しみに加えて、遺族として参列者にも対応しなければならないからです。

また、亡くなられてからお通夜まで時間がないことが多いですよね。「時間が足りない」と焦る気持ちも不安を増大させてしまいます。

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • 遺族側が知っておくべきお通夜のマナーとは?
  • 遺族側の服装のマナーとは?
  • 遺族側はお悔みの言葉に対してどう返事すればいい?
  • 遺族側の通夜ぶるまいのマナーとは?

この記事を読むことで、心の余裕をもってお通夜を行うことができるようになります。さらに、参列者に「丁寧な対応でいいお通夜だったな」と思ってもらえると思います。では早速お伝えしていきます。

遺族側が知っておくべきお通夜のマナーとは?

遺族側のお通夜のマナーについて、お通夜の流れに沿って説明していきます。

お通夜の流れは、以下の動画をご覧いただくとイメージしやすいと思います。

イメージができましたでしょうか。では、お通夜の流れを詳しく説明していきますね。

  1. お通夜が始まる前
  2. 僧侶の到着
  3. 読経
  4. 焼香
  5. 僧侶が退席
  6. 通夜ぶるまい

お通夜の流れは以上のようになります。

お通夜が始まる前

お通夜が始まる1時間前には準備を完了させておきましょう。

参列者によっては早く到着される場合もあります。外で待たせると失礼になりますから、余裕をもって用意しておきましょう。

以前は、お通夜は遺族や親族、故人と親しかった人が参加していました。しかし、最近は仕事が終わってからお通夜に参列し、告別式には参列しない方も増えてきています。お通夜に思っていた参列者よりもたくさんの方がみえた場合、対応に時間もかかりますよね。

そのため、お通夜が始まる1時間前には準備をすませておきましょう。

僧侶の到着

喪主はお坊さんを控室に案内。お茶とお菓子でもてなします。

読経

僧侶に読経をしていただきます。

焼香

焼香の順番は、喪主、遺族、親族、一般の参列者の順。

喪主と遺族は立ち上がらず座ったまま焼香する参列者に対して黙礼します。

自宅や畳の部屋でお通夜を行った場合、基本的には正座しますよね。私の友人の話ですが、正座していたらしびれてしまい、立てなくなってしまったそうです。

参列者に対する黙礼は座ったままでよいので、安心してくださいね。

焼香は以下の動画をご覧いただくと、イメージしやすいと思います。

僧侶が退席

僧侶が退席します。

喪主の挨拶

喪主が参列者にお通夜に参列してくれたお礼葬儀、告別式の案内をします。通夜ぶるまいを行う場合は、お誘いの案内もします。

挨拶は3分程度で手短にすませましょう。

通夜ぶるまい

お通夜に来てくれた方を招いて、食事をします。お酒も用意しましょう。通夜ぶるまいには、お通夜に来てくれたお礼故人を偲ぶという意味があります。喪主はお通夜でも挨拶をしましたが、通夜ぶるまいの前と後にも挨拶が必要です。

通夜ぶるまいのマナーについては、後ほど詳しくご紹介しますよ。

ここまで遺族のお通夜のマナーを流れに沿って説明しました。そろそろ甘い食べ物を食べて休憩したくなってきたころでしょうか。

葬儀会社さんによって異なりますが、遺族控え室におやつが置いてあるかも。お通夜は緊張されると思いますので、甘い食べ物を食べてリラックスしましょう。

神様
神様
食べ過ぎて、お通夜の最中にトイレに行くことにならないよう気をつけるのじゃぞ。

遺族側の服装のマナーとは?

結論から言うと、お通夜では遺族は正式の喪服を着なくても問題ありません

具体的には、略喪服でも問題ありません。ただ、最近のお通夜では参列者であっても準喪服を着る方が多いです。また、地域や家庭によって服装は異なります。確認しておきましょう。

告別式では正喪服を着用します。

喪服の3段階の格式とは

正喪服・準喪服・略喪服がある。正喪服の格式が一番高い。

また、家族葬のようにお通夜を身内だけで行い、参列者を呼ばない場合もあると思います。その場合の服装には、特に決まりはありません

略喪服とは?

略喪服は喪服の中でも格式が一番低いです。そのため、色やデザインが正式喪服ほど厳しくありません

男性女性子供の略喪服の例をご紹介します。洋装が多いと思いますので、今回は洋装について説明します。参考にしてくださいね。

男性の略喪服

ダークスーツ。色は黒色や紺色、グレー。地味な色を選ぶ。光沢がなく、無地または目立たない柄を選ぶ。
シャツ 白無地
ネクタイ 黒色
基本的には黒色。紺色やグレーも可。シンプルなものを。
靴下 黒色

私の友人の話ですが、黒無地の靴下をはこうと思ってタンスの中を探したそうです。黒色の靴下は見つかったのですが、白の水玉がついていたのでガッカリしたそうです。

黒色に柄があると目立ってしまいます。自宅で行う場合、靴を脱ぐことになりますよね。その時に「靴下の柄が目立ってしまった」ということにならないよう気をつけてくださいね。

女性の略喪服

ワンピーススーツアンサンブル。シンプルなものを選ぶ。スーツはパンツスーツも可。色は黒色が無難だが、紺色やグレーもOK。地味目な色を選ぶ。柄は目立たないものを。
基本的には黒色。紺色やグレーもOK。シンプルなものを。例えば、ヒールの低いパンプスを履く。
ストッキング 黒色を着用。
バッグ 基本は黒色。光沢のないシンプルなものを。動物や爬虫類の革製品は使用しない。

暑いかもしれませんが、夏でも5分袖まである服を着ます。なるべく肌の露出をしないように気をつけてくださいね。また、リクルートスーツも略喪服となります。

子どもの場合

もし、学生のお子さんがみえる場合は、制服を着せます。小さなお子さんの場合は、地味な色あいの服を着せましょう。

私の友人の子供のころの話ですが、叔母のお通夜の際は私服の黒いズボンと母の黒っぽいカーディガンを借りたそうです。

普段から黒が好きで黒い服を持っていればお通夜に着用できますが、そんなに都合よくはいかないですよね。お通夜の時期は予想できないので、持っている服からなるべく黒色に近い目立たない色の服を選ぶとよいと思います。

喪服がない場合は、葬儀会社でレンタルができる場合もあります。相談してみましょう。

遺族側はお悔みの言葉に対してどう返事すればいい?

お通夜で参列者から遺族へお悔やみの言葉をかけられると思います。

参列者からお悔やみの言葉を言われた際、悲しみのあまり言葉がでないかもしれませんね。そんな時は以下の言葉を参考にしてみてください。

「わざわざ足をお運びいただきありがとうございます」
「ご丁寧なお言葉、ありがとうございます」
「○○(故人の名前や、母などの続柄)も喜んでいると思います」

引用:ライフドット 葬式のときに行う挨拶~遺族側・参列者側で解説~

お悔みの言葉に対する返事は、シンプルに答えるとよいです。「ありがとうございます」だけでも問題ありません。

私はお通夜の時は上手く話せないと思います。そのため、上手く言葉が出なくても、「ありがとうございます」とお礼を言いたいと思いました。

遺族側の通夜ぶるまいのマナーとは?

遺族側の通夜ぶるまいのマナーについて説明します。

まず、席順からお伝えします。

僧侶は上座に座ってもらいます。喪主や遺族は入口に近い末席に座ります。ただし、地域によっては異なります。

僧侶が通夜ぶるまいに参加しない場合

御膳料(おぜんりょう)を渡す。御膳料は5,000~10,000円程度を渡す。

参列者は、通夜にぶるまいに誘われたときは参加するのが礼儀となっています。ですが、事情があって断われた場合は、強引に誘うのは辞めましょう。お通夜に参列していだいたことに感謝し、参列者を見送りましょう。

なかには、お通夜には参列しますが、通夜ぶるまいは嫌がる方もみえます。

通夜ぶるまいについて調べてみたところ、弁当屋さんに断られたという声もありました。

亡くなられてから、お通夜まで時間がない場合が多いと思います。もし、節分や年末の宴会と重なったら、弁当屋さんも忙しくてお弁当を作る余裕がないかもしれませんね。

そのため、通夜ぶるまいの料理は早めに注文しておきましょう。

最近は、以下のようにコロナの影響で、通夜ぶるまいもお弁当の持ち帰りが多くなってきたようです。

https://twitter.com/daihouji_acp/status/1363459135505920004?s=20

まとめ

まとめ
  • 遺族側はお通夜の始まる1時間前には、準備を完了しておく。
  • 遺族の服装は、略喪服でも問題ない。ただし、地域や家庭によって異なる。
  • 参列者からお悔みの言葉をかけられた時には、シンプルに感謝の言葉を伝えるようにするとよい。
  • 遺族の通夜ぶるまいの席順は、末席。

いかがでしたか。

今回は遺族側のお通夜のマナーの基礎知識をお伝えしました。マナーを守り、自分も参列者も落ち着いた気持ちで故人を見送りましょう。

私は、お通夜の後に「バタバタしていてあっという間に終わってしまった」と後悔するのはもったいないなと思いました。ですので、お通夜の準備を早めに行い、余裕をもって参列者を待ちたいと思います。

【届け出編】必ず必要!家族が亡くなったら真っ先にやるべき手続き こういう不安になるのにも理由があります。なぜなら家族が突然亡くなる事なんて、なかなか想像もしたくないからです。もしも家族が亡くな...