葬儀についての基礎知識

【知っておこう】臨終とはどういう状態?臨終後にやるべきこととは?

クリス
クリス
  • ご臨終(りんじゅう)の意味ってなに?
  • ご臨終(りんじゅう)って何すればいいいの?
  • ご臨終(りんじゅう)後の準備とは?

こういう不安になるのにも理由があります。なぜなら突然の事で頭が真っ白になるためです。身近な人が亡くなるかもしれないという状況では冷静にいる方が難しいと思います。

今回の記事で改めてご臨終と言われることについて準備して、実際の現場では慌てずゆっくりと故人を見送れるように心の準備をしておきましょう。

神様
神様

この疑問に答えるぞい。

本記事の内容
  • ご臨終の意味が理解できる
  • ご臨終と危篤の違い
  • 最後だからできる事

この記事を読むことでご臨終を理解し後悔することなく見送りができるというメリットがあります。では早速お伝えしていきます。

ご臨終とはどういう状態?

ご臨終(りんじゅう)とは、死を迎える直前の時期といいます。

身近な人との別れはいつか必ず訪れるものであり、ご臨終の場に立ち会う可能性は誰にもあります。ただ必ずしも立ち会えるかと言いますと、急な事ですので、立ち会えない事もあります。

クリス
クリス
ご臨終を看取るのは、ご家族にとって大切なことですね

ご臨終の時は何をすればいいのか?

大切な方をきちんと見送るために、心の準備を整えましょう。

ご家族の臨終に立ち会った経験のある人の声によると、「身体の変化を見て実感でき、大切な死を受け入れることができた」という意見が多いです。臨終に立ち会い、きちんとしたお別れをすることは、遺される人たちの今後にとっても大切なことなのです。

死期を悟った人の多くは、家族や友人、お世話になった人などに会いたいと訴えます

意識がなくなり旅立つそのときにも、独りでいたくはないと思うはずです。最期の瞬間にその人が独りで寂しい想いをしないよにするのがいいと思います。

神様
神様
できる限り、多くの方々に集まり見送ってあげましょう。

ご臨終(りんじゅう)の意味

ご臨終(りんじゅう)とは、生命の終わり(=死)を迎えること、息を引き取る間際あるいはその瞬間のことです。 ご臨終の「臨」の字は「臨む(のぞむ)」という使われ方もされます。

病院で危篤の知らせを受けたら、すみやかに親戚や近しい人に連絡を取ります。ご臨終を迎えると、医師による死亡判定が下され、遺族に宣告がなされます。

クリス
クリス
一般的には息を引き取る時にも使われる言葉なんですね

危篤の意味

危篤とは、いつ息を引き取るか分からない状態を指します。病気やケガなどにより身体状態が悪化し、「生命」に危機が迫っている状態です。危篤については病気が悪化して危篤になる場合や、突然の交通事故で生命危機にいたるなど状況はさまざまです。

医師よって危篤と診断を受けてから、持ち直すことがあります。

神様
神様
似た意味の言葉に重篤(じゅうとく)がある。重篤は症状の度合いを指す言葉。

病院で逝去した場合

多くの方は病院のベッドの上で最期を迎えます。病院で逝去した場合も医師による死亡確認と死亡診断書が必要になりますが、告知の仕方は病院によって異なることがあります。

病院には医師をはじめとする医療スタッフがいますから、死亡確認後の遺体の処置(清拭など)などを任せることも可能です。また安置場所が確保されるまで霊安室で遺体を預かってもらいます

クリス
クリス
突然の事だとどうしたらいいのか分からないときは、医療スタッフに相談するのがいいですね

自宅でのご臨終

在宅医療や終末医療など医療技術の進展により、最近は病院よりも住み慣れた自宅を「終の棲家」とし、自宅で最期を迎えることを希望する方も増えてきました。

自宅で臨終を迎えた場合の対処法を説明します。ご自宅で療養中の方が危篤状態に陥り死亡した場合は、かかりつけの医師に連絡してください。

医師によって死亡確認がなされ、死亡診断書を書いてもらいます。ちなみに、医師が死亡を宣告し、死亡診断書を書いてはじめて公式に死亡が認められます。

神様
神様
かかりつけの医師がいない場合は、救急車を呼んで救急指定病院に移送してもらい、そこで医師から死亡診断書を書いてもらいます。

ご臨終後の準備とは?

臨終の際、人は意識がなくとも周りの人の声が聞こえていると言う専門家もいます。

真意のほどはわかりませんが、それを信じるのであれば、励ましや感謝の言葉を発すれば、届くということです。伝え残して後悔することのないよう、最後まで声をかけてあげると良いでしょう。

クリス
クリス
最後の最後まで言い残すなく感謝を伝えたいですね

末期の水

「末期(まつご)の水」とは、死者があの世で渇きに苦しまないようにとの願いを込めた風習です。「死に水」ともいいます。臨終に立ち会った全員が、故人の口に水を含ませます。

末期の水は臨終の直前に行うものとされていました。

医学が発達した現在では、医師から臨終を告げられた後に行われるようになっています。病院では医療スタッフの方で末期の水を誘導してくれることが一般的です。

クリス
クリス
順番としては、まずは配偶者が行い、それから子ども、親、兄弟姉妹、そして子どもの配偶者、孫、従兄弟・従姉妹や叔父叔母など、その他の親族という序列になるのが一般的なんですね

https://sougino-kamisama.com/makki-water/

湯灌・エンゼルケア

亡くなった方をお風呂に入れる儀式を「湯灌」と言います。本来は近親者や地域住民で行うものですが、最近は葬儀社の人と共に行うケースが多いようです。湯灌が終わると故人を死に装束に着替えさせ、死化粧を施します。

遺体をアルコール(または湯)で丁寧に拭き、身を清めます。その後、口、耳、鼻、肛門に脱脂綿を詰める処置をします。

これらの処置を「清拭」といい、看護師などが死後措置の一環として行ってくれます。ただし、死化粧をしない病院もありますから、その場合は遺族でするか葬儀社に依頼する必要があります。

神様
神様
ご臨終後の処置が終わったら、遺体はストレッチャーなどで病室から病院の霊安室に移され、一時的に安置されます。
湯灌(ゆかん)とは何のために行う?費用や手順は?何を準備すればいい? こういう不安になるのにも理由があります。なぜなら、湯灌はあまり経験するものではないので、いざ聞くとなにがなんだかわかりませんよね...

まとめ

ご家族が臨終を迎えられるときは、まず、後悔のないよう心を込めて見送ることが大切です。安らかに旅立てるよう、そして遺族が気持ちに区切りをつけられるようにしましょう。

遺された人たちがみんなで最後に協力し、支え合って乗り越えていくためのものなのかもしれません。

慣れないことばかりで戸惑うかもしれませんので、もし時間の猶予があるのでしたら、冷静なうちにもしもの時の事を考えて家族で話し合える機会があるといいですね。ご逝去後の流れを把握し、必要なことを準備しておくと良いでしょう。

【完全保存版】初めての喪主!葬儀の流れ完全マニュアル!【無料プレゼント有り】 こんな疑問や不安を抱えていませんか? 特に葬儀となると人生の中でそうそう経験するものではありませんよね?たくさん経験するも...